最新記事

英王室

あるプリンセスの肖像

ウィリアム王子の心を射止めた魅力的で賢い「普通の市民」ケイト・ミドルトンがロイヤルファミリーに輝きを取り戻す

2011年4月14日(木)10時12分
アリソン・ピアソン(デイリー・テレグラフ紙記者)

厳しい「面接」の末 波乱含みの長い交際期間を経てゴールインするウィリアムとケイト Jeff J Mitchell/Getty Images

 来る4月29日、キャサリン・エリザベス・ミドルトンとウィリアム・アーサー・フィリップ・ルイス王子がウェストミンスター寺院で結婚式を挙げる。イギリス王室はここで「初めてずくめ」の花嫁を迎えることになる。

 王室に嫁いだ女性のうち大学教育を受けたのも、結婚前に未来の夫と同居したのも、元客室乗務員の母親を持つのも、ケイトことキャサリンが初めて。おまけにケイトはいずれ、ローラースケートを履いて踊るディスコで、脚もあらわなホットパンツ姿で転んだ過去を持つ初のイギリス王妃になる。

 だがローラーディスコでの一件を除けば、ウィリアム王子との長い交際期間中、ケイトが足をすくわれたことはほとんどない。中流階級出身の女性と王子の結婚に眉をひそめる向きもあるが、史上最長の「面接試験」に耐え抜いた彼女なら立派に添い遂げてみせるだろう。

「ウィリアムはケイトを愛しているし、彼女の家族のことも大好きで、よく一緒に過ごしている」。ロイヤルカップルと親しい人物はそう話す。仲のいいミドルトン一家は「ウィリアムが憧れる幸せな普通の家族」の象徴だ。ウィリアムの両親の派手な離婚劇で痛手を受けた王室にとっても、この結婚は人気回復の切り札になるかもしれない。...本文続く

──ここから先は1月12日発売の『ニューズウィーク日本版』 2011年1月19日号(カバー特集は「3.11原発事故の波紋」)をご覧ください。ケイト・ミドルトンと故ダイアナ元妃のファッション比較など、魅力的な写真も満載です。

<デジタル版のご購入はこちら
<iPad版、iPhone版のご購入はこちら
<定期購読のお申し込みはこちら
 または書店、駅売店にてお求めください。

他にも
─中国当局に身柄を拘束された「鳥の巣」作者、艾未未(アイ・ウェイウェイ)の大きさに迫る
■共産党が恐れた戦う芸術家
─世界中の抑圧された人々に希望を与えてきた外国語放送の縮小でイギリスが失うものを問う
■失われたBBCの「自由の声」
など、お薦め記事満載!

<最新号の目次はこちら

[2011年4月20日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

再送-バイデン氏、会談で「的を射た質問」 米軍トッ

ワールド

アングル:米ロが中距離兵器を再配備、中国巻き込み軍

ワールド

アングル:中国、ビザなし渡航で観光客増加 コロナ前

ワールド

ハリス氏、民主党の勝利確約 大統領選 大口献金者と
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 5
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 6
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 7
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 8
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 6
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 7
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 8
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 9
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中