最新記事

米社会

セレブが投稿した子供たちの写真に、「不自然」「気持ち悪い」とのコメントが殺到

Jessie James Decker's Ripped Kids Backlash Slammed by Trainer: 'Very Wrong'

2022年12月3日(土)13時20分
シモーネ・カーター

ジェシー・ジェームス・デッカー(左、2015年6月) Eric Henderson-Reuters

<子供たちが妙に筋肉質だとして「画像修正」などの声が上がったが、他人の肉体を中傷するのはボディシェイミングだと専門家が批判>

カントリー歌手ジェシー・ジェームス・デッカーがSNSに投稿した、自身の子どもたちの写真が物議をかもしている。子どもたちの肉体が妙に引き締まり、筋肉の筋が浮き出して見えることから、彼女が「子どもたちの腹筋がくっきり見えるように写真を加工した」と非難する声が上がったのだ。

■【写真】不自然? 「画像修正だ」などと批判されたデッカーの子供たちの写真

彼女の投稿に対するコメントには「うらやましい筋肉だ」「トレーニング法を教えてほしい」といった好意的なものもあったが、「何の(写真加工)アプリを使ったの?」「子どもにこんな腹筋はない。気持ち悪く見える」「あまりに不自然」といった批判的なものも多く寄せられた。

これを受けてデッカーは子どもたちの体が映った別の動画を投稿することで、加工などしていないことを証明した。フィットネス系のあるインフルエンサーは、デッカーの投稿に対する批判を「ひどく間違った行為」だと非難している。

米人気番組「ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ」の最新シーズンへの出演でも話題のデッカーは、インスタグラム上でこの問題に言及。子どもたちの動画を投稿し、子どもたちの体つきはデジタル修正したものではなく、自然なものだと証明した上で、「修正(加工)だ」と騒いだ人々を「どうかしている」と強く非難した。

この問題についてフィットネスモデル兼コーチのケイティー・コリオは本誌に対して、デッカーの子どもたちの引き締まった体つきをめぐる議論は、(他人の外見や体型について馬鹿にしたり批判したりする)ボディシェイミングと同種の偏見だと批判。本当の自分の体を「不自然」などと言われた子どもたちが受けるであろう苦痛を懸念し、どれだけ引き締まった体つきになるかには遺伝的な要素が大きく影響すると説明した。

「何が普通か」を決めつけるべきではない

「もともと筋肉質で、筋肉の輪郭などがくっきり浮き出ている人もいれば、そうでない人もいる」と彼女は述べ、さらにこう続けた。「全ては遺伝的な要素と、どんなことをしているかによって決まる。体型を変えるためのトレーニング法は数多くある」

デッカーはソーシャルメディアへの投稿の中で、子どもたちは体操やダンスなどの活動に参加していて運動量が多い傾向にあるし、父親がNFL(全米プロフットボールリーグ)の元選手であると説明した。

「体について何を普通とするのか、選り好みをするのはやめて、全ての人や子どもたちを受け入れよう」と彼女は書き、さらにこう続けた。「もっといい自分になりたいなら、もっといい行いをしよう」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:チャットGPT人気につられ中国でAI関連

ワールド

独仏、米高官と補助金巡り協議 透明性確保で合意も具

ワールド

バイデン米大統領、一般教書演説で共和党に協力呼びか

ワールド

中国が電話協議を拒否、偵察気球巡り=米国防総省

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月