最新記事

アメリカ社会

米下院議員を銃撃した男の心の闇

厳格な不法移民対策法に反対していた下院議員を標的にしたのは、暴力のマグマが噴き出しそうなほど過激化した政治風土の表れなのか

2011年1月11日(火)15時17分
イブ・コナント、クレア・マーティン

社会に背を向けて 精神を病んだラフナーはネットに不気味な投稿をしていた Reuters

 1月8日、ランディー・ロフナーはアリゾナ州トゥーソン郊外の自宅前で、車に寄りかかって泣いていた。家の中は、22歳の息子ジャレッドがガブリエル・ギフォーズ下院議員の政治集会で銃を乱射した背景を調べる警察官でごった返している。「慰めにいった近所の人が戻ってきて、『撃ったのは息子だ』と話していた」と、庭にサボテンと巨木があるロフナー家の向かいに住むアーロン・マルチネス(18)は語った。

 この家の中で何が起きていたのか、そして、ギフォーズ議員を含む20人を負傷させ、うち6人を死なせた若者の心の中で何が起きていたのか、全米が強い関心を寄せている。アリゾナ州の厳格な不法移民対策法に反対していた民主党下院議員をターゲットにしたのは、暴力のマグマが今にも噴き出しそうなほど過激化しているアメリカの政治風土の表れなのか。それとも、ラフナーがインターネットでぶちまけていた文法やマインドコントロールに関する反政府的な暴言は、精神疾患を患う若者の狂気の表れだったのか。

 その答えは何カ月、いや何年経っても十分には解明されないかもしれない。「過去にも地元の複数の関係当局が、彼の精神状態に懸念を感じていた。では彼は狂っているのか。それはわからない」と、ピマ郡保安官のクリス・ナノスは言う。ラフナーは重体が続くギフォーズ議員の暗殺未遂容疑など5つの罪状で訴追され、10日に連邦裁判所に出廷した。
 
 医療保険制度や不法移民対策をめぐって保守とリベラルが激しく対立するアリゾナ州は、アメリカの「分断」の象徴とされる。昨年11月の中間選挙の際に、保守系草の根運動ティーパーティーを率いるサラ・ペイリンの陣営が作成した「標的リスト」にギフォーズが含まれていたため、ペイリン陣営に煽られた末の凶行だとの批判もあるが、関連は明らかになっていない。

投稿した文章は妄想だらけ

 動機が何であれ、ラフナーが反社会的な性格で、周囲から気味の悪い変人とみなされていたのは確かだ。「彼は現実から切り離され、クラスから孤立していた」と、ピマ・コミュニティーカレッジで詩の授業を共に受講していたリディアン・アリは言う。「議論に参加しても支離滅裂で、クラスメートの詩についてコメントしても何を言っているのかわからなかった」

 ラフナーのあるネット投稿を問題視した大学当局は、昨年9月に彼を停学処分とし、復学したいなら精神科医の承認が必要だと両親に伝えた。だがラフナーは翌月、自ら退学した。

 ラフナーの自宅からは、ギフォーズ議員への執着を示す数々の証拠が発見された。「事前に計画した」「ギフォーズ」「私の暗殺」などと書かれた封筒もその一つだ。

 ラフナーが数週間前に、ユーチューブに不快な動画を複数投稿していたことも明らかになった。そのうちの一つでは、妄想と悲惨な警告の言葉を羅列した文章が4分近くにわたって表示される。

「第2の合衆国憲法を読んだ結果、私は現在の政府を信用しない。政府は文法を操作することで人々を洗脳し、マインドコントロールしている」「イヤだ! 私は金と銀の裏づけがない通貨では借金を払わない! イヤだ! 私は神を信じない!」

 南部貧困法律センターのマーク・ポトクによれば、ラフナーの乱文は超保守派のサイトからヒントを得ている可能性が高い。人種差別組織の発言を研究しているポトクは、ラフナーの投稿を精査し、文法に関する発言はミルウォーキー在住の保守活動家デービッド・ウィン・ミラーの影響だろうと指摘する。「ミラーは『真実の言葉』を使えば政府の干渉を受けないと信じている。コロンやハイフンを適切に使えば、税金を支払う必要はないという風変わりな考え方を主張しているのは、超保守派の中でもミラーだけだ」

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:メダリストも導入、広がる糖尿病用血糖モニ

ビジネス

アングル:中国で安売り店が躍進、近づく「日本型デフ

ビジネス

NY外為市場=ユーロ/ドル、週間で2カ月ぶり大幅安

ワールド

仏大統領「深刻な局面」と警告、総選挙で極右勝利なら
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 10

    ロシア軍の拠点に、ウクライナ軍FPVドローンが突入..…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中