最新記事

医療

避妊は2人の問題──男性用ピルが薬局で買える日

A Promising “Male Pill”

2019年4月17日(水)13時00分
カシュミラ・ガンダー

研究者は避妊医療のさらなる発展を目指している TANYA_JOY/ISTOCKPHOTO

<安全で確実な新しい選択肢を男性用経口避妊薬の開発が進む>

あと10年もすれば、男性用の経口避妊薬(ピル)を薬局で買えるようになるかもしれない。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のロサンゼルス・バイオメディカル研究所とワシントン大学の共同研究チームが3月下旬の内分泌学会で発表した研究によると、精子の生成に大きな影響を与えるホルモンを抑制する男性用ピル「11-beta-MNTDC」の臨床試験が進んでいる。

28日間毎日服用した被験者に副作用はほとんどなく、服用をやめると精子の生成に支障はなくなった。ただし、実際に避妊できるかどうかは、さらなる検証が必要だ。

薬の成分はアンドロゲン(男性ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)双方の特徴を持つ「変性ホルモン」で、睾丸と精子の生成をつかさどるホルモン、すなわち内因性テストステロンとゴナドトロピン(性腺刺激ホルモン)を抑制する。

「2つのホルモンの活動を1つに結び付け、性欲は維持しながら精子の生成を減らすだろう」と、UCLAデービッド・ゲフェン医学部教授のクリスティーナ・ワンは言う。「安全でありながら服用を中止すれば効果もなくなる、ホルモン剤による男性用避妊薬が、10年ほどで実用化されるはずだ」

臨床試験には18~50歳の健康な男性40人が参加した。うち30人が11-beta-MNTDCを服用(14人は200ミリグラム、16人は400ミリグラム)。残り10人は対照実験のコントロールグループとして偽薬を服用した。

40人とも28日間連続で薬を服用した。1日目と28日目に血液を採取されたほか、気分や、実験の開始時と終了時の性的機能などに関する質問に答えた。

注入型や貼り薬も登場?

ワシントン大学医学部教授のステファニー・ペイジは次のように説明する。「11-beta-MNTDCは体内の他の場所ではテストステロンに似た作用をするが、睾丸内では精子の生成を促すだけの十分な濃度に達しない」

研究チームによれば目立った副作用も見られず、被験者全員が所定の量を服用し続けることができた。数人に疲労感や頭痛、にきびがみられたが、深刻な影響はなかった。

性欲減退を経験した人が5人、軽度の勃起障害が2人いたが、いずれもホルモン剤に伴う通常の副作用の範囲だと、研究チームは考えている。

体重の増加は見られた。偽薬のグループが平均0.6キロ、200ミリグラム服用のグループが平均1.3キロ、400ミリグラム服用のグループが平均1.9キロ、それぞれ増えた。

ニュース速報

ワールド

英首相に早期辞任圧力、離脱協定案巡り与党内で強い反

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に支払われている

  • 2

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠写真

  • 3

    パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポニスム2018」の立役者たち

  • 4

    利他の心に立つ稲盛和夫が活用する京都の日本庭園「…

  • 5

    日本人の英語が上手くならない理由 『日本人の英語…

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    京都を愛したデヴィッド・ボウイが涙した正伝寺の日…

  • 8

    ロシア爆撃機がアラスカに接近、米戦闘機がインター…

  • 9

    「作り物」のクイーン賛歌は、結局本物にはかなわない

  • 10

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 1

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

  • 5

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 9

    トランプの言うことは正しい

  • 10

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 5

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    金正恩の「最愛の妹」身辺に異変か......「米朝決裂…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月