最新記事

アカデミー賞

アカデミー主演女優賞候補シンシア・エリヴォが語る、映画『ハリエット』のメッセージ

When Araminta Became Harriet

2020年1月17日(金)13時15分

エリボが演じた黒人女 性運動家はアメリカ史 を切り開く存在だった ILLUSTRATION BY BRITT SPENCER

<インタビュー:映画『ハリエット』で19世紀の奴隷・女性解放運動家を演じ、アカデミー賞の主演女優賞・歌曲賞にノミネートされたシンシア・エリヴォが語る作品に込められたメッセージ>

来月発表の第92回アカデミー賞で主演女優賞と歌曲賞にノミネートされた、女優で歌手のシンシア・エリヴォ。

トニー賞もエミー賞もグラミー賞も手にしたエリヴォが今回、オスカー候補となったのは、19世紀の奴隷・女性解放運動家ハリエット・タブマンの伝記映画『ハリエット』(日本公開予定は3月)でのパフォーマンスだ。今年のゴールデングローブ賞でも主演女優賞と主題歌賞の2部門でノミネートされていた(受賞は逃した)。

黒人奴隷の逃亡を支援した秘密組織「地下鉄道」の指導者の1人であるタブマンには、ミステリアスな印象も付きまとう。そんな彼女の人生に、エリヴォは新たな光を当てた。タブマンの出生時の名はアラミンタ・ロスだった。自由を手にした後に母親の名を受け継ぎ、ハリエットと名乗る。

エリヴォは有名ではなかった時期のタブマンのことをもっと知ってほしいと考えている。H・アラン・スコットが話を聞いた。


――ハリエット・タブマンの生まれたときの名を知ることが、なぜ重要だと思う?

「アラミンタ・ロス」を知ることで、彼女という人間の成長をたどることができる。アラミンタがある日突然、ハリエットになったわけではない。

――タブマンの人生が語られるとき、南北戦争に従軍したことと、女性参政権運動への貢献が往々にしてこぼれ落ちてしまう。これらの部分はなぜ重要なのか。

彼女が軍にいたことや、女性参政権運動に参加していたことを知る人は少ない。初めて武装襲撃を行った黒人女性の1人であり、指揮官だったなんて最高にエキサイティング。長く語り継がれるべき人生の物語がそこにある。

――作品中の音楽は演技に影響を与えた?

もちろん。音楽は魂につながる。黒人霊歌はメッセージを伝え合う方法だった。

――タブマンの物語からくみ取ってほしいメッセージは?

タブマンのように行動力があり、素晴らしい心を持つ女性が自らの物語を紡ぐ姿を見て、若い人たちに勇気と自信を持ってほしい。女性には何でもできるという例が彼女だから。この映画は、私たちの持つ強さを見つめ直すきっかけにするべきだと思う。

<本誌2020年1月21日号掲載>

20200121issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年1月21日号(1月15日発売)は「米イラン危機:戦争は起きるのか」特集。ソレイマニ司令官殺害で極限まで高まった米・イランの緊張。武力衝突に拡大する可能性はあるのか? 次の展開を読む。

ニュース速報

ビジネス

流動性引き締めの「憶測」に警告、中国人民銀行系の金

ワールド

ブラジルのコロナ死者が50万人突破、さらなる悪化も

ワールド

オーストラリア、中国をWTOに提訴へ ワイン制裁関

ワールド

台湾代表部の職員7人が香港離れる、「1つの中国」に

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 4

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 5

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 10

    ディズニー映画から「本物の悪役」が姿を消したのは…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 8

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 9

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月