最新記事

映画俳優

アイスマンが振り返る『トップガン』の熱い日々

Val Kilmer Reveals All!

2020年5月22日(金)16時10分
ケリー・ウィン(ジャーナリスト)

2011年9月のトロント国際映画祭に出席したときのバル・キルマー Fred Thornhill-REUTERS

<作品への思い、監督の情熱、仲間との絆...... 不朽の名作の撮影秘話をバル・キルマーがたっぷりと>

俳優バル・キルマーの代表作と言えば、1986年の映画『トップガン』だろう。数々の出演作(『トゥームストーン』『ウィロー』『バットマン フォーエヴァー』など)の中でも特に大きな位置を占める作品だ。当然、4月に出版された本人の回顧録『アイム・ユア・ハックルベリー』にも、当時の撮影秘話が登場する。

永遠にノスタルジーをかき立てる大ヒット作(テーマ曲「愛は吐息のように」を聞けば誰でもぐっとくるはず)だが、何とキルマーは当初まるで興味がなかったとか。そんな衝撃の告白をはじめ、回顧録には興味深い話や笑える話、気になる話題が満載だ。そのあらましを紹介しよう。

渋々オーディションへ

キルマー自身は『トップガン』のオーディションにも出演にも全く興味がなかった。「とにかく片っ端からハリウッドの人気映画監督に会え」とエージェントに言われ、仕方なく受けたら主人公のライバルの「アイスマン」役に一発で合格。これには参った。やりたくなかった。

監督のトニー・スコットはキルマーの落胆を見抜いたようで、次のように声を掛けたという。「脚本は確かにまだまだだが、これから良くなる。まずはジェット機を見てくれ。ぐっとくるはずだ」

監督の熱い思い

キルマーによれば、スコットは『トップガン』のセットとコンセプトに子供のようにはしゃいでいた。キルマーをアイスマン役に決めた直後、人であふれ返る廊下でジェット機の音をまねたほどだ。

撮影現場でも、スコットの情熱は際立っていた。「トニーは撮影プロセスを愛し、現場のエネルギーを愛し、登場人物たちを愛していた。全てがトニーの活力源だった」と、キルマーは書いている。「ジェット機が飛び立つたびに、トニーは大興奮だった。こっちが投げやりにセリフを言っても、飛び上がらんばかりに喜んだ」

オフには悪ノリも

撮影のない日は羽目を外した。あるとき、泥酔した仲間を乗せて車を走らせていて、四差路交差点に差し掛かった(信号は全て赤)。交差点の中心部に入り、完全な円を描いて猛スピードでスピンした瞬間、パトカーに出くわした。『トップガン』というクールな映画の撮影に遅刻しそうで、と釈明すると、警官は違反切符を切らずに通してくれた。

主演のトム・クルーズは仲間に加わらなかった。演技に専念したかったのだろうと、キルマーは言う。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、ノースカロライナ州外で大統領候補指名受

ワールド

抗マラリア薬、新型コロナ治療で効果示されず 初の主

ワールド

トランプ氏、香港情勢巡り中国主席への制裁「考えてい

ワールド

デモ対応、軍投入が必要になるとは思わず=トランプ米

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 2

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長物?

  • 3

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 4

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 5

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 8

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 9

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 10

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月