最新記事

映画

スコセッシのマフィア映画『アイリッシュマン』は円熟の境地

The Goodfella Now an Oldfella

2019年12月21日(土)14時10分
デーナ・スティーブンズ

さすがの怪演を見せるアル・パチーノ(手前) COURTESY NETFLIX

<最新作は年老いたヒットマンの回想。複雑に絡み合う時間と人物が老いと喪失を描き出す>

遠藤周作の原作を大胆に映像化し、17世紀の日本で棄教を迫られたポルトガル人宣教師の運命の選択を描いた161分の大作『沈黙-サイレンス-』(2016年)を見終えた時、筆者は妙な感慨に浸ったものだ。これがマーティン・スコセッシの最後の監督作なら、これもありかと。

もちろん、最後であってほしいと願ったわけではない。困難なテーマに挑んだ意欲とエネルギーからは、むしろ監督の尽きせぬパワーが感じられた。それでも主人公が最後に選ぶ「沈黙」は、別れの挨拶にふさわしく思えた。『グッドフェローズ』や『カジノ』などの作品で一貫して闇社会の男たちを描いてきたスコセッシが、あえて宗教の世界に切り込んだという点も、そう思わせた理由だろう。

だから、最新作『アイリッシュマン』を見た時は二重にうれしかった。とにかく最後ではなかったことがうれしいし、『沈黙』に負けず劣らず重いテーマ(生と死、信頼と裏切り、孤独)を、監督自身の知り尽くしたイタリア・マフィアの世界で深く描き出した点も感動的だった。

『アイリッシュマン』は実話に基づく物語で、舞台は20世紀半ばのフィラデルフィアだ。主人公は実在した伝説的な殺し屋フランク・シーラン(ロバート・デ・ニーロ)。トラック運転手から無慈悲な殺し屋に転身して闇社会を生き抜いた男だが、作品中の時間は逆向きに流れる。

オープニングの、例によって長回しのショットの最後にフランクが出てくる。年老いて車椅子に乗り、介護施設にいる。そして内なる声に導かれ、語り出す。自分はなぜ、今も生きているのかを。

若作り姿に目を見張る

自分は何をして、何のために(多くの人を殺して)生きてきたのか。それは210分という長尺をもってしても語り尽くせぬ重い問いだ。語ろうとしても語れず、語りの脈絡を逸脱しては越えていくもの。それが人生だと、この映画は教えてくれる。

回想の積み重ねで時は流れるから、デ・ニーロも共演の名優たちも(巧みなメークとコンピューター・グラフィックスのおかげで)だんだん若作りになっていく。慣れるまでに多少の時間はかかるが、実写でよくぞここまでと驚かされる。

最初に回想するのは、かつてのボス、ラッセル・バファリーノ(ジョー・ペシ)夫妻とのロードトリップだ。ハンドルを握っているのは、今より顔の皺(しわ)も白髪も少ないフランクだ。ただしマフィアの殺し屋&フィクサーとして過ごしてきた年月のせいで、ほとんど表情を失っている。

そこから時はさらにさかのぼり、まだマフィアに加わる前のフランクが登場する。配送トラックの運転手だった彼は、たびたび商品を盗んでは稼ぎの足しにしていた。

それがばれてフランクは訴えられるが、マフィアの弁護士(レイ・ロマーノ)に窮地を救われる。そしてこの弁護士がラッセルのいとこだった縁で、彼はバファリーノ・ファミリーの一員に。その後は冷酷な殺し屋として出世していくのだが、回想はさらに飛び、先の大戦中の兵隊時代に舞い戻る。

ニュース速報

ビジネス

イタリア格付け見通し、安定的に引き上げ 格付けは維

ビジネス

米債市場、急激な流動性逼迫の再発リスク残る=NY連

ビジネス

仏、英との通商交渉で軟化か 漁業権で妥協の可能性=

ビジネス

米国内のウィーチャット利用継続へ、連邦地裁が禁止差

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検出された

  • 2

    対中デフォルト危機のアフリカ諸国は中国の属国になる?

  • 3

    全米で大統領選控え記録的な銃購入ラッシュ 初心者殺到、選挙結果の混乱への「恐怖心」で

  • 4

    オーストラリアで太陽光発電し、シンガポールに送電…

  • 5

    最後のテレビ討論はトランプの「やや勝ち」 バイデ…

  • 6

    イギリス分断を際立たせるコロナ第2波、当初の結束は…

  • 7

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 8

    感染拡大を助長する現代の「害まく人」トランプの大…

  • 9

    変質してしまった韓国の公休日『ハングルの日』、増…

  • 10

    韓国と中国、通貨スワップ協定の5年延長で合意=韓国…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 3

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と異なる要因

  • 4

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 5

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 6

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 9

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 10

    日本の科学者は「給料安い」「ポンコツ多い」(一流…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 5

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 6

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 7

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 8

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 9

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月