最新記事

映画俳優

ラトガー・ハウアー死去、『ブレードランナー』で残した不朽の一節を振り返る

RUTGER HAUER

2019年7月29日(月)17時10分
サム・アダムズ

生涯に100本以上の映画に出演したラトガー・ハウアー STUART C. WILSON/GETTY IMAGES

<100本以上の映画に出演したが、最も有名なのは『ブレードランナー』のレプリカント、ロイ・バッティ役だった。「雨の中の涙のモノローグ」は忘れられない>

オランダ人俳優ラトガー・ハウアー(75)が7月19日に亡くなっていたことが分かった(病名は明かされていない)。

50年以上にわたるキャリアの中で100本以上の映画に出演したが、最も有名なのは1982年のSF映画『ブレードランナー』で演じたレプリカント(人造人間)のロイ・バッティだろう。ハウアーは、ジャンルの壁を越えて後の全ての作品がよりどころとするような人工生命体を体現していた。ロイは、その強さと速さで超人的なだけではない。人間より多くを見て、多くを感じているようだった。

2011年に筆者がインタビューしたときハウアーは、リドリー・スコット監督はロイは人間の「全てであり、それ以上である」ことを望んだと語っていた。そしてハウアーはこう言ったという。

「私は詩的感覚や美的感覚を持てるのか、あるいは魂を持ち、ユーモアの感覚を持てるのか、7歳のようになれるのか? 自分の妹を愛していいか? セックスはしないが、セクシーか? 邪悪なのか?」

これらの矛盾してみえる性質は、有名な「雨の中の涙のモノローグ」に全て凝縮されている。

自分を追い詰める主人公リック・デッカード(ハリソン・フォード)に向かってロイが吐いた、最後の独白だ。

終わりを悟ったロイは破壊的行為をするのではなく、自分の知っていることを人間に伝えようとした。「人間には信じられないものを私は見てきた」と、彼はゆっくり語る。手には白いハトを持ち、眉から雨が滴る。「オリオン座の肩の近くで炎を上げる戦闘艦。タンホイザーゲートのそばの暗闇で瞬くCビーム。そうした記憶もみんな時とともに消える、雨の中の涙のように。死ぬ時が来た」

このうち不朽の一節である「雨の中の涙」は、ハウアーが考えたものだ。脚本の長い独白を彼が大幅にカットしたという。オリオン座とCビームへの言及はもともとあったが、「雨の中の涙」はアドリブだった。

その詩的なセリフはロイの目の消えかけた光とともに、人々の心に残り続けるだろう。

©2019 The Slate Group

<2019年8月6日号掲載>

20190806issue_cover200.jpg
※8月6日号(7月30日発売)は、「ハードブレグジット:衝撃に備えよ」特集。ボリス・ジョンソンとは何者か。奇行と暴言と変な髪型で有名なこの英新首相は、どれだけ危険なのか。合意なきEU離脱の不確実性とリスク。日本企業には好機になるかもしれない。


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの毎朝お届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 2

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    香港対応に見る習近平政権のだらしなさ

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 7

    文在寅が「タマネギ男」の検察改革に固執する理由

  • 8

    文在寅「超側近」チョ・グクの疑惑がここまで韓国人…

  • 9

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

  • 10

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 6

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 7

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

  • 8

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」…

  • 9

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 10

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 1

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 2

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 9

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 10

    女性のお腹で次第に成長するしこりは、双子の片割れ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月