最新記事

世界経済入門2019

仕事を奪うAIと、予想外の仕事を創り出すAI

HOW AI CREATES JOBS

2018年12月27日(木)17時00分
ケビン・メイニー(本誌テクノロジーコラムニスト)

コンサルティング会社のマッキンゼーは、8年以内に全トラックの3分の1が自動運転車になると予想している。つまり、ドナルド・トランプ米大統領の在任中に百数十万もの運転手がAIに仕事を奪われる可能性があるわけだ。15年後には「トラック運転手」という職業自体が過去の遺物となっていてもおかしくない。

著名なAI研究者でスタンフォード大学のスリア・ガングリは、順調にいけば5年以内に、AIが医療の画像診断や司法の判例調査という作業で人間をしのぐだろうと予想する。

ホーキンズも、いずれは「偉大な数学者」のようなマシンが登場すると予測している。「定理の証明や数学的構造の解明に挑み、麗しき高次元空間を頭の中で思い浮かべるのが数学者だが」と、彼は言う。「それは必ずしも『人間的』な仕事ではない。むしろ、そういう仕事のためのマシンを設計したほうがいい。そうすれば初めから数学的な世界に生き、数学的な行動を取り、人間の100万倍のスピードで働いても疲れを知らない究極の数学者を作り出すことができるだろう」

あなたが数学者やトラック運転手でなくても、機械的で単調な仕事に就いているならば、10年後には「過去の遺物」になりかけている可能性が高い。その手の雇用は徐々に失われ、いずれは博物館行きとなるだろう。真っ先に消滅しそうなのは、大学に行かなくても就けるような仕事。トラック運転手やウエーター、工場労働者やオフィスの事務員などだ。

その後は、いわゆる知識労働者にも危機が迫る。例えば簡単な会計業務はソフトウエアに取って代わられるだろう。単純で定型的な文書作成業務もそうだ。既にブルームバーグでは、決算報告書の作成をAIソフトに委ねているという。

医者も安泰ではない。未来の患者は、まずスマートフォンでAIドクターに相談する。症状を説明し、患部の写真でも送れば、AIが初期診断を下し、市販薬を飲むか専門医にかかるかの助言もしてくれるだろう。

言うまでもないが、初歩的なAIは何十年も前から存在している。グーグルの検索エンジンが極めて正確なのはAIをベースに構築されており、何十億件という検索結果から学習しているから。フェイスブックがあなたのニュースフィードに、あなたが好きそうなものを送ってくるのもAIを活用しているからだ。

しかしAIがトラックを運転したり、患者の診断を行ったりすることを可能にするには、まだ何かが足りない。例えば膨大な量のデータ(いわゆるビッグデータ)を瞬時に解析し、AIソフトに学習させる能力だ。

【参考記事】トランプ「給料を高く高く高く」政策の成績表 米経済の不安材料は?

ニュース速報

ビジネス

米インフレなお低水準、緩和策「当面」必要=SF連銀

ビジネス

米ヘッジファンドのファラロン、東芝が投資戦略で「変

ワールド

原油市場、不確実性後退し良好 リスクは存在=OPE

ビジネス

米下院、「近い将来」最低賃金引き上げ案審議へ=院内

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 2

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 3

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

  • 4

    赤ちゃんの手足が真っ青に──コロナ関連小児多臓器症…

  • 5

    バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

  • 6

    なぜドラえもんの原っぱには「土管」がある? 東京の「…

  • 7

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 8

    新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

  • 9

    人民元は2021年中に基軸通貨になるのか?

  • 10

    バブルは弾けた

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 4

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 5

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 6

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 9

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 10

    トルコ宗務庁がトルコの有名なお土産「ナザール・ボ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月