最新記事

犠牲者

3.11大震災 犠牲者の尊厳を守れ

未曾有の災害に襲われた現場で遺体の身元確認に奔走する歯科医師の知られざる姿をリポート

2011年4月28日(木)12時12分
山田敏弘(本誌記者)

突然の葬儀 宮城県気仙沼市では臨時に造られた墓地にいたいが土葬された(3月26日) Carlos Barria-Reuters

 つい数週間前まで生徒の元気な声がこだましていた岩手県陸前高田市の米崎中学校体育館に、次々と被災者の遺体が運び込まれる。安置所となった体育館に並べられた遺体の多くは、死後硬直のせいで亡くなったそのときの姿のままだ。

 小さな軽トラックの荷台に30体ほどの遺体が積み上げられ、運ばれてきたこともあった。逃げ込んだ避難所が津波にのみ込まれ、折り重なるようにして亡くなっていたという。

 ここは本当に日本なのか──毛布にくるまれた遺体が次々と軽トラックから降ろされ、体育館の床に並べられる様子を目の当たりにして、千葉大学大学院医学研究院で法医学を専門にする歯科医師の斎藤久子は、心の中でつぶやいた。

 東日本を襲った大津波による被害の全容がまだ判然としない3月12日、歯科法医学の専門家である斎藤はほかの医師らと共に、千葉県警の車で岩手県に向かった。一晩をかけて盛岡市にある岩手県警本部に入り、休む間もなく米崎中学校へ。斎藤が現地入りしたのは、次々と収容される被災者の遺体を歯科医師として検死するためだ。

 盛岡市中心部の岩手県警本部から現地に向かう車の外には、転がる車や瓦礫の山、ガソリンスタンドに並ぶ車の列といった、津波被害の大きさを感じさせる風景が広がっていく。テレビで生々しい津波被害の様子を見る前に被災地に向かい、実際の被害がどこまでか把握していなかった斎藤は、目の前の光景に唖然とするばかりだった。

身元確認作業の切り札

 3月11日に発生した東日本大震災から3週間余りがたった。メディアの報道は、福島第一原発事故と放射能漏れに関する内容や、被災地での避難生活の様子が中心だ。

 確かに犠牲者や行方不明者数も毎日発表されている。ただ彼らは単なる統計上の数字として片付けられるべきではない。そして、行方がいまだに分からない家族を必死で捜し続ける被災者のため、死者の身元確認に尽力している人たちがいることも忘れるべきではない。

 歯科医師たちもその一員だ。未曾有の災害に直面した彼らは、今も懸命に遺体の身元確認作業を続けている。犠牲者の迅速な身元判明は、遺族が気持ちの整理をする助けになるだけではなく、犠牲者自身の尊厳を守ることにもつながるはずだ。

 警察庁によれば、今回の大震災による死者数は4月3日現在で1万2020人に上っている。被害の大きかった岩手県、宮城県、福島県で身元が分からない遺体の数は約2300体だ。ただ同時点でまだ1万5512人が行方不明になっていることを考えれば、身元不明の遺体が今後も増えることは間違いない。

 現地で検視作業に参加した警察関係者の1人は「損傷が激しく見た目で判別できない遺体や、所持品がなく特定できない遺体も多い」と言う。「今後は海からだけでなく、瓦礫の下からも遺体が発見されるだろう。時間の経過で腐敗も進み、身元確認はさらに難しくなる」

 そうした状況で期待されるのが歯による身元確認だ。自然災害では、歯科医師が身元特定に大きな力を発揮する。

 その可能性は過去の例を見ても明らかだ。04年に発生したスマトラ沖大地震の津波では、インド洋沿岸諸国で約30万人の死者・行方不明者が出たが、タイのプーケットで津波に巻き込まれた犠牲者約3600人のうち54%は歯科的所見によって身元が明らかになった。津波以外でも、01年の9・11同時多発テロでは被害者の35%、09年2月に発生したオーストラリアの山火事では犠牲者の62%が歯科医師によって身元確認された。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

再送-バイデン氏、会談で「的を射た質問」 米軍トッ

ワールド

アングル:米ロが中距離兵器を再配備、中国巻き込み軍

ワールド

アングル:中国、ビザなし渡航で観光客増加 コロナ前

ワールド

ハリス氏、民主党の勝利確約 大統領選 大口献金者と
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 5
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 6
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 7
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 8
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 6
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 7
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 8
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 9
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中