最新記事
アーティスト

大事な部分を髪で隠しただけ...マドンナ娘、新曲MVでもヌード披露 「似たもの親子」と批判の声も

2023年10月16日(月)17時45分
千歳香奈子
ローデス・レオン

ローデス・レオン(4月19日、ニューヨーク) lev radin-Shutterstock

<母マドンナの1998年の楽曲「Frozen」にインスパイアされたという新曲「Spelling」のMVを公開したローデス・レオン。ダークな雰囲気と激しい踊りの末に「最大の見せ場」が──>

Lolahol名義で昨年歌手デビューしたローデス・レオンが、10月11日に母マドンナにオマージュを捧げた新曲「Spelling」のミュージックビデオ(MV)を公開し、一瞬だがヌードも披露して「似たもの親子」と話題になっている。

【動画】ダークで官能的...ローデス・レオン、新曲MVで披露した「網衣装」「一瞬ヌード」が話題に

ダークで官能的な世界観を表現したMVは、ポップスター・マドンナが1998年にリリースした楽曲「Frozen」にインスパイアされたものだとローデスは明かしており、マドンナのゴシックなルックやビジュアルを再現し、いくつかのシーンで直接的なオマージュが捧げられている。

 

前半では、黒い衣装を身にまとったローデスが霧に包まれた森で宙を舞っている。その後、コウモリに変身し、さらに露出度の高い衣装で森の中を這うローデスが今度はドーベルマンへと姿を変える。後半ではメッシュのスケスケ衣装を着たローデスが野原で女性ダンサー2人と共に激しく踊る挑発的なダンスを披露しており、長い黒髪で大事な部分を隠しただけのヌードもチラ見せしている。

「この親にしてこの子あり」との批判も

インスタグラムにMVのビジュアルを投稿したローデスは、「この曲はとても特別です。母による不屈の芸術作品『Frozen』へのオマージュとなっています。この曲は私の人生の中で何度も登場し、私たちを結び付けてきました。私をこの世に生み出してくれた女性がいなければ、私は存在していません。私は彼女を深く尊敬しており、それが表現できていることを願っています」と母への思いを綴っている。

YouTubeには「感銘を受けた」「クールで芸術性がある」「傑作。あなたの母親はとても誇りに思っているはず」「母親への感謝の手紙のよう」と称賛のコメントが寄せられているが、SNSでは「この親にしてこの子あり」との批判の声も上がっている。

音楽や芸術性において母親のDNAを受け継いでいるとの声がある一方、デビュー曲「Lock & Key」では全裸に縄を巻いただけの姿を披露するなどマドンナにも勝る過激なスタイルを度々披露してきただけに、セクシーなルックスや露出度の高いファッションにおける母親の影響を感じ取ったファンも少なくない。

X(旧ツイッター)には、「母親は下劣な露出狂」との書き込みもあり、似たもの親子だと指摘するユーザーが多くいる。かつてのインタビューで、「母親と同じ道に進む気はない」と明言していたローデスだが、やはり血は争えない!?

[筆者]
千歳香奈子
北海道・札幌市出身。1992年に渡米し、カリフォルニア州サンタモニカ大学で写真を学ぶ。96年アトランタ五輪の取材アシスタントとして日刊スポーツ新聞社アトランタ支局に勤務。ロサンゼルス支局、東京本社勤務を経て99年よりロサンゼルスを拠点にハリウッドスターら著名人へのインタビューや映画、エンターテイメント情報等を取材、執筆している。日刊スポーツ新聞のサイトにてハリウッド情報や西海岸のトレンドを発信するコラムも寄稿中。著書に『ハリウッド・セレブ』(学研新書)。

202404300507issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年4月30日/5月7日号(4月23日発売)は「世界が愛した日本アニメ30」特集。ジブリのほか、『鬼滅の刃』『AKIRA』『ドラゴンボール』『千年女優』『君の名は。』……[PLUS]北米を席巻する日本マンガ

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


レディース シースルーランジェリー【アマゾンでお買い得】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

景気判断「緩やかに回復」据え置き、自動車で記述追加

ビジネス

英総合PMI、4月速報値は11カ月ぶり高水準 コス

ビジネス

ユーロ圏総合PMI、4月速報値は51.4に急上昇 

ワールド

中国、原子力法改正へ 原子力の発展促進=新華社
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 2

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の「爆弾発言」が怖すぎる

  • 3

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバイを襲った大洪水の爪痕

  • 4

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 5

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 8

    冥王星の地表にある「巨大なハート」...科学者を悩ま…

  • 9

    「なんという爆発...」ウクライナの大規模ドローン攻…

  • 10

    ネット時代の子供の間で広がっている「ポップコーン…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 5

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 6

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 7

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 8

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 9

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 10

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中