最新記事

K-POP

世界で最も稼いだK-POPスター第1位は? BTSメンバーなどランクインの顔ぶれと、驚きの資産額

2023年5月27日(土)10時58分
クラリッサ・ガルシア
BTSメンバー

BTSメンバー(ワシントン、2022年5月) Leah Millis-REUTERS

<続々と新しいグループが誕生し、世界を席巻するK-POPだが、最も多くの資産を築いたスターたちは誰なのか>

K-POPが世界各国で人気を博し、韓国アーティストの活躍はこの数年、世界的な現象となっている。高いアルバムセールスを記録し、世界的なコンサートや広告出演を行う彼らは今や、想像を超える高収入を得る存在となった。セレブリティ・ネット・ワースが発表したデータを見ると、そのなかでも最もリッチなK-POPスターたちが分かる。

■【写真】最もリッチなK-POPスターランキング1~15位 トップはBTSでもBLACKPINKでもなく...

2022年に26カ国を対象に行われた調査では、約46%の人々がK-POPが自国で「非常に人気がある」と答えた。その中でも近年、特に人気の高いK-POPスターの代表格であり、高収入を得ているのは、男性ならBTS、女性ならBLACKPINKだろう。

ともに多様な音楽で人々の心をとらえ続けているが、グループやソロでの音楽活動にとどまらず、メンバーそれぞれが様々な企業との契約からも収入を得ている。例えばBLACKPINKのメンバーであるジェニーは、2018年にリリースしたソロデビューアルバム『Solo』が韓国チャートで2位にランクインし、シングル『Solo』は韓国と米国のワールドチャートで1位を獲得した。

同グループのリードボーカルとビジュアル担当のジスは、ソーシャルメディアのインフルエンサーでもあり、Instagramのフォロワーは7200万人を超える。ディオールやカルティエのブランドアンバサダーにも選ばれている。

またBTSのメンバーであるジミンのソロアルバム『FACE』は、発売初日に102万1532枚を売り上げ、「ビルボード200」チャートで2位を記録。同グループのメンバーであるジョングクは、マクドナルド、ヒョンデ(現代自動車)、サムスン、ルイ・ヴィトンなどのグローバルブランドとコラボレーションするなど、収入源は幅広い。

収入源は芸能活動や企業とのコラボだけではない

こうした芸能活動だけでなく、そこで築いた資産をもとにさらなるビジネスに乗り出して成功しているK-POPスターたちもいる。例えばベテラン歌手のピ(本名チョン・ジフン)は、韓国・清潭にある商業ビルを、購入価格の3倍以上で売却。妻のキム・テヒと共に、韓国ではセレブ不動産王として知られている。

BIGBANGのボーカル兼ダンサーであるソルも、不動産やYGエンターテインメントへの投資、30曲以上の楽曲の印税から資産を築いており、2017年には不動産投資だけで推定4760万ドルの収入を得たとされる。

このように、世界的な人気を背景にした本業に加えて事業や投資でも莫大な資産を築くK-POPスターたち。それでもセレブリティ・ネット・ワースによれば、最も多くの純資産を保有するのは今を時めくBTSでもBLACKPINKでもなく、K-POPがアメリカで認められる道を『江南スタイル』で切り開いた、パイオニアとも言うべきPSYだという。

*誤った写真を掲載していたため訂正しました。(5月27日11時42分)


【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

英国防相、中国がロシアにウクライナ戦向け殺傷兵器供

ビジネス

シンガポールGDP、第1四半期は前年比2.7%増 

ワールド

OPECプラス、第3四半期も減産継続へ=シティ

ビジネス

米ボーイング、中国向け航空機納入に遅れ 当局の調査
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結果を発表

  • 2

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 3

    「目を閉じれば雨の音...」テントにたかる「害虫」の大群、キャンパーが撮影した「トラウマ映像」にネット戦慄

  • 4

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 5

    高速鉄道熱に沸くアメリカ、先行する中国を追う──新…

  • 6

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 7

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 8

    魔法の薬の「実験体」にされた子供たち...今も解決し…

  • 9

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 10

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 10

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中