最新記事

リビア

カダフィの首を捕り損ねたNATO

政府軍拠点を狙った空爆からは逃れたものの次第に追い詰められつつあるカダフィはニカラグアに亡命か?

2011年4月26日(火)16時41分

精密爆破? リビア政府の案内でメディアに公開された空爆現場 Louafi Larbi-Reuters

 NATO(北大西洋条約機構)は25日未明、リビアの首都トリポリにあるムアマル・カダフィ大佐の拠点バブ・アジジヤ地区に大規模な空爆を行った。NATOが「精密爆撃」と呼ぶこの攻撃で、カダフィの事務所や図書館が破壊されたという。

 空爆されたとき、カダフィがどこにいたのかは分かっていない。だがリビア政府報道官によるとカダフィにけがはなく、安全な場所にいるという。

 追い詰められてきたカダフィの今後については、亡命する場合、ニカラグアが有力だとの見方がある。ニカラグアのダニエル・オルテガ大統領は、世界の指導者の中でカダフィを公然と支持する数少ないうちの1人だ。25日にはウィキリークスが暴露した米外交公電によって、オルテガがカダフィの甥を自分の側近として政権に迎えていることが明らかになった。

 ニカラグアやコスタリカの新聞が報じたところによれば、カダフィの甥でニカラグア国籍を取得しているムハマド・ムクタル・ラシュタルが07年よりオルテガの個人秘書や外交アドバイザーとして仕えているという。ラシュタルはリビア政府の諜報機関と深い関係にあったともいわれる人物だ。

「白旗をあげるつもりはない」

 NATOのリビア空爆は既に1カ月以上続いているが、誤爆による民間人の犠牲や、カダフィ派の徹底抗戦による戦況の膠着化などが指摘されてきた。リビア政府報道官は今回の空爆について、軍事施設ではない政府機関の事務所が攻撃され、職員や警備員3人が死亡、45人が負傷、うち15人が重傷を負ったと主張している。

 一方のNATO軍は、カダフィ政権が民間人を攻撃するのに使用している情報司令部を狙った「精密爆撃」だとの声明を発表。しかしリビア政府当局は「カダフィへの暗殺未遂だ」と非難している。

 今回の空爆は、これまでで最大規模とみられる。カダフィの次男セイフ・イスラム・カダフィはこの攻撃を「卑劣だ」と非難し、「この攻撃は幼い子供たちを脅えさせるかもしれない。だが我々は白旗をあげるつもりはないし、恐れてなどいない」とリビアの国営テレビに語った。

「お前たちNATOは工作員や内通者、スパイに囲まれている。だがムアマル・カダフィには大勢の同志がついている。敗北に向かっているのはお前たちのほうだ。工作員やスパイに頼って勝利できるた国がないことは歴史が証明している」と、強気の姿勢を崩していない。

 しかしトリポリの東にある都市ミスラタでは、カダフィ政府軍が劣勢に立たされてきていると、拘束された政府軍の兵士がAFP通信に語っている。「多くの兵士は降伏したいと思っているが、反政府軍に処刑されることを恐れている」

 ハーリド・カイム外務副大臣は24日、地元部族との対立を「武力ではなく平和的に」解決するため、政府軍はミスラタへの攻撃を一時停止していると語っていた。だが報道によれば、ミスラタでは今でもロケットや自動小銃の音が鳴り響いている。

GlobalPost.com特約

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ソフトバンクG出資の印オヨ、再度IPO撤回 債務借

ワールド

ノルウェーなど3カ国、パレスチナ国家承認 イスラエ

ワールド

米、パレスチナ国家の一方的承認に否定的 直接交渉を

ワールド

指名争い撤退のヘイリー氏、トランプ氏に投票と表明
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結果を発表

  • 2

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 3

    「目を閉じれば雨の音...」テントにたかる「害虫」の大群、キャンパーが撮影した「トラウマ映像」にネット戦慄

  • 4

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 5

    高速鉄道熱に沸くアメリカ、先行する中国を追う──新…

  • 6

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 7

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 8

    魔法の薬の「実験体」にされた子供たち...今も解決し…

  • 9

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 10

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 10

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中