最新記事

クリエイター・アワード

2020年の日本で最も輝いたクリエイターはこの6人

2020年12月3日(木)17時55分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

Pen 2020/12/15号(12/1発売)

<今年最も輝いたクリエイターを選ぶ「クリエイター・アワード」の受賞者が発表された。選ばれたのは講談、アート、料理、建築、音楽、小説の分野からの6人だ>

新しい表現を追い求め、多くの人々に影響を与えたクリエイターを選ぶ「クリエイター・アワード」(雑誌『Pen』主催)の2020年の受賞者が発表された。

選ばれたのは、今年2月に真打に昇進した講談師の神田伯山、アーティゾン美術館での展覧会で壮大な世界観を表現したアーティストの鴻池朋子、パリの3つ星シェフの小林圭、今年開館の「弘前れんが倉庫美術館」を手掛けた建築家の田根剛、音楽家の常田大希、そして『破局』で芥川賞を受賞した作家の遠野遥だ。

彼ら6人が登場する『Pen』12/15号で、表紙を飾るのは常田大希。今年1月にKing Gnuの3枚目のアルバム『CEREMONY』を発売、5月にはmillennium paradeとしてアニメシリーズ「攻殻機動隊 SAC_2045」のオープニング曲「Fly with me」を配信した。さらに11月末には、King Gnu初の日本武道館公演を実施している。

個人でも2月にはブランド「N.ハリウッド」のニューヨークコレクションのショーサウンドを手掛け、幼少期から学んだ得意のチェロを軸にした楽曲を披露した。

「カッコいいものをつくって世間に問うのがアーティストだと思って憧れていたから、いまもそれをストイックに実行しているだけ」と常田は言う。

そんな彼の多才ぶりを発揮した企画が、銀座ソニーパークで開催中の「#014ヌーミレパーク(仮)」DIRECTED BY PERIMETRONだ(来年1月31日まで)。全フロアを常田が主宰するクリエイティブチームPERIMETRONがディレクションし、King Gnuやmillennium paradeの曲やミュージックビデオで描かれた世界を具現化したものだ。常田と彼を取り巻くクリエイティブチームの頭の中をのぞくような体験ができる。

新型コロナウイルスの大流行で、世界中で価値観の大きな変化があった今年。日本を代表するクリエイター6人の活動を本人たちの言葉とともにみせる特集『クリエイター・アワード2020』は、決して平坦ではない道を歩む上での新たなヒントになりそうだ。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米首都ワシントン、屋内でのマスク着用義務化へ 31

ビジネス

米GDP、4─6月期6.5%成長 コロナ前の規模回

ワールド

核協議、無期限に続けることできず 「ボールはイラン

ビジネス

米失業保険申請40万件、予想ほど改善せず

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 3

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 4

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 5

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 6

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 7

    ファーウェイ制裁の不透明な真実、グーグルはNGだが…

  • 8

    東京五輪、男子バスケ米代表は史上3番目の高齢者チーム

  • 9

    「謝らない謝罪」が日本で蔓延している

  • 10

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 4

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 5

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 8

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 9

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 10

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

  • 10

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月