最新記事

観光

北海道ガーデン街道の中でも「特別」な、あのガーデンに行くべき理由

2018年3月22日(木)13時23分
Pen Magazine International

Photos: Pen Magazine International

<大自然を生かした庭園をハシゴする観光客が後を絶たない「北海道ガーデン街道」。その中で異彩を放つ帯広の「紫竹ガーデン」は、あるひとりのマダムが作った>

北海道の大雪〜富良野〜帯広をつなぐ、全長約250kmにわたる「北海道ガーデン街道」をご存じだろうか。上野ガーデンや風のガーデンなど、名庭で知られる8つの庭園を結ぶラインのことだ。

penintl180322-2.jpg

ハイシーズンともなれば、北海道ならではの大自然を生かした庭園をハシゴする観光客が、連日後を絶たない。その中でも、帯広にある「紫竹ガーデン」は特別だろう。

整然と植え込まれた多くの庭園とは異なり、1500坪の敷地は、まるで野山を歩いているような感覚になる。季節ごとに咲き乱れる野趣あふれる花々は、しっかり手入れされながらも、なんだか自由だ。

penintl180322-3.jpg

紫竹ガーデンには、花を愛でるだけでなく、名物オーナーを"愛でる"楽しみがある。オーナーの紫竹昭葉(しちく・あきよ)さんは、御年90歳。開園中に庭をのんびりと歩いたり、ちょこんと椅子に腰掛けたり。そんな昭葉さんのまわりには、すこしでも「お話をしたい!」と、観光客たちがずらりと列を成す。

咲き乱れる花に負けない個性と魅力を放つマダム。その魅力は、Penの国際版ウェブサイト「Pen Magazine International」で公開されている。

penintl180322-4.jpg

紫竹ガーデンが生まれたきっかけは、長く連れ添った夫を亡くし何年も悲しみに暮れていた昭葉さんに、娘が呟いた一言だった。「お父様は、お母様のことを、明るい太陽やヒマワリのような人だよねって、いつも言ってたよね」と。その言葉で、昭葉さんは悲しみから覚め、自分らしく生きようと決意した。

penintl180322-5.jpg

そして、自身がイメージする北海道の美しい野原をつくろうと考えたという。そう、お花畑ではなく「野原」。そうして林ができ、森になって、そして自然に花で溢れた。

北国の北海道にも、もうすぐ春が訪れる。紫竹ガーデンを散歩する昭葉さんに会いに行こう。

※ドキュメンタリームービーはこちらで見られます。

※当記事は「Pen Magazine International」からの提供記事です。
Pen Magazine International

【お知らせ】
ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮情勢から英国ロイヤルファミリーの話題まで
世界の動きをウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

豪中銀総裁、マイナス金利導入の可能性「極めて低い」

ワールド

韓国中銀、予想通り25bp利下げ 過去最低の0.5

ビジネス

日産自株が急騰、3社連合の新たな経営計画を好感か

ビジネス

日産、バルセロナ工場を閉鎖へ=スペイン紙

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 5

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 8

    「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

  • 9

    コロナ禍で予想外なほどルール遵守のイギリス人に驚き

  • 10

    ノーベル賞受賞者が異を唱える──政府は、疫学者の予…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月