最新記事

独占インタビュー

IMFセックス疑惑のメイドが独占激白
【第4回】DNA鑑定が語らないこと

IMF前専務理事ストロスカーンを性的暴行容疑で訴えた客室係が本誌だけに語った事件の一部始終

2011年7月28日(木)17時38分
クリストファー・ディッキー、ジョン・ソロモン

 2806号室ではディアロの唾とストロスカーンの精液が混じった唾液が発見されており、2人の間に性的関係があったことは疑いようがない。ストロスカーンの弁護団は早い時点で、合意の上の行為だった可能性を指摘。ただし、ディアロが金銭の見返りを求めて関係をもったのか(実際には金は受け取っていない)、ここまで暴力的な行為になると思わずに合意したのかという点については、断言していない。

 ニューヨーク・ポスト紙は匿名の情報源への取材に基づいて、ディアロが売春まがいのことをしていたと報じた。ディアロの弁護士であるケネス・トンプソンとダグラス・ウィグダーは、虚偽報道だとしてポスト紙を訴えたが、同紙は記事は事実だと主張している。

 ニューズウィークの取材中、ディアロはストロスカーンへの怒りを隠そうとしなかった。「彼のせいで、私は売春婦呼ばわりされている。彼には刑務所に入ってほしい。権力やカネが役に立たない場所があると思い知ってほしい」

 ディアロは、ストロスカーンに神の裁きが下ることを望んでいる。「私たちは貧しいけれど、善良だ。私はお金のことなんて考えていない」

 もっとも、彼女の言葉が信用されるかどうかは微妙なところだ。マンハッタンの地方検事サイラス・バンスは、ストロスカーンの弁護団に宛てた6月30日付けの文書の中で、ディアロの過去についていくつもの嘘やごまかしがあると指摘した。子供は1人なのに、2人分の税控除を申請したうえ、住宅費を安く抑えるために収入を低めに申告していた。さらに重要なことに、アメリカへの亡命申請の際にも嘘をついていた。

 夫と死に別れたディアロは2003年、当時7歳だった娘をギニアに住む自分の兄弟に預けて渡米した。労働ビザもないまま入国した彼女は、しばらく親戚と暮らしながら、髪を編む仕事で生計を立てた後、ブロンクスの雑貨店で働きはじめた。

 亡命を申請したのは03年後半。子供時代に性器を切除された事実が医師の診断書にも記されているため、嘘をつかなくても、アメリカの現行法に基づいて亡命が認められる可能性は高かった。しかも、ディアロは夜間外出禁止令の発令中に2人の兵士にレイプされたと訴えていた(ありえない話ではない。ギニアの首都コナクリの競技場では09年、160人もの女性が兵士にレイプされて殺害されたという)。

 ディアロの母国での状況がひどかったのは事実だが、アメリカ政府への亡命申請にはさらに脚色が満載だったと、ディアロ自身が認めている。おかげでディアロは、グリーンカード(永住権)を与えられ、娘をアメリカに呼び寄せることができた。

 とはいえ、過去に虚偽の申し立てを行ったという事実は重い足かせになる。ディアロの証言に基づいてストロスカーンを有罪にすることはできないかもしれない。

次は客室担当ではなく洗濯係がいい

 検察当局がストロスカーンを起訴するか決定するまでに、おそらく数週間かかるだろう。だがDNA鑑定の結果、2人に性的関係があったことは明らかであり、当局は今も起訴に自信をもっている。また、ディアロが事件から24時間以内に上司2人とホテルの警備員2人、病院関係者、警察に語った内容に一貫性があるという印象ももっている。

 ディアロの過去に関する問題が公になるずっと以前から、検察当局はディアロの経済状況の調査に乗り出し、彼女が恐喝や犯罪行為に関与した証拠を求めて友人に聞き込みをしていた。その結果、怪しげな人々との接点や不審なカネの流れが見つかったが、ストロスカーンを罠にはめる計画を立てていたという証拠は見つからなかった。

 ディアロはこの数年間、ブロンクスの不法に近い移民コミュニティーの隅っこで暮らし、胡散臭い連中とも付き合ってきたのだろう。だが、だからといって、彼女が野獣のような男の餌食になった可能性を否定することはできない。同時に、ディアロがこの状況を利用してカネを得ようとした可能性も排除できない。

 事件から数週間、当局の保護下に置かれていたディアロが今回、ニューズウィークの取材に応じたのは、メディアが作り上げた誤ったイメージを訂正したかったからだという。自分の証言は終始一貫していると、彼女は訴える。「この男が私に何をしたのか話してきた。内容は何も変わっていない。私はこの男がしたことを知っている」

 将来の話になると、ディアロは再びホテルで働きたいが、客室担当ではなく洗濯係がいいかもしれない、と話した。確かに、客室のドアをノックして、「すみません、ハウスキーピングです」と声をかける経験など、二度としたくないはずだ。

【第1回】「男は私に襲いかかった」
【第2回】「私は嘘などついていない」
【第3回】「発情したチンパンジー」

ニュース速報

ワールド

中国の香港出先機関、米制裁を批判「こっけいでばかげ

ワールド

コロナ対策協議、合意なければ権限行使する=トランプ

ワールド

アングル:「銭湯文化」を救う日本の新世代、コロナ禍

ワールド

アングル:トランプ氏TikTok「分け前」要求、法

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 6

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 7

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 8

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 9

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史か…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月