注目のキーワード

米政治

ニューズウィーク日本版『米政治』に関する記事一覧

        
バイデン政権初の連邦レベル選挙、米テキサス州の下院補選が象徴する共和党の実相
リバタリアン・マインド 渡瀬 裕哉

バイデン政権初の連邦レベル選挙、米テキサス州の下院補選が象徴する共和党の実相

<バイデン政権下で行われる初の連邦レベル選挙となるテキサス州連邦下院第6区の補欠選挙では、共和党の現...

2021.04.28
ウイグルの悲劇が「集団虐殺」である十分な根拠はない:米国務省法律顧問室
ウイグル問題

ウイグルの悲劇が「集団虐殺」である十分な根拠はない:米国務省法律顧問室

<中国の行為を「ジェノサイド(集団虐殺)」に認定したバイデン政権。しかし米国務省の法的見解は「十分な...

2021.04.02
        
トランプの扱いを巡って米国共和党の内紛は三国志状態へ
リバタリアン・マインド 渡瀬 裕哉

トランプの扱いを巡って米国共和党の内紛は三国志状態へ

<全米の保守派が一堂に会する全米保守行動会議(CPAC)が行われているが、共和党保守派内の分裂を象徴...

2021.02.27
        
選挙が民主主義を殺す──世界3大民主主義国で起きていることは日本でも起きている
デジタル権威主義とネット世論操作 一田和樹

選挙が民主主義を殺す──世界3大民主主義国で起きていることは日本でも起きている

<アメリカ大統領選は、ネット世論操作の応酬、選挙後は不正選挙疑惑など話題の絶えない選挙だった。こうし...

2021.01.25
        
バイデン政権の復古的中道主義は可能か
リバタリアン・マインド 渡瀬 裕哉

バイデン政権の復古的中道主義は可能か

<バイデン政権を取り巻く政治的環境は、連邦議会の微妙なバランスと共和党側のミスによる敵失によって、復...

2021.01.12
        
バイデン政権に対する連邦上院の「対中審査」が日本に与える影響
リバタリアン・マインド 渡瀬 裕哉

バイデン政権に対する連邦上院の「対中審査」が日本に与える影響

<バイデン政権の閣僚候補者は、上院承認のための議会公聴会で、対中政策について事細かに回答することが求...

2021.01.02
        
社会の「分断」とは一体何なのか? その使われ方でよいのか?
その言葉への違和感 望月優大

社会の「分断」とは一体何なのか? その使われ方でよいのか?

<ある種のバズワードと化している「分断」だが、そこに込められる意味合いは多様で曖昧だ。左右と上下の分...

2020.12.09
        
トランプはなぜあれほど強かったのか──経済政策でもたらした最大のインパクトとは
ケイザイを読み解く 野口旭

トランプはなぜあれほど強かったのか──経済政策でもたらした最大のインパクトとは

<アメリカの有権者の多くは、トランプの「人格」に対しては眉をひそめていたにしても、少なくともトランプ...

2020.11.24
カマラ・ハリス副大統領誕生で南インドの小さな村がお祭り騒ぎ
カマラ・ハリス

カマラ・ハリス副大統領誕生で南インドの小さな村がお祭り騒ぎ

<バイデン氏の大統領当選と同時に副大統領就任が決まった民主党のカマラ・ハリス氏ゆかりのインド南部の小...

2020.11.11
        
「悪いのは中国」米無党派層の恨みがトランプ再選を後押しする
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

「悪いのは中国」米無党派層の恨みがトランプ再選を後押しする

<失敗続きの新型コロナ対策で非難を浴びても大統領選への影響が大きくない理由> 大統領選の本選挙まで...

2020.05.13

人気ランキング

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice