最新記事

映画俳優

ラトガー・ハウアー死去、『ブレードランナー』で残した不朽の一節を振り返る

RUTGER HAUER

2019年7月29日(月)17時10分
サム・アダムズ

生涯に100本以上の映画に出演したラトガー・ハウアー STUART C. WILSON/GETTY IMAGES

<100本以上の映画に出演したが、最も有名なのは『ブレードランナー』のレプリカント、ロイ・バッティ役だった。「雨の中の涙のモノローグ」は忘れられない>

オランダ人俳優ラトガー・ハウアー(75)が7月19日に亡くなっていたことが分かった(病名は明かされていない)。

50年以上にわたるキャリアの中で100本以上の映画に出演したが、最も有名なのは1982年のSF映画『ブレードランナー』で演じたレプリカント(人造人間)のロイ・バッティだろう。ハウアーは、ジャンルの壁を越えて後の全ての作品がよりどころとするような人工生命体を体現していた。ロイは、その強さと速さで超人的なだけではない。人間より多くを見て、多くを感じているようだった。

2011年に筆者がインタビューしたときハウアーは、リドリー・スコット監督はロイは人間の「全てであり、それ以上である」ことを望んだと語っていた。そしてハウアーはこう言ったという。

「私は詩的感覚や美的感覚を持てるのか、あるいは魂を持ち、ユーモアの感覚を持てるのか、7歳のようになれるのか? 自分の妹を愛していいか? セックスはしないが、セクシーか? 邪悪なのか?」

これらの矛盾してみえる性質は、有名な「雨の中の涙のモノローグ」に全て凝縮されている。

自分を追い詰める主人公リック・デッカード(ハリソン・フォード)に向かってロイが吐いた、最後の独白だ。

終わりを悟ったロイは破壊的行為をするのではなく、自分の知っていることを人間に伝えようとした。「人間には信じられないものを私は見てきた」と、彼はゆっくり語る。手には白いハトを持ち、眉から雨が滴る。「オリオン座の肩の近くで炎を上げる戦闘艦。タンホイザーゲートのそばの暗闇で瞬くCビーム。そうした記憶もみんな時とともに消える、雨の中の涙のように。死ぬ時が来た」

このうち不朽の一節である「雨の中の涙」は、ハウアーが考えたものだ。脚本の長い独白を彼が大幅にカットしたという。オリオン座とCビームへの言及はもともとあったが、「雨の中の涙」はアドリブだった。

その詩的なセリフはロイの目の消えかけた光とともに、人々の心に残り続けるだろう。

©2019 The Slate Group

<2019年8月6日号掲載>

20190806issue_cover200.jpg
※8月6日号(7月30日発売)は、「ハードブレグジット:衝撃に備えよ」特集。ボリス・ジョンソンとは何者か。奇行と暴言と変な髪型で有名なこの英新首相は、どれだけ危険なのか。合意なきEU離脱の不確実性とリスク。日本企業には好機になるかもしれない。


ニュース速報

ビジネス

中国の7月小売売上高は予想外の減少、鉱工業生産も予

ワールド

第2四半期のマレーシア経常黒字、76億リンギに減少

ワールド

アングル:モーリシャスの生態系に重大な危機、重油流

ワールド

バイデン陣営、ハリス氏起用発表から48時間で480

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝罪 

  • 2

    「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

  • 3

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 4

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 5

    「韓国・文在寅の最低賃金引き上げは失策」説を信じるな…

  • 6

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 7

    日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

  • 8

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 9

    韓国・文在寅の支持率9カ月ぶりの低水準に ソウル住…

  • 10

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 5

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 6

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候…

  • 7

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 8

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 9

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 10

    「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月