最新記事

語学

中国で中国語は学べない

わざわざ中国の学校に入っても、利点は授業料が安いことだけ。将来への投資なら、もっと賢い方法がある

2010年2月17日(水)16時27分
メアリー・ヘノック(北京支局)

 将来に備えて中国語を習得するのは賢い投資に思えるかもしれない。ならば中国行きの飛行機に飛び乗り、現地の学校に入るのが最善の方法だろうか。

 それは違う。中国で学んだほうが今でも安上がりだが、得な点はそれだけ(一般的に外国人が5カ月分として大学に払う授業料は1800ドル)。中国の語学教授法は教科書が時代遅れで教え方も応用性に欠けていて、おしなべてレベルが低い。

 だからといって諦める人間は少ない。現在、中国に留学する外国人は年間約10万人。毛沢東時代の30年間の合計はたった5万人だから、大した増加ぶりだ。

 中国の経済成長によるニーズの増加が変化の一因だが、それだけではない。中国政府が世界各地に設立する中国語学校「孔子学院」は、1年間の留学に生徒を送り込んでいる。中国の大学も夏期集中講座を強化して、積極的に外国人(と彼らのカネ)を集めている。

 しかし留学した大半の人が失望する。北京屈指の語学教育機関とされる北京語言大学を例に取ろう。ここに1年通ったケニア人のムトゥネ・キシルー(19)は、中国語でコンピューターについて話せるまでになった。だが学校のおかげではない。キシルーは旧式な教科書とやる気の出ない会話の練習には不満だった。

 ノートルダム大学(米インディアナ州)のジョナサン・ノーブルによると、中国での教授法の問題の1つは、漢字の習得に力を入れ、会話の練習にはあまり時間が使われないこと。だから語彙は身に付いても、「さまざまな状況でどのようにしゃべればいいかを自分で考えることができない」。その結果、アメリカで中国語を学ぶほうが中国で学ぶよりも早く流暢にしゃべれるようになる場合があると、ノーブルは言う。

 目上の人間や教師を敬えと説いた孔子にも責任があるかもしれない。その教えはいまだに中国の教育システムに影を落としている。話すのは教師、耳を傾けるのは学生、というわけだ。しかしこのやり方では言語習得に関わる脳の領域が働かないと、職業別外国語学習コースを考案した神経言語学の専門家ランス・ノウルズは言う。

実用と懸け離れた教本

 ノウルズの学習法は中国の大学のやり方と180度違う。重視するのは聞き取りと話すこと。教科書を開くのは最低限に抑える。教科書を見ると脳の言語中枢が怠けてしまうと、ノウルズは言う。

 もちろん教科書にはそれなりの役割がある。しかし中国の教材に漢字表は載っていても、必要不可欠な基礎的文法を使った応用文があまりに少ない。

 学生は現実の場面に重ね合わせたときに、集中して学ぶことができる。なのに中国の教科書はパンダや竹の繁殖、有名な伝統料理などについての退屈な記述にページを割いている。ビジネスの話や実用的な会話にお目に掛かったらラッキーというものだ。

 だとすれば中国語をマスターしたいと思う人はどうしたらいいのか。欧米諸国で高い授業料を払うか、最新の内容をインタラクティブで学べるインターネットを利用するかのどちらかだろう。

 中国の大学も自分たちに問題があることを自覚し始めている。その先頭に立つ1人が、北京語言大学出版社(中国の語学書トップ100のうち上位81冊を出版している)で新しい語学教材開発の責任者を務める苗強(ミアオ・チアン、37)。苗は02年にカナダの大学の協力を得て出版した『新実用漢語課本』を誇りに思っている。教師たちから大きく進歩したと称賛され、現在30万部が使用されている教材だ。

 苗自身もビジネス場面での表現がまだ少ないことを認めるが、改善されているのは確か。どのレベルのテキストも今は5年ごとに内容を見直していると苗は言う。

 とはいえオンライン講座のほうがはるかに時代と歩調を合わせている。現在の不況下で自分の能力をいかに伸ばすか、というテーマが現れているぐらいだから。

[2010年1月27日号掲載]

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    「英国を丸裸にするEU離脱はもう止めて」ケンブリッ…

  • 7

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 8

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 9

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 10

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 7

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 8

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 9

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月