最新記事

セレブ

代理出産なのになぜ!? クロエ・カーダシアン「新生児とのベッド写真」に困惑広がる

Khloe Kardashian Called Out for Photos in Hospital Bed With Newborn Son

2022年9月24日(土)16時30分
エマ・メイヤー
クロエ・カーダシアン

クロエ・カーダシアン(中央) Danny Moloshok-Reuters

<まるで出産を終えたばかりのように病院のベッドで新生児と一緒にいる写真を公開したクロエ・カーダシアンだが、代理母出産のはずでは?>

9月22日から配信が始まったリアリティ番組『カーダシアン家のセレブな日常』シーズン2。エピソード1では、クロエ・カーダシアンが生まれたばかりの息子を抱いている様子が紹介されたが、赤ちゃんと一緒に病院のベッドで撮影された一連の写真に、一部のファンから怒りの声が上がっている。彼女が抱いている男の子は、代理母によって生まれた子だからだ。

■【写真】なぜ出産したかのような写真を? と人々を困惑させたクロエの写真

カーダシアン(38)は番組の中で、元恋人のトリスタン・トンプソンが別の女性との間に子どもをつくったことを知る前に、代理母を通じて2人目の赤ちゃんを持つプロセスを始めていたことを明かす。トンプソンの浮気についてはもう忘れて、新しく生まれた赤ちゃんを歓迎していきたいと語った。

番組では、カーダシアンが分娩室で代理母の出産に立ち会い、生まれた男の子を腕に抱く様子を撮影した動画(姉のキムが携帯で撮影)が紹介された。

これとは別に、カーダシアンが病院のベッドに横たわって赤ちゃんを抱いている様子を撮影した動画が紹介されたが、これが一部の視聴者の怒りを買った。子育て世代に人気の掲示板サイト「マムズネット」やツイッターのユーザーからは一様に、自分が出産した訳でもないのに病院のベッドで写真を撮るのはおかしい、という声が上がった。

「彼女はいつ妊娠したんだっけ?」

マムズネットのあるユーザーは、「クロエ・カーダシアンが生まれたばかりの息子と一緒に病院のベッドにいる様子が紹介されている」と書き込み、さらにこう続けた。「問題は、彼女が代理母を使ったことだ。男性が女性の存在を消そうとするのも十分にひどいが、女性が写真から生みの母の存在を消し去ろうとするなんて。本当に気分が悪い」

別のユーザーは、「彼女が赤ちゃんと一緒にベッドにいる写真をネットで見た時、彼女はいつ妊娠したんだっけ? と思った。その後、代理母を使ったことを思い出した」と述べ、こうつけ加えた。「実際に赤ちゃんを産んだ女性はきっと素敵な個室にいると思うけれど、それでもこれにはいい印象を持てない」

ツイッター上でも同じような議論が交わされた。あるユーザーは、次のように書き込んだ。「代理母を通じて親になったのに、生まれたばかりの赤ちゃんを抱いて病院のベッドで写真を撮るなんておかしい。まったく必要がないことだ。ただ新生児用のベッドに寝ている赤ちゃんの写真を投稿すればよかったのに」

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇、利回り上昇や消費者信頼感の

ビジネス

米国株式市場=ナスダックが初の1万7000突破、エ

ビジネス

米住宅価格指数、3月は前年比6.7%上昇 前月比で

ビジネス

米CB消費者信頼感、5月は102.0 インフレ懸念
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
2024年6月 4日号(5/28発売)

強硬派・ライシ大統領の突然の死はイスラム神権政治と中東の戦争をこう変える

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    中国海軍「ドローン専用空母」が革命的すぎる...ゲームチェンジャーに?

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    メキシコに巨大な「緑の渦」が出現、その正体は?

  • 4

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 5

    汎用AIが特化型モデルを不要に=サム・アルトマン氏…

  • 6

    プーチンの天然ガス戦略が裏目で売り先が枯渇! 欧…

  • 7

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 8

    なぜ「クアッド」はグダグダになってしまったのか?

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    コンテナ船の衝突と橋の崩落から2カ月、米ボルティモ…

  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 7

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 8

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 9

    中国海軍「ドローン専用空母」が革命的すぎる...ゲー…

  • 10

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などできない理由

  • 4

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 5

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 6

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 8

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 9

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

  • 10

    どの顔が好き? 「パートナーに求める性格」が分かる…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中