最新記事

育児

周囲の人たちをハッピーに導く、美しい歩き方とダイエットの関係

PR

2017年3月21日(火)15時00分

babybjornTU170315-2b.jpg
ラクローズ響子 ポスチュアスタイリスト®
ポスチュアウォーキング協会®認定のポスチュアスタイリスト®。首都圏のスタジオやカルチャーセンターなどでレッスンを開催。産後のママ向けに「産後ダイエットウォーキングレッスン」も行っている。
ポスチュアウォーキング協会®  http://www.posture.co.jp/
産後ダイエットウォークキング http://www.posturewalking.jp/sango/

母親がきれいになることを後回しにしてはいけない

深井 先日、複数のママと話をする機会がありました。そこで感じたことは、抱っこしているときの自分の姿勢に対して、意識している人が意外と少ないということ。同時に赤ちゃんの抱っこの仕方についても、気にしている人はどちらかというと少数派でした。

ラクローズ 皆さん、自分のことを意識する余裕がなくて。自分がきれいでいることが、周囲をハッピーにさせることに気付いていないのです。子どもはママを見て歩き方を学ぶので、まずはママがきれいに歩きましょうと伝えています。ママがきれいになることを後回しにしてはいけませんね。

深井 ママは子どもが自分のお腹にいるときから、生まれてくるのを待っていて、生まれた後はすべてのエネルギーを子どもに注いでしまう。そこでふと立ちどまって、自分にもご褒美を上げることは必要なことだと思います。

ラクローズ 自分の姿勢に意識が向くと、赤ちゃんを抱っこして散歩するときでも、赤ちゃんのためではなく自分磨きの時間になります。自分を磨くためという意識が、あるのとないのとでは大きな違いがあります。

深井 スウェーデンでは、育児休暇を取得していても保育園に子どもを無料で預けられる制度があります。その目的は、夫婦だけの時間を過ごすため。女性としての自分を取り戻すことができるのは、とても元気になれると、スウェーデンのママたちはいっています。

ラクローズ レッスンでそのようなことを話すと、じゃあ私もきれいになっていいんだって、ハッとされる人が多いですね。そこに気付くだけでも大きな一歩。それが子どものためになり、家族のためにもなるのです。

姿勢は名刺のようなもの。忙しい人ほど正しい姿勢を

ラクローズ 抱っこひもを正しく装着すると美しい姿勢をつくることができるのは、赤ちゃんを抱っこすると、普通に歩くときよりも負荷がかかるからです。筋力が付きやすくなってポスチュアウォーキング®の効果も高まります。赤ちゃんが小さい頃は、胸くらいの高い位置で密着すると体重が軽く感じます。赤ちゃんの額にキスできるキッシングポジションは、コミュニケーションを図ることのできる基本の姿勢ですね。

深井 ベビービョルンの抱っこひもも、赤ちゃんにとって最良の抱っこができるように考えられています。正しく抱っこするとママにとってはラクだし、赤ちゃんとの絆づくりや愛情形成にも役立つようにデザインされています。アプローチは違うものの、結果的に赤ちゃんがハッピーになるという点では同じですね。

ラクローズ ベビービョルンの製品は正しい抱っこをするために、どんな工夫をされているのですか。

深井 スウェーデンでも、体型の異なるパパとママがひとつの抱っこひもを使うので、抱っこひもを装着した後でも細かい調整が片手でできるようにしています。装着したときにゆるくても、ベルトを引っ張ると赤ちゃんは高い位置へ押し上げられて密着します。

ラクローズ 赤ちゃんがフィットしているとママのスタイルもよく見えます。レッスンを受けられた人の感想で最も多いのは、抱っこがすごくラクになったという声です。ポスチュアウォーキング®は1日の中の少しの時間を使うだけで十分。赤ちゃんを抱っこしている間だけでも効果があります。

深井 毎日が家事や育児に追われているママが多い中、抱っこするときだけポスチュアウォーキング®で気分がリフレッシュできるというのはいいですね。前向きな気持ちで気分をリセットできるのはとてもよいことだと思います。

ラクローズ そもそも抱っこや歩くことは辛いもの。それをいかに楽しく自分磨きの時間にできるかどうか。その結果、姿勢がきれいになれば文句はありません。姿勢というのは、名刺を配って歩いているようなもの。忙しいママこそ、意識してほしいですね。

深井 抱っこひもを使い始めるときにレッスンを受けるのが、いいタイミングなのかもしれませんね。本日は興味深い話を聞かせてもらい、ありがとうございました。

babybjornTU170315-3b.jpg
深井 誠 ベビービョルン株式会社代表取締役社長
1961 年設立のスウェーデンのベビー用品ブランド、ベビービョルンを展開。抱っこひも(ベビーキャリア)とバウンサーをメインに、安全性、品質、スタイルという3 つのこだわりを重視した商品を取り扱っている。

●問い合わせ先 ベビービョルン株式会社
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-15-7 AUSPICE内神田2F TEL.03-3518-9980

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 3

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 4

    「土に触れると癒される」メカニズムが解明される

  • 5

    エジプトのモルシ前大統領、法廷で倒れ非業の死

  • 6

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    日本の神様の名前は、なぜ漢字なのか、どんな意味が…

  • 9

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 10

    米イラン戦争が現実になる日

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 7

    日本の重要性を見失った韓国

  • 8

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 9

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 8

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月