最新記事

育児

「できた!」から始まる学びのサイクル。教育界の最先端がつまった幼児教室

PR

2017年3月15日(水)18時30分

現場に立つ講師であり、カリキュラムの開発にも関わる降旗敏江さん(右)と山岡直美さん(左)。

dorakidsTU170315-logo.jpg<日本の教育が大きく変わろうとしているいま、我が子の将来を考える親が選ぶべき幼児教室とは?>

教育改革のカギを握るアクティブ・ラーニング

文部科学省が検討を進める「高大接続システム改革」の一環として、2021年には大学入試が大改革されることが決定的だ。従来のマークシート式のセンター試験は廃止され、新たに受験者の思考力や判断力、表現力を重視する「大学入学希望者学力評価テスト(仮)」の導入を予定。各大学の入試についても、従来の知識偏重から、学生の主体性や多様性、協働性といった能力への評価に重点を置く改革が促されている。

それら大改革のキーワードとなるのが、近年の教育界に定着しつつある「アクティブ・ラーニング」と呼ばれる学習法だ。教員から生徒に一方的な知識の伝達がされてきた旧来の教育に対し、アクティブ・ラーニングではまず、教員と生徒がともに刺激を与えながら知的に成長する「場」を創造し、生徒が主体的に問題やその解を発見していく。従来型の受動的な学習とは一線を画すこうした「能動的な学び」への転換は、我が国の課題である"
グローバル人材の育成"という面でも大きな注目を集めている。

dorakidsTU170315-1.jpg

授業では褒めることを重視。「できた」喜びが自信となる。

最先端メソッドが拓く幼児教室の可能性

「日本の教育が大きく変わる」。そんな動向を背景に、今回、カリキュラムをリニューアルさせたのが、30年の歴史を誇る小学館の幼児教室『ドラキッズ』。ドラキッズは、イオンをはじめ全国のショッピングモールなどに約200の教室を展開。講師2名に対して1クラス最大12名という少人数制、大手出版社ならではのオリジナル学習教材や、個々の子どもが持つトータルな能力を伸ばす独自のカリキュラムが評判の幼児教室だ。

「これまでもドラキッズでは、言葉や文字、数字などの学習に加え、心育てや社会性、自己表現能力などを伸ばすことを大切にしてきました。そうしたベースは変えず、アクティブ・ラーニングやプレイフル・ラーニングといった手法を導入し、お子様がより能動的に学べるカリキュラムに変更したのが今回のリニューアルのポイントです」

そう話すのは、教室の運営母体である小学館集英社プロダクション・エデュケーション事業部の降旗敏江さん。元小学校教諭の降旗さんは、現場に立つ講師でもあり、今回のリニューアルにも深く関わった。

「プレイフル・ラーニングはアクティブ・ラーニングの基礎となるような考え方。脳科学的にも子どもは楽しいと感じたときに最も色々なことを発見・吸収すると言われています。ですから、たとえば満1歳から2歳のクラスでは、お子様が楽しいと感じられる場面や環境をより多く整えてあげて、そのなかでたくさんの「できた!」という経験を得てもらう。そうした体験を「もっとやってみたい」「もっと知りたい」という能動的な学びへと繋げていくのが、ドラキッズメソッドの考え方です」

dorakidsTU170315-5.jpg

ニュース速報

ビジネス

英中銀、時間をかけず段階的に利上げすべき=ソーンダ

ビジネス

日産、22年度までに国内でEV3車種・eパワー搭載

ビジネス

5月の英利上げ確率が40%に低下、英中銀総裁発言で

ビジネス

放送改革で政府会合、座長「4条撤廃に焦点絞った議論

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能潜水艦が見つかる 

  • 3

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 4

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 5

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 6

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    米中貿易戦争は中国に不利。習近平もそれを知ってい…

  • 9

    ナゾの天体「オウムアムア」の正体 これまでに分か…

  • 10

    怖くて痛い虫歯治療に代わる、新たな治療法が開発さ…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    アメリカの2度目のシリア攻撃は大規模になる

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    フェイスブックはなぜ全米を激怒させたのか

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 8

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 9

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 10

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    金正恩がトランプに懇願か「あの話だけはしないで欲…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月