最新記事

ネット

20周年ウィキペディアは高評価、でも編集ボランティアは人手不足

YOU TOO CAN BE A WIKI EDITOR

2021年3月8日(月)13時00分
スティーブン・ハリソン

ウィキペディアにアクセスする端末の数は1カ月当たり15億に上る PHOTO ILLUSTRATION BY SLATE. PHOTOS BY RUTHBLACK/ISTOCKーGETTY IMAGES PLUS AND PIALHOVIK/ISTOCKーGETTY IMAGES PLUSーSLATE

<ネットサービスの中では特に評価が高いウィキペディアだが、ボランティアの人手不足が大きな課題に>

誰でも無料で使えるオンライン百科事典ウィキペディアは、この1月で20 周年を迎えた。記者会見で、共同創始者の1人ジミー・ウェールズはこう言った。「(ウィキペディアは)世間で思われてきたほどひどいものであったことはないが、いま思われているほどいいわけでもない」

確かにここのところ、メディアではウィキペディアを褒めたたえる記事が目立つ。例えばエコノミスト誌は「夢の成功例」と評した。「立派な大人に成長した」と言われたり、「インターネットに最後に残された最良の場所」とか偽情報や陰謀論と戦う「善良な警察官」の役目を果たしていると言われたりもしている。

人類の特筆すべき知識の全てを世界のあらゆる人に非営利で届けるという、ウィキペディアの使命は一般のネットユーザーからも高く評価されている。英語版だけで項目数は620万を超え、新型コロナウイルスの流行から芸能人の色恋沙汰までありとあらゆる情報を得ることができる。自分の時間を割いて項目を執筆したり、正確さを高めるための作業を行っているボランティアの人々に対しては、私も含め多くの人が畏敬の念を抱いている。

ウィキペディアにアクセスする端末の数は1カ月当たり15億に上る。ところが編集に携わっている人の数はそれに比べてぐっと少なく、1カ月当たり約28万人だ。米スタンフォード大学の学生でボランティアとしてウィキペディアの管理者を務めているケビン・リーに言わせれば、最大の課題は編集のマンパワーが減ってきていることだ。内容を最新のものに更新し続けるためには、もっと多くのボランティアが必要なのだ。

人手不足の理由の1つとして思い付くのは、編集作業の難しさだ。だが、技術的にハードルが高いということはなさそうだ。どの項目のページにも一番上の目立つ場所に編集画面へのリンクがあり、誰でも内容を付け加えることができる。書式設定などの使い勝手はワープロソフトと変わらず、プログラミングの知識も不要だ。SNSと違い、名前などの個人情報を登録する必要もない。

ニュース速報

ビジネス

中国スマホ出荷、3月は前年比67.7%増 コロナ前

ビジネス

中国の3月新規融資は予想上回る、社会融資総量は伸び

ビジネス

フランス水事業ベオリアとスエズが合併で合意、150

ワールド

EU、中国のアルミ製品に暫定的な反ダンピング関税を

MAGAZINE

特集:岐路のビットコイン

2021年4月13日号(4/ 6発売)

大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

人気ランキング

  • 1

    「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパンどころではないアニメ業界、中国が才能ある人材爆買い

  • 2

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 いきなり考えても決してうまくいかない理由

  • 3

    ロケット砲で80人以上が死亡、200人以上が行方不明か 内戦の危機迫るミャンマー情勢

  • 4

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 5

    ハリー&メーガンは? 黒い服にタイツ...フィリップ殿…

  • 6

    ミャンマーの衣料品業界、クーデターとコロナで崩壊…

  • 7

    ヘンリー王子の葬儀参列を妨げる壁 「メーガンは彼の…

  • 8

    中国製ワクチン、輸出量は既に1億1500万回分だが....…

  • 9

    【ミャンマー現地ルポ】デモ取締りの警察官に警棒で…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 3

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 4

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 5

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 10

    「パパ活」はドイツでは通用しない 若いだけで女子を…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月