最新記事

パックンのお笑い国際情勢入門

ウーマン村本×パックン「カウンターパンチは全部ありだと思う」

2019年8月7日(水)17時10分
ニューズウィーク日本版編集部

HISAKO KAWASAKI-NEWSWEEK JAPAN

<政治・社会話題をネタにするウーマンラッシュアワーの村本大輔さんと、ハーバード大卒のお笑い芸人であるパックンが対談。お笑いにタブーはあるか?>

お笑いにタブーはあるのか。どんなネタなら許容されるのか。

8月6日発売の「パックンのお笑い国際情勢入門」(8/13&20日号)で、政治ネタに挑んだパックン(パトリック・ハーラン)。取材の一環として、政治・社会話題をネタにするウーマンラッシュアワーの村本大輔さんに話を聞いた。

7月にスタンダップコメディー修行のため渡米する直前だった村本さんとの対談を、前後編に分けて掲載する(この記事は後編)。
2019081320issue_cover200.jpg
※前編はこちら:ウーマン村本×パックン「原発や基地をやるきっかけは堀潤さん」

◇ ◇ ◇

パックン アメリカのお笑いは、限界に挑戦するのがポイントなんです。ぎりぎりの線を攻めるのがお笑いの運命でもあるとみられている。それに近い?

村本 「タブーに挑んでいる自分をかっこいいと思ってるんじゃねえ」とたまに言われるけど、タブーをタブーとしているお前らが逆に恥ずかしい、と言いたいんですよ。芸人がみんなサラリーマン過ぎる。日本のテレビに出ている芸人を芸人と呼ぶところから、もしかしたら議論がずれ出しているのかもしれない。

パックン なるほど。

村本 芸人は日本中にいるんですよ。スポットライトが当たらないだけで。沖縄には「お笑い米軍基地」という基地をネタにしてやる人がいるし、あと(元ザ・ニュースペーパーで政治・社会ネタをやる)松元ヒロさんとか。むちゃくちゃ面白いですよ。沖縄でその人たちにスタンダップコメディーやってもらったら、見ている人たちの内からの爆発を感じられる。

パックン 村本さんは、タブーまるまるナシですか。昨日フランス人ジャーナリストに取材したら、フランスでは本当にタブーなしだ、と。例えばフランス人は福島原発事故を題材にして笑いを取る。これはOKですか。

村本 OKなんじゃないですか。笑いを取りたいなら。

パックン 僕が育った頃、黒人に関するジョークは山ほどあった。1つ紹介すると――黒人の少年がベッドの上で跳ねるのを止めるにはどうしたらいいか。答えは、天井にマジックテープを貼る。分かる? 髪がくねくねしているからそこにくっついて、ぶら下がるっていう、ばかばかしいジョークなんですよ。でもこれはアウトですよ。黒人の身体的特徴をネタにするのは2019年にはもう許されない。どうですか、このへんはやっていいですか。

村本 うーん。

パックン 笑っている人がいるかもしれないが、泣いている人がそれを上回る。笑う人の笑いのために、深い傷を受ける人を犠牲にしていいでしょうか。

村本 いい質問ですねぇ......。

カナダのモントリオールでスタンダップをやっている日本人の女の人から、動画が送られてきたんですよ。見てくれって。どういうネタかというと、彼女が「福島は安全です。来てください」「食べ物もおいしいし」って言って頭を触ったら、髪がばっさり抜ける。それでみんなが笑っている。それを見たとき、すごい不快な感じはしたんです。ネットフリックスでデイブ・シャペルが原爆のネタをやっているのを見たときは、僕は日本に住んでいて、長崎の原爆被害に遭っている人とも知り合いなので、やっぱりもやもやした。

ニュース速報

ワールド

アングル:英保守党、過半数獲得で政策どうなる

ビジネス

米株はほぼ横ばいで終了、米中合意受け一時最高値

ビジネス

米中合意受けドル売り、英与党勝利でポンド上昇=NY

ビジネス

米FRB当局者、経済は順調 金利据え置き容認

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の老人が言ったこと...

  • 2

    カイロ・レンは嘘をついていた?『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』新キャラと予想

  • 3

    キャッシュレス化が進んだ韓国、その狙いは何だったのか?

  • 4

    サルの細胞を持つブタが中国で誕生し、数日間、生存…

  • 5

    中国で焚書令、文化大革命の再来か

  • 6

    習近平を国賓として招聘すべきではない――尖閣諸島問題

  • 7

    麻酔を忘れて手術された女性、激痛に叫ぶも医者が気…

  • 8

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 9

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボ…

  • 10

    ウイグル人と民族的に近いトルコはなぜ中国のウイグ…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 3

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

  • 4

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 5

    共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の…

  • 6

    中国で焚書令、文化大革命の再来か

  • 7

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 8

    次期首相候補、石破支持が安倍首相を抜いて躍進 日…

  • 9

    東京五輪、マラソンスイミングも会場変更して! お…

  • 10

    トランプ、WTOの紛争処理機能を止める 委員たったの…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 7

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 8

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 9

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
ニューズウィーク試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月