最新記事

リビア

カダフィ宮殿と地下トンネルの実態

逃亡したカダフィが残した宮殿には、サダム・フセインと同じ被害妄想を示す巨大な地下施設が隠されていた

2011年9月28日(水)18時14分
ババク・デガンピシェ(ベイルート支局長)

狂気の足跡 反政府勢力の手でカダフィの拠点が次々と陥落(8月24日) Zohra Bensemra-Reuters

 かつて「サハラの狂犬」と呼ばれた男──リビアのムアマル・カダフィの大邸宅に足を踏み入れた人々は息をのんだ。「すご過ぎる」「こんな日が来るなんて信じられない」「ここには隠されていたものがたくさんある」

 首都トリポリのバーブ・アジジヤ地区にあるカダフィ宮殿については以前から噂があった。エゴの塊のくせに被害妄想が強い暴君は、イラクのサダム・フセインのように、もしものときに備えて地下壕を隠してあるはずだ──。家主が消えた今、噂は本当だったと証明された。

 この家はカダフィが80年代に建て、後に四男ムアタシムに与えた。その何の変哲もない門といい塀の色といい、外見は普通の家と変わらない。だが門の内側に入っても、さらに高さ9メートル以上の壁が立ちはだかる。中には美しく手入れされた庭にブーゲンビリアが咲いているが、この庭園は、地下壕を含む複雑な建物群を隠すものだ。

 母屋は1階建てで70年代スタイル。大きなプールを囲むようにL字形をしている。プール脇にはカクテルラウンジがあり、派手にパーティーを催していたことがうかがえる。

 母屋から約35メートル離れた所に、生け垣に隠された階段があり、これを地中12メートルほどまで下りると、火災報知機や電話を備えた地下壕に行き着く。地下通路は地域一帯に張り巡らされ、隠れ部屋もちりばめられている。そうした通路と部屋を隔てるのは、厚さ約30センチの鋼鉄の扉だ。カダフィは最後の籠城場所として、この地下施設を造ったのだろう。

 近隣住民の話ではX線撮影装置を備えた手術室も見つかったという。恐らく護衛や家族が使用するために2段ベッドを備えた部屋もいくつかある。『リビアの軍資産を守る』という分厚い本があれば、プレイボーイ、ヴォーグ、ナショナル・ジオグラフィックなど英語の雑誌も散乱していた。

 邸宅を建設中に大量の土が運び出されたため、隣人たちは昔から地下施設が存在するはずだと疑っていた。「いつも私たちの家の下を歩き回っているのではないかと思っていた」と、近所の医師アユラフ・ハディリはにやりと笑いながら言う。

「これが私たちが40年以上も一緒にいた独裁者の姿だ」と、近くに住むハッサン・サレムは言う。「こんな人間だったと世界に知ってほしい」

[2011年9月 7日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏、演説で民主党あざける 暗殺未遂後には習

ワールド

イスラエル軍、イエメンのフーシ派拠点空爆 テルアビ

ビジネス

決算本格化へ、23日はテスラとアルファベット=今週

ワールド

アングル:気候変動と農地拡大、アマゾン地域に迫る「
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 8
    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…
  • 9
    世界で最も美しいAIが決定...初代「ミスAI」はモロッ…
  • 10
    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中