最新記事

パックンのお笑い国際情勢入門

ウーマン村本×パックン「原発や基地をやるきっかけは堀潤さん」

2019年8月7日(水)17時05分
ニューズウィーク日本版編集部

HISAKO KAWASAKI-NEWSWEEK JAPAN

<政治・社会問題をネタにし始めたのはなぜ? ウーマンラッシュアワーの村本大輔さんに、本誌で「お笑いと国際情勢」に挑んだパックンが聞いた>

8月6日発売の「パックンのお笑い国際情勢入門」(8/13&20日号)で、政治ネタに挑んだパックン(パトリック・ハーラン)。記事を執筆する前にさまざまな芸人やジャーナリストに取材を行ったが、その1人がウーマンラッシュアワーの村本大輔さんだ。

沖縄の基地や原発など、これまでテレビのお笑いが取り上げてこなかった政治・社会話題をネタにする村本さんには、共感する人もいれば、嫌悪感を示す人も......。そうしたネタは、例えばアメリカのコメディーではまったく普通のことだが、なぜか日本では特別なことのように受け止められる。
2019081320issue_cover200.jpg
村本さんに限らず、日本では芸人の政治的発言が問題視されがちだが、なぜダメなのか。本誌特集ではパックンが、お笑い文化をマジメに研究し、日本人が知らなかった政治の見方をお届けする。また、パックンによる、目からウロコ、鼻からミルクの「危険人物図鑑」も収録している。

村本さんは7月、スタンダップコメディー修行のため単身アメリカで過ごした。その渡米直前、ネタの許容範囲やお笑いのタブー、日本と外国の違いなどについて、パックンと語り合ってもらった。その対談を前後編に分けて掲載する(この記事は前編)。

※後編はこちら:ウーマン村本×パックン「カウンターパンチは全部ありだと思う」

◇ ◇ ◇

パックン ニューズウィーク日本版で「お笑いと国際情勢」の特集をやるんです。今回はその取材で、日本のお笑いが政治ネタを取り扱えないことについてどう考えているのかを村本さんに聞きたいと思っていますが、まずはウォーミングアップとして、なぜお笑い芸人を目指すことになったのかを聞かせてもらえますか。

村本 福井県大飯町(現・おおい町)で生まれ育って、やりたいことがあんまりなかった。特に勉強もスポーツもできなかったので、地元で農家をやるか、よくて原子力発電所か鉄工所で働くかの選択肢くらいしかない。高校も中退して、どうするかなと思っていたときに、テレビでダウンタウンさんとか明石家さんまさんとかがお笑いやっているのを見て、あの中に入りたいな、楽しそうだな、と思った。

パックン 相方はどうやって見つけたんですか。

村本 10年前に......実は僕、10人と解散していて。

パックン ほー。10組ダメにした男ですか。

村本 10組の夢を背負った男ですよ。まあ、喧嘩したりとか、ちょっと練習がきつかったりで、みんな辞めていくわけです。10組解散させているから、ものすごい風評被害で、周りは「あいつはヤバイ」みたいな。

パックン 風評被害の使い方、間違っていると思うよ。害のないものについて風評被害と言うけど、害あるじゃないですか!

村本 害ないですよ。マリフアナ的存在で、みんな悪い部分しか見ていない。カナダではマリフアナを合法化しているし、医療用マリフアナとかいい部分もあるじゃないですか。そういう部分も見ずにね。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 7

    世界が知る「香港」は終わった

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    日本の重要性を見失った韓国

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月