最新記事

アメリカ社会

米下院議員を銃撃した男の心の闇

厳格な不法移民対策法に反対していた下院議員を標的にしたのは、暴力のマグマが噴き出しそうなほど過激化した政治風土の表れなのか

2011年1月11日(火)15時17分
イブ・コナント、クレア・マーティン

社会に背を向けて 精神を病んだラフナーはネットに不気味な投稿をしていた Reuters

 1月8日、ランディー・ロフナーはアリゾナ州トゥーソン郊外の自宅前で、車に寄りかかって泣いていた。家の中は、22歳の息子ジャレッドがガブリエル・ギフォーズ下院議員の政治集会で銃を乱射した背景を調べる警察官でごった返している。「慰めにいった近所の人が戻ってきて、『撃ったのは息子だ』と話していた」と、庭にサボテンと巨木があるロフナー家の向かいに住むアーロン・マルチネス(18)は語った。

 この家の中で何が起きていたのか、そして、ギフォーズ議員を含む20人を負傷させ、うち6人を死なせた若者の心の中で何が起きていたのか、全米が強い関心を寄せている。アリゾナ州の厳格な不法移民対策法に反対していた民主党下院議員をターゲットにしたのは、暴力のマグマが今にも噴き出しそうなほど過激化しているアメリカの政治風土の表れなのか。それとも、ラフナーがインターネットでぶちまけていた文法やマインドコントロールに関する反政府的な暴言は、精神疾患を患う若者の狂気の表れだったのか。

 その答えは何カ月、いや何年経っても十分には解明されないかもしれない。「過去にも地元の複数の関係当局が、彼の精神状態に懸念を感じていた。では彼は狂っているのか。それはわからない」と、ピマ郡保安官のクリス・ナノスは言う。ラフナーは重体が続くギフォーズ議員の暗殺未遂容疑など5つの罪状で訴追され、10日に連邦裁判所に出廷した。
 
 医療保険制度や不法移民対策をめぐって保守とリベラルが激しく対立するアリゾナ州は、アメリカの「分断」の象徴とされる。昨年11月の中間選挙の際に、保守系草の根運動ティーパーティーを率いるサラ・ペイリンの陣営が作成した「標的リスト」にギフォーズが含まれていたため、ペイリン陣営に煽られた末の凶行だとの批判もあるが、関連は明らかになっていない。

投稿した文章は妄想だらけ

 動機が何であれ、ラフナーが反社会的な性格で、周囲から気味の悪い変人とみなされていたのは確かだ。「彼は現実から切り離され、クラスから孤立していた」と、ピマ・コミュニティーカレッジで詩の授業を共に受講していたリディアン・アリは言う。「議論に参加しても支離滅裂で、クラスメートの詩についてコメントしても何を言っているのかわからなかった」

 ラフナーのあるネット投稿を問題視した大学当局は、昨年9月に彼を停学処分とし、復学したいなら精神科医の承認が必要だと両親に伝えた。だがラフナーは翌月、自ら退学した。

 ラフナーの自宅からは、ギフォーズ議員への執着を示す数々の証拠が発見された。「事前に計画した」「ギフォーズ」「私の暗殺」などと書かれた封筒もその一つだ。

 ラフナーが数週間前に、ユーチューブに不快な動画を複数投稿していたことも明らかになった。そのうちの一つでは、妄想と悲惨な警告の言葉を羅列した文章が4分近くにわたって表示される。

「第2の合衆国憲法を読んだ結果、私は現在の政府を信用しない。政府は文法を操作することで人々を洗脳し、マインドコントロールしている」「イヤだ! 私は金と銀の裏づけがない通貨では借金を払わない! イヤだ! 私は神を信じない!」

 南部貧困法律センターのマーク・ポトクによれば、ラフナーの乱文は超保守派のサイトからヒントを得ている可能性が高い。人種差別組織の発言を研究しているポトクは、ラフナーの投稿を精査し、文法に関する発言はミルウォーキー在住の保守活動家デービッド・ウィン・ミラーの影響だろうと指摘する。「ミラーは『真実の言葉』を使えば政府の干渉を受けないと信じている。コロンやハイフンを適切に使えば、税金を支払う必要はないという風変わりな考え方を主張しているのは、超保守派の中でもミラーだけだ」

MAGAZINE

特集:世界はこう見る日韓不信

2019-1・29号(1/22発売)

徴用工判決にレーダー照射......中国が台頭する東アジアで終わりなき争いを続ける日本と韓国への「処方箋」

人気ランキング

  • 1

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 2

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの新譜は...

  • 3

    「世界中が怒りを感じている」上位26人が下位38億人分の富を保有。富裕層があと0.5%でも多く税金を払えば、貧困問題は解決するのに

  • 4

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 5

    偶然ではない、日韓は「構造的不仲」の時代へ

  • 6

    ネイティブが話す「本物」の英語は世界の職場で通じ…

  • 7

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 5

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 6

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 7

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 8

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 9

    タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

  • 10

    「お得意様」は気づいたら「商売敵」に 中国の猛追へ対…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 4

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 9

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月