注目のキーワード

最新記事

ファッション

「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカーの衝撃ビジュアルが話題に

Kim K-Affiliated Balenciaga's New $1,850 Sneakers Slammed: 'Derelicte'

2022年5月12日(木)18時20分
エマ・ノーラン

@JoePompliano/Twitter

<キム・カーダシアンがこよなく愛する高級ブランド「バレンシアガ」の新作スニーカーが、ファッションの先を行き過ぎていると話題に>

1962年にジョン・F・ケネディ大統領(当時)の誕生日を祝ってバースデーソングを歌ったマリリン・モンローが着用していた有名なドレスを着て、ファッションの祭典「METガラ」に登場したことで大きな話題となったキム・カーダシアン。そんな彼女だが、普段はラグジュアリーブランド「バレンシアガ」を愛用していることで知られる。

そのバレンシアガの新作スニーカーがSNSで大きな話題となっている。高級ブランドが発表した新作「PARIS」シリーズはヴィンテージな風合いのユーズド加工が特徴だが、キャンペーン用のビジュアルとして採用されたのが、何十年も履き古したような極端にボロボロのPARISの写真だったからだ。

また、ここまで極端ではないものの、通常のPARISとは別に100足限定で実際に販売された1850ドルの限定版「フル・デストロイド」にはいくつもの裂け目が入り、シミだらけでバレンシアガのロゴが落書きされたように描かれている。また公式ウェブサイトにある商品説明には「完全に破壊されたコットンとゴム」と記されている。

ファッションの限界を押し広げてきたバレンシアガだが、今回の新作については一般的なファッションの感覚のあまりに先を行ってしまったようで、すっかりネット上の「ネタ」になってしまった。

ツイッターなどのSNSには、「クソ自意識過剰なこの世代が、どこまでのものを買うかを見るため、バレンシアガは社会実験を行っているに違いない」といった投稿が書き込まれた。「ブランドの名前が付いているだけで、人々がどこまでのものを買うかを知るための社会実験だ」というものもあった。

またファッション業界を舞台にした映画『ズーランダー』に登場する架空のコレクション「Derelicte」になぞらえる声や、「腐敗した死体から引き抜いてきたみたいだ」といった声も上がった。

最近のカーダシアンはバレンシアガを愛用していることで知られており、昨年のMETガラを含めて公の場に姿を現すときには必ずと言っていいほどこのブランドの服を着用している。

昨年のパリ・ファッションウィークでは黒いキャットスーツに、バレンシアガのロゴが入った黄色の警戒用テープのようなものを全身に巻き付けた姿で登場。やはりテープでガチガチに巻かれては動きにくかったようで、よたよたと歩く姿が話題となっていた。

今年のMETガラでは、マリリン・モンローのドレスに体型を合わせるため、3週間で7キロも減量したことを明かし、過激なダイエットが人々に誤ったメッセージを伝えるとして批判を受けた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

仏パリ市、ガソリン駆動バイクに駐輪料金導入 9月か

ビジネス

英アストラゼネカ、EUが乳がん治療薬2種を推奨

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者5億4

ビジネス

スイス中銀の当座預金残高、10年ぶり減少幅 為替介

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 3

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR会社」と「情報戦」の深層

  • 4

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 5

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 6

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 7

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    40年ぶりの「超インフレ」アメリカに暮らして

  • 10

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 5

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 6

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 7

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月