最新記事

中国政治

謎だらけの男、胡錦濤の頭の中

問題山積の公式訪米でも胡錦濤の考えは霧の中。知られざる経歴が語る「最後の共産党的指導者」のつくられ方

2011年1月19日(水)10時00分
メリンダ・リウ(北京支局長)

欠点? 大国の指導者としては個性が乏しいと言われる胡(左、右は後継候補の習) Jason Lee-Reuters

 中国の安徽省にある龍川という小さな村に、胡一族の古い祠堂が立っている。立派な建物を外から見る限り、かつてこの国で禁じられていた竜の装飾は見当たらない。ところが門をくぐって後ろを振り返ると、それは見つけられる。大きな木の門の内側に、手の込んだ9頭の竜の彫刻が刻まれているのだ。

 祠堂が建てられた明の時代には、皇帝以外がこのような彫刻を飾ることは許されていなかった。もし当時の宮廷が胡一族の隠された竜の存在を知れば、関係者はことごとく投獄もしくは処刑される可能性があった。しかし、野心を象徴する竜のシンボルが注意深く内側を向いていたおかげで、胡一族は無事に生き延び、繁栄することができた。

 その教訓は、胡一族の48代目に当たる胡錦濤(フー・チンタオ)もしっかり学んでいる。胡は、中国の最高実力者だったトウ小平の「能力を隠し実力を蓄えよ」という言葉を実践している。

 国家主席に就任して8年近くになるが、胡の人物像はいまだにほとんど謎に包まれている。毛沢東やトウ、江沢民など強烈な個性を発散した歴代指導者たちとは極めて対照的だ。1月18〜21日のアメリカ公式訪問によって、胡を取り巻く謎は解消されるのだろうか。

 中国側の思惑によれば、胡の訪米の目的は政策を論じることではない。米政府は、ハイレベル軍事交流の再開、アメリカ製品の輸出拡大、北朝鮮の核問題などを話し合いたいだろう。中国政府も、アメリカの台湾への武器売却をやめさせ、アジアでの米軍の配備を縮小させたい。それに、両国間には人民元の為替レート問題という懸案もある。

 しかし中国の最優先事項は、あくまでも完璧な外交ショーを演出し、胡の存在を強く印象付けることにある。外交を進展させるためには、両国が互いに敬意を抱くことが欠かせないという認識があるのだ。...本文続く

──ここから先は1月19日発売の『ニューズウィーク日本版』 2011年1月26日号をご覧ください。
<デジタル版のご購入はこちら
<iPad版、iPhone版のご購入はこちら
<定期購読のお申し込みはこちら
 または書店、駅売店にてお求めください。

他にも、胡錦濤の後継者とされる習近平(チー・シンピン)国家副主席の妻の型破りなキャリアに関する記事や、本誌テクノロジー担当記者がiPhoneに引導を渡す「スマートフォン戦争はiPhoneの負け」など、他では読めない記事が満載です。
<最新号の目次はこちら

[2011年1月26日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:メダリストも導入、広がる糖尿病用血糖モニ

ビジネス

アングル:中国で安売り店が躍進、近づく「日本型デフ

ビジネス

NY外為市場=ユーロ/ドル、週間で2カ月ぶり大幅安

ワールド

仏大統領「深刻な局面」と警告、総選挙で極右勝利なら
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 10

    ロシア軍の拠点に、ウクライナ軍FPVドローンが突入..…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中