最新記事

韓国社会

BTSを抜いた! 2019年韓国で大ブレイクした新人スター「ペンス」とは?

2019年12月9日(月)19時00分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネーター)

韓国の教育番組から生まれた新人スター、ペンス。練習生ながら今ではその名を聞かない日はないほどの人気者になった。연합뉴스TV / YouTube

<韓国で今、話題となっているYouTubeから火が付いたスター。その人気には、若い世代の格差社会への不満が影響している?>

早いもので2019年も残すところ3週間あまり。年末恒例の"1年の総決算"が次々と発表されるなか、韓国の就職ポータルサイト「インクルート」が調査した「2019年今年の人物」に話題が集まっている。このアンケートは、韓国の成人男女2,333人が、社会・文化や経済・企業など、各分野で今年最も活躍したと思われる人物を選び発表されるというものだ。

その中で、放送・芸能部門の1位となったのが、今回紹介する「ペンス」だ。ちなみに、2位は先日人気オーディションで優勝し、老若男女に人気の韓国演歌歌手ソン・ガイン(17.6%)、3位はワールドワイドに活躍し、日本でも高い人気を誇るBTS(16.7%)だった。この数字をみてもペンスの人気ぶりがわかるだろう。

■関連記事:韓国オーディション番組にまたも疑惑 アイドルの次は韓国演歌

では、ペンスとはいったい何者なのだろうか? このヘッドフォンをしたペンギンの着ぐるみキャラクターは、韓国の公営放送局EBS(韓国教育放送公社、日本のNHK教育テレビジョンに相当)から生まれた。現在EBSの練習生で、韓国でスターになるために南極から泳いでやってきたという10歳のペンギンという設定になっている。

2019年4月2日に始まった新番組『ジャイアント・ペンTV』に登場し、同時にこの番組のYou Tubeチャンネルもスタート。開始当初はフォロワー数がたったの37名だったという。ところが、11月には100万人を超え、現在123万人(12月8日調べ)にも上っている。

他の調査ではソン・ガインと決選投票

ちなみに、通信大手SKテレコム参加のポータルサイト、ネイトも同様の"今年のホットスター"というアンケート調査を実施、8日に結果を発表したが、こちらでは順位が逆転し、1位は演歌歌手ソン・ガインとなった。ネイトでは「サイトにアクセスしたユーザー20,232人が投票し、20代が多くを占めるインクルートの調査よりも偏りがなく公正だ」と主張している。投票は、ソン・ガインとペンスによる決選投票が実施され、72%と圧倒的な数でソン・ガインがペンスを破ったという。とはいえ、BTSなど並み居るスターを差し置いて決選投票に進んだペンスはただ者ではないようだ。

EBSといえば、幼児向けの教育番組も放送しているだけあって、これまでにも様々なキャラクターを生み出してきた。しかし、いくら人気のあるキャラクターとはいえ、ここまで国民的な支持を集めるキャラクターはいなかった。今までのキャラクターとはいったい何が違い、韓国人の心をつかんだのだろうか?

このペンスは、一種の「ゆるキャラ」のような立ち位置をとっている。子供に人気の出そうなペンギンの風貌をしているが、実際ペンスを応援しているのは20~30代のミレニアム世代だという。

また、映像を見ると声はプロの声優さんが担当しているわけでなく、若干キャラクターを作っているはいるものの、一般的な男性の声。音声が籠っているところから推測すると着ぐるみの「中の人」が直接声を出しているようだ。街へ繰り出したり、スタッフも映像に登場したりするのは近年の韓国バラエティー番組でありがちだが、幼児向けのキャラクター番組では初めてだろう。

さらに、番組やさらには放送局の垣根を越えて、一人の出演者として様々な番組にも登場している点も珍しい。ここまで読んで、日本のあるキャラクターが思いだされないだろうか? そう、一世を風靡した日本のゆるキャラ、ふなっしーと少々似ている点がある。

ニュース速報

ワールド

訂正-米バイデン政権、国有地での石油・ガス掘削許可

ビジネス

焦点:イエレン氏の「大きな行動」発言に透ける、政府

ワールド

ハメネイ師関連サイト、トランプ氏似ゴルファー狙う画

ワールド

WHO、26日にモデルナ製ワクチン巡る推奨発表

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 3

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週間与える提案

  • 4

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 5

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 6

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 7

    反政府団体らがオレゴン州民主党支部を襲撃 バイデ…

  • 8

    「大覚醒でトランプ続投」の予言が裏切られ、Qアノン…

  • 9

    「中国に甘いバイデン」は誤解、対中改善しようにも…

  • 10

    「密輸」中国製ワクチンを打つ日本の富裕層... 自己…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 6

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 7

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 10

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月