最新記事

スポーツ

マスターズを揺るがす「女人禁制」騒動

名門ゴルフクラブは創設以来80年間貫いてきたルールを曲げて、ついに女性会員を認めるか

2012年4月2日(月)16時28分
サマンサ・スタインバーン

男の世界 昨年のマスターズで初優勝し、前年の勝者フィル・ミケルソン(左)からグリーンジャケットを着せてもらうカール・シュワルツェル(11年4月) Brian Snyder-Reuters

 4月5日に男子ゴルフのマスターズ・トーナメントが華々しく開幕するのを前に、その主催者であり会場となる米ジョージア州の名門ゴルフクラブ「オーガスタ・ナショナル」に暗雲が立ち込めている。同クラブが創設以来守り抜いてきた、「会員は男性だけ」というルールの変更を迫られているのだ。

 オーガスタ・ナショナルはこれまで、マスターズのスポンサー各社のCEOたちを同クラブの「会員」としてトーナメントに招待してきた。CEOたちはマスターズの優勝者に贈られるあの「グリーンジャケット」を着て、会場を自由に歩いたり、プレーすることを許されている。

 米IBMも、長年マスターズのスポンサーを務めてきた企業の1つだ。しかし今年初め、IBM初の女性トップとして、バージニア・ロメッティがCEOに就任。それに伴ってオーガスタ・ナショナルは、オーロメッティを会員に迎えるべきかという難題に直面している。同クラブは1934年の創設以来、1度も女性会員を認めたことがない。

IBMにも批判の矛先が

 およそ300人にのぼる会員には、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツや著名投資家のウォーレン・バフェット、ルイス・ガースナー元IBM会長兼CEO、アメリカン・エキスプレスCEOのケネス・シェノルト、シティグループ元会長のサンフォード・ワイルなど、そうそうたる顔ぶれが名を連ねる。IBMの歴代CEOたちも、全員メンバーだと言われる。

「オーガスタは、あらゆる意味でジレンマに陥っている」と、エール大学法科大学院の上級研究員でジャーナリストのマルシア・チェンバースはブルームバーグに語った。「ある会社のCEOを会員にするという伝統があるのなら、それは新しいCEOにも適用されるべきだ。彼女(ロメッティ)にIBMの歴代CEOと違うところがあるとすれば、女性という点だけだ」

 IBMとマスターズの広報はこの件に関し、ブルームバーグの取材に応じなかった。

「女性禁制」というオーガスタの方針を以前から批判してきた人権活動家マーサ・バークは、ロメッティが会員として認められなければIBMはスポンサーを降りるべきだと主張している。

 オーガスタの伝統は「時代遅れで、IBMの価値観とは相入れない。IBMの取締役会はこのようなクラブとは距離を置く責任があったにもかかわらず、何もしてこなかった」と、バークはゴルフダイジェスト誌に語った。「もし取締役会が何の行動もとらないというのなら、それは新CEOに対する侮辱だ」。

GlobalPost.com特約

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

カナダ、凍結ロシア資産の没収で米国と「完全に合意」

ワールド

イスラエル、パレスチナ自治政府への税収送金を再開=

ビジネス

S&P年末目標5300に引き上げ、ビッグテックの収

ワールド

米英独など、ウクライナへの派兵案を否定
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「世界一の親イスラエル国」なのに、イスラエルがウクライナに塩対応の理由

  • 2

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 3

    炎で夜空が赤く染まる映像...ウクライナ無人機がロシア最大級の製鉄所を爆撃か

  • 4

    侵攻2年の記念にふさわしい勇気、一人で10人のロシア…

  • 5

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 6

    衛星写真:南シナ海のスカボロー礁に「浮遊障壁」、…

  • 7

    中国企業、IPO計画中止相次ぐ...今年すでに47社が上…

  • 8

    トランプ、「党団結」は程遠く 予備選連勝も本選に…

  • 9

    フィリピンにある「世界最古のチャイナタウン」で旧…

  • 10

    【欧州世論調査】ウクライナ戦争の予測「ロシア勝利…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 6

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中