最新記事

BOOKS

名だたる作家が快諾する海外文学ガイド「BOOKMARK」の執筆依頼状を公開

2019年10月27日(日)10時35分
金原瑞人(法政大学教授、翻訳家)

book191027bookmark-2.png

単行本の『翻訳者による海外文学ブックガイド BOOKMARK』では、このように1ページで1作品を紹介。ほかに作家12人のエッセイと、金原、三辺、オザワの3氏による鼎談も収録している

書店へ、図書館へ、校正・校閲......助け舟が続々と

なんで、こんな冊子を出すことにしたのかについては、単行本の前書きで共編者の三辺さんも書いているのですが、つまるところ、翻訳物が好きだから、紹介する冊子を作ろう、という、ただそこから始まったようなものです。そこにオザワミカさんという素晴らしいデザイナーが加わってくださって、とりあえず、形だけはできました。

そのあと、じゃあ書店に取り次いであげようという方が現れ、じゃあ公共図書館2000館に送ってあげようという方が現れ、さらに、第1号、第2号があまりに間違いが多いというので、校正・校閲をしてあげようという方々が現れて、現在にいたる、という感じです。

そのうえ、原稿料なし(冊子30冊をお礼に)という条件で紹介文を書いてくださる翻訳者の方々が、ほとんどみなさん、怒ったりせずに、それどころか、とても喜んでくださる。いや、こちらこそ、申し訳ありません、という以外ないのですが、うれしいです。

とくに、翻訳界の大先輩ともいうべき方々、たとえば、佐宗鈴夫さん(パトリシア・ハイスミス『太陽がいっぱい』)、志村正雄さん(ナット・ヘントフ『ジャズ・イズ』)、藤井省三さん(李昂『海峡を渡る幽霊 李昂短篇集』)などから励ましの手紙やメールをいただくと、僭越ながら、多少は恩返しができたかなと思ったり。それ以上に、若手の翻訳家の方から熱い思いを伝えられると、これがまたうれしい。

さらに、書店ではコーナーを作ってくださるし、図書館では展示をしてくださるし。自分もたまにはいいことをしているんだなと思えて、この「BOOKMARK」、まだしばらくは続けていこうと思っていますので、どうぞ、よろしくお願いします。

それにしても、訳者の400字にこめられた気持ちはどれを読んでもひしひしと伝わってきます。考えてみれば、いままでブックガイドはたくさんあったけど、訳者が紹介したものはなかったかもしれません。

最後に、サンプルとして、11月に配布される第15号から紹介文をひとつ。


絶望名人カフカの人生論
フランツ・カフカ
頭木弘樹 編訳
新潮文庫
520円+税

中学生のとき、夏休みの読書感想文のために、いちばん薄い文庫本を選んだら、カフカの『変身』だった。その『変身』を思い出したのは、二十歳で突然、難病になったとき。ある朝、ベッドの中で虫になって、部屋から出られなくなって、家族に面倒を見てもらうしかなくなった主人公。久しぶりに読み返したそれは、難解な小説どころか、自分にとってはまさにドキュメンタリーのようだった。

カフカの日記や手紙まで読むようになった。こういう言葉があった。「将来にむかって歩くことは、ぼくにはできません。将来にむかってつまずくこと、これはできます。いちばんうまくできるのは、倒れたままでいることです」病院のベッドで倒れたまま読んだ。笑って泣いた。

13年の闘病生活の間、自分自身のために、カフカの言葉を訳していった。手術して社会復帰できたとき、本にしようと思った。昔の自分のような人の手に届けたかった。カフカの「ぼくの本が、あなたの親愛なる手にあることは、ぼくにとってとても幸福なことです」という言葉と共に。

(頭木弘樹)


翻訳者による海外文学ブックガイド BOOKMARK
 金原瑞人・三辺律子 編
 CCCメディアハウス

●イベントのお知らせ
『翻訳者による海外文学ブックガイド BOOKMARK』刊行記念
金原瑞人さん×三辺律子さん×オザワミカさん トーク&サイン会開催
日時:10月31日(木)19:00~
場所:丸善・丸の内本店 3F 日経セミナールーム
要整理券(電話予約可)
https://honto.jp/store/news/detail_041000037947.html

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米、成長加速でも雇用の完全回復困難=フィラデルフィ

ワールド

WHO、マスク着用巡る指針強化 世界的な感染第2波

ビジネス

米ADP民間雇用、11月は予想下回る30.7万人増

ビジネス

モデルナのコロナワクチン、17日検討会受け最短24

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに来た王毅外相

  • 3

    暴走する中国の今後を左右するWTO事務局長選 米次期政権はどう向き合うべきか?

  • 4

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 5

    トランプが敗北してもアメリカに残る「トランピズム…

  • 6

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 7

    カリブ海の深海で熱気球のような新種の有櫛動物が発…

  • 8

    中国外務省報道官、オーストラリア兵士の偽画像をツイ…

  • 9

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 10

    コロナ感染の母から生まれた新生児、抗体もちながら…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 6

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月