最新記事

私たちが日本の●●を好きな理由【韓国人編】

日本の鉄道を愛する韓国の鉄道マニア、きっかけは『銀河鉄道999』

2020年2月19日(水)11時15分
朴辰娥(パク・ジナ)

鉄道旅行の専門家として独立した徐(ソウル駅) JEAN CHUNG FOR NEWSWEEK JAPAN

<これまでに日本で走る列車の8割に乗ったという徐圭浩は、鉄道旅行のコンサルタント。日本の鉄道のどこに魅力を感じるのか。本誌「私たちが日本の●●を好きな理由【韓国人編】」より>

乗り鉄や撮り鉄などコアなファンが多くいる日本の鉄道だが、韓国にも日本の鉄道をこよなく愛する「鉄ちゃん」がいた。鉄道旅行のコンサルタント、徐圭浩(ソ・ギュホ、43歳)だ。
20200211issue_cover200.jpg
幼少の頃から鉄道好きで、大学で観光開発学を学ぶと卒業後は旅行代理店に就職した根っからの旅好き。特に日本の鉄道に魅せられ、これまでに日本で走る列車の8割に乗った。

韓国のネットメディア、オーマイニュースに日本での鉄道旅行について数多く寄稿してきた徐に、ジャーナリストの朴辰娥(パク・ジナ)が聞いた。

◇ ◇ ◇

――いつから鉄道に興味を持ち始めた?

子供の頃から好きで、10歳になると一人で地下鉄に乗るのを楽しんだり、駅の名前を全部覚えたりしていた。南北境界線の非武装地帯付近にある汶山(ムンサン)駅まで行ったこともある。

日本の鉄道に興味を持ったのは、漫画やアニメで有名な『銀河鉄道999』の影響が大きかったと思う。蒸気機関車が宇宙を飛んで走るなんて、驚きの発想だった。

magSR20200219korean-suhkyuho-3.jpg

今でも現役のSLに感動(大井川本線) COURTESY OF SUH KYU-HO

――これまで日本で多くの鉄道に乗ってきた。

日本を初めて訪れたのは大学生の時で、JRの乗り放題切符を使って友人らと10日間で日本を一周した。卒業してからは旅行代理店に勤務し、仕事でもよく日本に行った。就職してから3年後の2002年には日本の地方都市の担当主任になり、北海道、東北、四国や沖縄などへのツアーを企画した。

当時、これらの地方都市は韓国人にとってはまだマイナーな存在。札幌などへは大韓航空しか就航しておらず、航空券も4万~5万円と高かった。そこで、(当時は)札幌よりも安かった青森に飛び、そこから夜行列車を使って札幌へ行く旅を企画した。

これが好評で、実際にこのルートを旅した韓国のジャーナリストが記事にしてくれたこともある。

ニュース速報

ワールド

東京で新たに143人感染、累計1000人超す=報道

ワールド

OPECプラス会合、9日に延期 ロシアとサウジが対

ワールド

新型コロナ、仏英で死者が過去最多 伊・スペインは拡

ワールド

8割以上が緊急事態宣言を支持=孫氏ツイッター調査

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 3

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(4…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬と…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    ついに日本は終わった

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月