最新記事

セレブ

代理出産なのになぜ!? クロエ・カーダシアン「新生児とのベッド写真」に困惑広がる

Khloe Kardashian Called Out for Photos in Hospital Bed With Newborn Son

2022年9月24日(土)16時30分
エマ・メイヤー

クロエ・カーダシアン(中央) Danny Moloshok-Reuters

<まるで出産を終えたばかりのように病院のベッドで新生児と一緒にいる写真を公開したクロエ・カーダシアンだが、代理母出産のはずでは?>

9月22日から配信が始まったリアリティ番組『カーダシアン家のセレブな日常』シーズン2。エピソード1では、クロエ・カーダシアンが生まれたばかりの息子を抱いている様子が紹介されたが、赤ちゃんと一緒に病院のベッドで撮影された一連の写真に、一部のファンから怒りの声が上がっている。彼女が抱いている男の子は、代理母によって生まれた子だからだ。

■【写真】なぜ出産したかのような写真を? と人々を困惑させたクロエの写真

カーダシアン(38)は番組の中で、元恋人のトリスタン・トンプソンが別の女性との間に子どもをつくったことを知る前に、代理母を通じて2人目の赤ちゃんを持つプロセスを始めていたことを明かす。トンプソンの浮気についてはもう忘れて、新しく生まれた赤ちゃんを歓迎していきたいと語った。

番組では、カーダシアンが分娩室で代理母の出産に立ち会い、生まれた男の子を腕に抱く様子を撮影した動画(姉のキムが携帯で撮影)が紹介された。

これとは別に、カーダシアンが病院のベッドに横たわって赤ちゃんを抱いている様子を撮影した動画が紹介されたが、これが一部の視聴者の怒りを買った。子育て世代に人気の掲示板サイト「マムズネット」やツイッターのユーザーからは一様に、自分が出産した訳でもないのに病院のベッドで写真を撮るのはおかしい、という声が上がった。

「彼女はいつ妊娠したんだっけ?」

マムズネットのあるユーザーは、「クロエ・カーダシアンが生まれたばかりの息子と一緒に病院のベッドにいる様子が紹介されている」と書き込み、さらにこう続けた。「問題は、彼女が代理母を使ったことだ。男性が女性の存在を消そうとするのも十分にひどいが、女性が写真から生みの母の存在を消し去ろうとするなんて。本当に気分が悪い」

別のユーザーは、「彼女が赤ちゃんと一緒にベッドにいる写真をネットで見た時、彼女はいつ妊娠したんだっけ? と思った。その後、代理母を使ったことを思い出した」と述べ、こうつけ加えた。「実際に赤ちゃんを産んだ女性はきっと素敵な個室にいると思うけれど、それでもこれにはいい印象を持てない」

ツイッター上でも同じような議論が交わされた。あるユーザーは、次のように書き込んだ。「代理母を通じて親になったのに、生まれたばかりの赤ちゃんを抱いて病院のベッドで写真を撮るなんておかしい。まったく必要がないことだ。ただ新生児用のベッドに寝ている赤ちゃんの写真を投稿すればよかったのに」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

日経平均は反落、米景気懸念や円高が重し 米雇用統計

ビジネス

ユニクロ、11月の国内既存店売上高は前年比-3.8

ビジネス

ドイツ経済省、対中貿易依存を問題視

ビジネス

午後3時のドルは続落135円前半、3カ月半ぶり安値

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    半導体のモンスター企業TSMC、なぜ台湾で生まれ、世…

  • 6

    プーチン後のロシアは正真正銘の「ギャング国家にな…

  • 7

    日本人が知らない、少年非行が激減しているという事実

  • 8

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 9

    「ツイッター終了」の未来

  • 10

    「もうどうでもいい」 逆襲ウクライナの「急所」を、…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 5

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 9

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月