最新記事

ネット

オンライン訴訟手続きに、猫で登場した弁護士......「私は猫じゃありません」

2021年02月16日(火)17時15分
松丸さとみ

オンラインでの訴訟手続きで、弁護士が猫のフィルターで登場......Kitten Zoom Filter Mishap/YouTube

<米テキサス州のオンライン訴訟手続きで、弁護士ロッド・ポントン氏はバーチャル裁判にログインしたところ、自分が猫になっていることに気づいた。「どうやったら外れるのか分かりません」「このまま行きます」......>

拡散動画はバーチャル裁判での一コマ

先日、ソーシャルメディアを中心に至るところで話題になっていた、うるうるした瞳で「猫じゃありません」と訴える弁護士の動画はご覧になっただろうか。「あの猫フィルター、欲しい!」と思った人もいたかもしれない。とはいえ実は、まったく同じものを見つけるのは至難の技のようだ。

話題の動画は、米テキサス州で行われた、オンラインでの訴訟手続きであった一幕だ。弁護士のロッド・ポントン氏は2月9日、秘書のパソコンを使用してバーチャル裁判にログインしたところ、自分が猫になっていることに気づいた。

ロイ・B・ファーガソン裁判官に、「ポントンさん、ビデオ設定でフィルターがオンになっているようです」と指摘されたポントン氏は、猫の姿のまま驚いた様子でキョロキョロした後、「聞こえますか?」。「アシスタントが(フィルターを)外そうとしてくれているんですが、どうやったら外れるのか分かりません」と説明。「このまま行きます。ライブでちゃんとここにいますよ。私は猫じゃありません」と続けた。

このやりとりは40秒ほど続いたが、最終的にポントン氏はフィルターを外すことができ、裁判は無事に始められたようだ。ファーガソン裁判官は、「教育目的」でこのやりとりをツイッターとYouTubeで公開。「お子さんがパソコンを使った後にバーチャル聴聞会に出席する場合、フィルターが外れていることを確認しましょう」とツイートしている。

ポントン氏は米CNNの取材に答え、猫のフィルターがかかってしまった経緯はよく分からない、と話した。ミーティングが始まる前にチェックした際には、問題なく自分の顔が映し出されたとCNNに説明している。

Zoomにはない猫フィルター

こうしたハプニングを受けてか、Zoomのヘルプ・センターには、「猫のフィルターを外すには」というヘルプページが開設されている。「フィルターを使うのは楽しいですが、真剣な会議ではcat-astrophe(catastrophe=大惨事)になりかねません」として、フィルターの外し方を説明している。

matumaru0216b.jpg

あのフィルターをZoomで探した、という人も少なくないかもしれない。ところがこの猫のフィルターは、Zoomでは見つからないようだ。

CNNが調べたところ、ポントン氏が誤って使った猫のフィルターは、デルの古いタイプのパソコンに付いていた、ウェブカメラ用のソフトウェア「Webカメラ・マネージャー」に備わる「Live! Cam Avatar」というツールだった。

デルの説明書によると、このツールを使えば、有名人や動物などをアバターとして使えるようになる。ユーザーの頭や口の動きに合わせて、アバターの頭や口も動くという精巧な作りだったようだ。あの動画でも、ポントン氏の目や口の動きに合わせ、まるで本当に猫がしゃべっているかのような動きを見せていた。

とはいえCNNは、最近のデルのパソコンには入っていないツールであるため、見つけるのは難しいだろうとしている。確かに、ポントン氏があの日に使用した秘書のパソコンは、10年くらい前のものだという。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

円は「最弱通貨」維持か、米金利動向が鍵=来週の外為

ワールド

世銀、ミャンマーへの資金拠出を停止 事態を注視

ビジネス

午後3時のドル106円前半、米長期金利変動で振れる

ワールド

緊急事態宣言、6府県先行で「条件付き解除」=西村再

RANKING

  • 1

    免疫機能調整で注目のビタミンD、取り過ぎるくらいが…

  • 2

    5歳にして3カ国語操る子供──マルチリンガルだらけ、…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    英語でよみがえる異色の女優・作家、鈴木いづみ伝説

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    免疫機能調整で注目のビタミンD、取り過ぎるくらいが…

  • 5

    5歳にして3カ国語操る子供──マルチリンガルだらけ、…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 5

    「不適切発言をしたらクビ」が常識の、昨今のハリウ…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!