最新記事

軍事

米新国防戦略で地上部隊に「冬の時代」

中国を意識してアジア重視を強く打ち出す一方で陸軍と海兵隊に大ナタが振るわれるのは確実

2012年2月9日(木)12時40分
フレッド・カプラン

戦略シフト 海兵隊の兵力が大幅に削減されることは避けられない(沖縄の普天間基地で任務に就く隊員たち) Reuters

 アメリカの軍隊の在り方が大きく変わるかもしれない──オバマ大統領が先週発表した新国防戦略は、そんな予感をにおわせるものだった。

 大統領自身、この点をひときわ印象付けたかったようだ。オバマは、ホワイトハウスではなく、国防総省の記者会見室に足を運んで会見を開いた。歴代大統領に前例のない行動だ。

 もっとも、具体的に何をどの程度変更するのかは明らかにされていない。オバマに続いて会見した国防総省高官たちも、詳細には言及しなかった。

 とはいえ、推測できることもいくつかある。最も注目すべき点は、陸軍と海兵隊が深刻な危機に直面することだ。組織の存亡に関わる事態と言っても過言でないかもしれない。

「イラクとアフガニスタンでの戦争が終わり、大量の兵力を長期派遣して国家建設に携わる作業が終了すれば、もっと小規模な通常型地上部隊で国の安全を確保できるようになる」と、オバマは会見で述べた。

 大統領の言葉を聞くと、2つの大きな問いが浮かび上がる。第1の問いは、陸軍がこの5年ほどの間に整えてきた対反政府武装勢力戦略(COIN)やその一環としての兵士の教育と訓練がことごとく放棄されてしまうのかという点だ。

 アシュトン・カーター国防副長官は会見でその可能性を否定した。将来再び必要になる日のために、「ノウハウ」と「重要なスキル」を維持するという。

 しかし、口で言うほど簡単ではない。軍首脳の多くはもともと、地上部隊を長期駐留させて、反政府武装勢力と戦わせることに消極的だった。大統領がそれを陸軍と海兵隊の中核任務でないと明言すれば、「ノウハウ」を維持するための訓練基地の運営や教育カリキュラムの実施などを打ち切る可能性が高い。

 第2の問いは、今後の地上部隊の中核任務は何になるのか、という点だ。パネッタ国防長官は、陸軍と海兵隊の兵員数を大幅に削減する方針を示している。報道によれば、陸軍の現役兵士の数は57万人から49万人まで減らされるという。

 しかし陸軍は、イラク戦争終了後に52万人まで削減することを既に受け入れていた。3万人の追加削減は、大きな数字とは言えない。陸軍幹部の多くが頭を悩ませているのは、49万人もの兵力を抱えることをどうやって正当化するのかという点だ。

 朝鮮半島の有事に備えるのも1つの選択肢ではある。しかしアメリカの陸軍は世界で最も訓練が行き届いていて、最も高度な装備を擁する軍隊だ。まだ戦争が起きてもいない「38度線」の警備に、本当に兵力の多くを投入したいだろうか。

 記者会見でパネッタとカーターは、「安全保障支援」を継続する必要性に触れた。同盟国の軍隊に物資を供給したり、訓練を施したりする活動のことだ。これが陸軍の新たな中核任務の1つになるかもしれない。

 数年前、この種の活動を専門的に担う「顧問師団」を陸軍内に創設すべきだと提案されたとき、陸軍幹部は強硬に反対した。ただでさえ規模が縮小されている兵力の一部から「実戦能力」を奪うことなど、もってのほかだと考えたのだ。

 しかしこの先、アメリカがイラクやアフガニスタンのような戦争より、リビアやウガンダやソマリアのような戦争を行うケースが増えれば、「顧問師団」の出番はあるはずだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

北朝鮮、衛星打ち上げを日本の海保に通告 6月4日午

ワールド

韓国と中国、外交・安保対話開始へ 3カ国首脳会合前

ワールド

岸田首相、日本産食品の輸入規制撤廃求める 日中首脳

ワールド

台湾の頼総統、中国軍事演習終了後にあらためて相互理
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中