最新記事

エンターテインメント

巣ごもりGWに観ておきたいおすすめ韓国映画・ドラマ 『パラサイト』観てハマった人も観てない人も

2020年5月3日(日)11時00分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

■ファンタジー映画『隠された時間』

missingtime.jpg

bbank / YouTube

ある立ち入り禁止の森の中で3人の少年が行方不明になってしまう。日本でも神隠し物の映画やアニメは今までもよく作られてきたが、この作品は神隠しにあった3人がどのように生活していたのか、隠れていた側の生活も描かれているのが面白い。

そちらの世界では時が止まり、全てが一時停止ボタンを押したかのようになっている。彼ら3人はやりたい放題だ。16年後、主人公が大人になった姿で元の世界に帰ってくると、果たして世界は受け入れてくれるのだろうか。『スタンド・バイ・ミー』のような少年たちの冒険、また初恋といった要素もあって楽しめる。

他に、ネットフリックスで観られる『チェイサー』『母なる証明』『トガニ 幼き瞳の告発』もおすすめだが、3本とも視聴終了後しばらく頭が働かなくなるほど衝撃を受ける可能性がある為、注意していただきたい。特に『トガニ 幼き瞳の告発』は映画公開時、ショックが強く鑑賞後席から立てなくなってしまった。その後韓国で「トガニ法」という法律ができるほどの影響力を持った作品であり、韓国での「映画の力」を見せつけた作品だ。

ドラマ部門

初めに言っておくと、実は筆者は韓国のドラマが苦手である。最後まで頑張ってみようと意気込んで観始めたものの、途中で挫折してしまった作品数知れず......。そんななかでも興味深く観た作品をいくつか紹介しよう。

■お仕事系ドラマ『ロマンスは別冊付録』

romanceisbonusbook.jpg

tvN DRAMA / YouTube

日本でもママの職場復帰は難しいと事あるごとに問題提起されているが、韓国でも同じだ。このドラマの主人公は、元広告会社のコピーライターとして輝かしい経歴をもっていたが、結婚出産を機に第一線から退いていた。しかし、シングルマザーとなり再就職をするため奮闘するが、どこからも声がかかることはなく、最終的に自分の高学歴/大企業での経歴などを"下に"詐称することで、ようやく出版社に雑用係として入社する。

ドラマの中で紹介される出版社の仕事のエピソードが面白く最後まで観ることが出来た。しかし、16話と長く最終話に向かうにつれて間延びしてしまうのがつらい。少女漫画的要素は韓国ドラマに必須なのだろうが、偶然の出会い、ドラマチックな再会などは好き嫌いが分かれるだろう。


■犯罪ドラマ『人間レッスン』Netflixオリジナル制作

inganlesson.jpg

Netflix / YouTube

4月29日に配信開始された『人間レッスン』は主人公の男子高校生が、生活のために売春斡旋業を行う物語だ。秘密裏に行っていたこの裏家業だったが、同級生の女の子にバレてしまい彼女と一緒に斡旋業をすることになる。

これまでも未成年売春や援助交際を扱うドラマはなかったわけではないが、メッセージアプリやGPSなどを使った最新技術により、スマートフォン1つで、高校生でもこのビジネスが成り立つことに恐ろしさを感じる。ちなみに、テレビ局ではこの設定は難しい。ネット配信のNetflixだからこそ制作できたドラマである。

ニュース速報

ビジネス

米FRB、ゼロ金利と量的緩和維持 「回復ペース鈍化

ビジネス

米財務長官、英独財務相と電話会談 緊密な協力で一致

ワールド

日米首脳が電話会談、同盟強化で一致 菅首相の早期訪

ワールド

ファイザー・モデルナ製ワクチン、米政府が競合へ製造

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 7

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 8

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 9

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 10

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月