最新記事

アメリカ社会

米下院議員を銃撃した男の心の闇

厳格な不法移民対策法に反対していた下院議員を標的にしたのは、暴力のマグマが噴き出しそうなほど過激化した政治風土の表れなのか

2011年1月11日(火)15時17分
イブ・コナント、クレア・マーティン

社会に背を向けて 精神を病んだラフナーはネットに不気味な投稿をしていた Reuters

 1月8日、ランディー・ロフナーはアリゾナ州トゥーソン郊外の自宅前で、車に寄りかかって泣いていた。家の中は、22歳の息子ジャレッドがガブリエル・ギフォーズ下院議員の政治集会で銃を乱射した背景を調べる警察官でごった返している。「慰めにいった近所の人が戻ってきて、『撃ったのは息子だ』と話していた」と、庭にサボテンと巨木があるロフナー家の向かいに住むアーロン・マルチネス(18)は語った。

 この家の中で何が起きていたのか、そして、ギフォーズ議員を含む20人を負傷させ、うち6人を死なせた若者の心の中で何が起きていたのか、全米が強い関心を寄せている。アリゾナ州の厳格な不法移民対策法に反対していた民主党下院議員をターゲットにしたのは、暴力のマグマが今にも噴き出しそうなほど過激化しているアメリカの政治風土の表れなのか。それとも、ラフナーがインターネットでぶちまけていた文法やマインドコントロールに関する反政府的な暴言は、精神疾患を患う若者の狂気の表れだったのか。

 その答えは何カ月、いや何年経っても十分には解明されないかもしれない。「過去にも地元の複数の関係当局が、彼の精神状態に懸念を感じていた。では彼は狂っているのか。それはわからない」と、ピマ郡保安官のクリス・ナノスは言う。ラフナーは重体が続くギフォーズ議員の暗殺未遂容疑など5つの罪状で訴追され、10日に連邦裁判所に出廷した。
 
 医療保険制度や不法移民対策をめぐって保守とリベラルが激しく対立するアリゾナ州は、アメリカの「分断」の象徴とされる。昨年11月の中間選挙の際に、保守系草の根運動ティーパーティーを率いるサラ・ペイリンの陣営が作成した「標的リスト」にギフォーズが含まれていたため、ペイリン陣営に煽られた末の凶行だとの批判もあるが、関連は明らかになっていない。

投稿した文章は妄想だらけ

 動機が何であれ、ラフナーが反社会的な性格で、周囲から気味の悪い変人とみなされていたのは確かだ。「彼は現実から切り離され、クラスから孤立していた」と、ピマ・コミュニティーカレッジで詩の授業を共に受講していたリディアン・アリは言う。「議論に参加しても支離滅裂で、クラスメートの詩についてコメントしても何を言っているのかわからなかった」

 ラフナーのあるネット投稿を問題視した大学当局は、昨年9月に彼を停学処分とし、復学したいなら精神科医の承認が必要だと両親に伝えた。だがラフナーは翌月、自ら退学した。

 ラフナーの自宅からは、ギフォーズ議員への執着を示す数々の証拠が発見された。「事前に計画した」「ギフォーズ」「私の暗殺」などと書かれた封筒もその一つだ。

 ラフナーが数週間前に、ユーチューブに不快な動画を複数投稿していたことも明らかになった。そのうちの一つでは、妄想と悲惨な警告の言葉を羅列した文章が4分近くにわたって表示される。

「第2の合衆国憲法を読んだ結果、私は現在の政府を信用しない。政府は文法を操作することで人々を洗脳し、マインドコントロールしている」「イヤだ! 私は金と銀の裏づけがない通貨では借金を払わない! イヤだ! 私は神を信じない!」

 南部貧困法律センターのマーク・ポトクによれば、ラフナーの乱文は超保守派のサイトからヒントを得ている可能性が高い。人種差別組織の発言を研究しているポトクは、ラフナーの投稿を精査し、文法に関する発言はミルウォーキー在住の保守活動家デービッド・ウィン・ミラーの影響だろうと指摘する。「ミラーは『真実の言葉』を使えば政府の干渉を受けないと信じている。コロンやハイフンを適切に使えば、税金を支払う必要はないという風変わりな考え方を主張しているのは、超保守派の中でもミラーだけだ」

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済にもマイナス 日韓関係の回復を強く望む

  • 3

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安倍政権批判集会以上が参加か

  • 4

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 5

    乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル…

  • 6

    「香港鎮圧」を警告する中国を困惑させる男

  • 7

    日本政府、韓国サムスン向け半導体材料の輸出を再び…

  • 8

    香港デモで資産価値の5分の1が吹き飛び、キャセイ航…

  • 9

    韓国航空業界に再編の荒波 アシアナは投資ファンド…

  • 10

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    世界が知る「香港」は終わった

  • 8

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 9

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 10

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 9

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月