最新記事

中南米

チリ鉱山生存者を待つ過酷な4カ月

鉱山事故で奇跡の生存劇。だが外に出るためには、厳しい生存環境で困難な作業を何カ月もこなさなければならない

2010年8月25日(水)18時31分
パスカレ・ボネフォイ

暗闇の中で 地下に送られたカメラには元気な生存者の姿が Ivan Alvarado-Reuters

 8月23日、坑内に閉じ込められた作業員たちと初めて音声通話が可能になると、ローレンス・ゴルボルネ鉱山相には直ちに彼らの望みのものが伝えられた。食料、歯ブラシ、それにビールだ。

 作業員たちの欲求はこれだけではなかった。国家斉唱だ。33人の男たちのコーラスは地下688メートルの奥深くから地上に届けられた。

 8月5日、チリの首都サンティアゴから約800キロ北のアタカマ砂漠にあるサンホセ鉱山で落盤事故が起き、作業員33人が地下に閉じ込められた。救助活動が初めて実を結んだのは、17日後の8月22日。生存はほぼ絶望視されていたが、なんと全員が生きていた。
 
 祝福ムードが広がったが、本当の試練はこれからだ。新たなトンネルを掘り進めて作業員全員を救助するには、クリスマスごろまでかかる可能性もある。

 その間、彼らに物資を供給するのも容易ではない。政府は砂糖水や薬、栄養食や家族からの手紙などを届け始めた。こうした物資やメッセージの入った「伝書鳩」役のカプセルは、直径10センチほどの穴を通って下ろされるが、作業員らのところに到達するのに1時間、地上に引き上げるのにさらに1時間かかる。

救助穴は下からも掘る必要がある

 生存者たちの体調やケガの有無などを正確に把握し、適切に水や食料、医薬品を供給するため、保健省の担当者は詳細な問診票を送った。負傷者は1人もいないことが確認されたが、数人が胃の痛みを訴えた。さらにほこりで目が痛むのと、換気の状態が悪いこと、避難所内の気温が高いことが問題だという。だが一番大きな訴えは、みんな空腹だということだった。

 ハイメ・マナリチ保健相によると、彼らは避難所に備蓄してあったツナ缶や水、牛乳などを少しずつ口にしながら飢えをしのいでいた。一気に食べてしまわないよう、計画的に消費していたという。「こんな状況にもかかわらず、彼らの健康状態は心身ともに極めて良好だ」

 救助活動は困難で時間を要し、2〜4カ月はかかる見通しだ。救助活動を指揮する鉱山技師のアンドレ・ソウガレットは、今のところ3つの穴を掘り進める計画だと語る。通信用、食料や酸素などの物資供給用、換気用だ。

 そして本格的な救助作業には、この3つとは別の穴が必要になる。作業員を1人ずつ引き上げるための、直径66センチの垂直トンネルだ。国営鉱山大手コデルコ社から重さ30トンの大型掘削機が現場に向かっている。政府はさらに、作業員らが長期にわたって閉鎖空間で生活することになるため、NASA(米航空宇宙局)にも支援を要請するとしている。

 国際技術コンサルタント会社アルカディスの鉱山技師アグスティン・オルガドは、救助作業の大半を地下に閉じ込められている作業員自身が行わなければならないだろうと話す。

「垂直トンネルは上と下から掘り進めることになると思われるが、作業員たちにとっては過酷な作業になるだろう。まず、彼らは健康状態を保たなければいけないうえ、救助隊が分解して届ける掘削機器をどう組み立て、どう動かすかを学ばなければならない。それから上に向かって穴を掘り進め、頭上から落ちてくる岩盤を取り除き、そのうち地上から掘り進めている救助隊を誘導する必要がある」

前にも死亡事故で山を閉鎖した会社

 48歳のゴルボルネ鉱山相にとっても、ここまでの道のりは過酷なものだった。大企業のCEO(最高経営責任者)から閣僚に任命されて1年足らずのゴルボルネは、閉じ込められた作業員とその家族らの命綱としての役割を果たしている。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

安倍前首相が靖国参拝、「退任を報告」とツイッターに

ワールド

アングル:豪州ビザ無効の中国人研究者、「絵文字で有

ワールド

焦点:湾岸2カ国とイスラエルの国交正常化、サウジも

ワールド

アングル:燃料需要、学校再開で増加 公共交通機関は

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

人気ランキング

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 3

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 4

    過去6600万年の地球の気候の変遷が初めてまとめられる

  • 5

    ペンスの元部下が怒りの内部告発「トランプはアメリ…

  • 6

    2万年以上前のホラアナグマ、ほぼ完全な状態で発見さ…

  • 7

    ロシアの毒殺未遂にメルケルが強気を貫けない理由

  • 8

    トランプお墨付きの「Qアノン」が笑い事では済まされ…

  • 9

    「年収1000万超え」カリスマタクシー運転手の仕事術 …

  • 10

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 1

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

  • 2

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 3

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

  • 4

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 5

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 6

    仏シトロエン、14歳から免許不要で乗れる2人乗りEV「…

  • 7

    【動画】海辺を歩く2頭のライオンに視聴950万回

  • 8

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 9

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 10

    伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

  • 1

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 2

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 3

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

  • 4

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 5

    手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

  • 6

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    中国はなぜ尖閣での漁を禁止したのか

  • 9

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月