最新記事

トレーニング

体脂肪を落とすのに有酸素運動はいらない──ネイビーシールズ仕込みの筋トレ術

2022年7月13日(水)17時25分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

(写真はイメージです) Ridofranz-iStock

<米軍の特殊作戦部隊トレーニングスペシャリストが明かす、自分史上最強の身体能力を手に入れる方法>

私たちは「体脂肪を落とすには、有酸素運動が不可欠である」と幾度となく聞かされてきた。しかし、それは正しくない。「有酸素運動は、非効率的で効果があまりない」と、米軍の特殊作戦トレーニングスペシャリスト、マーク・ローレンも言う。

ローレンは、アメリカで2011年に発売され、20万部を超えるロングセラーとして売れ続けている"You Are Your Own Gym"の著者。フィットネス器具やサプリなどを使用せずに筋肉を鍛えていく自重筋トレーニングの手法を取り入れていることから、手軽に始められると人気に火がついた話題のボディウエイトエクササイズ本だ。

このたび、『マッスルエリート養成バイブル』(ジョシュア・クラークとの共著、かんき出版)として日本に初上陸した。

ローレンは、米軍の中でも厳しい選抜と訓練が行われるネイビーシールズ、グリーンベレー、空軍特殊作戦部隊などで活躍する兵士1000人以上を育ててきた。自身もそうした過酷な任務に就いた一人で、当時、卒業試験を経て残っていた訓練生は15%以下。今では考えられないほどのオーバートレーニングを施されたためだという。

「若い訓練生の限界を打ち破るうえでは効果的だったが、フィットネスを最適化するという意味では、理想に程遠いものだった」

折しも、アメリカ同時多発テロを境に、特殊作戦に従事する兵士の任務が増加した。訓練生を徹底的に鍛え、ダメなら追い出すという「やりすぎずに効果を上げる(more is better)」方法から、「やりすぎないほどいい(less is more)」方法への転換が急務になった。

何が効果的で何が効果的でないのかを検証する必要に迫られたローレンは、最新のストレングス&コンディショニング理論とスポーツ科学を応用し、わずかな時間でよりよい結果を出すトレーニングを生み出した。

この方法を取ることで、トレーニングの脱落率は40%ほど削減したという。無駄な脂肪を短期間で削ぎ落し、筋肉質で健康でもある体を最速で開発することになった。

とはいえ、『マッスルエリート養成バイブル』は、何も超人的な肉体をつくり上げたい人だけのものではない。日々の健康維持を自重筋トレで行いたい人も含む、すべての人に不可欠なトレーニング法を紹介している。さらに、筋力だけでなく、心臓、肺などの心肺機能を向上させる要素もあるという。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシア、新宇宙ステーションの模型公開 単独で宇宙開

ビジネス

独ガス料金賦課金制度、導入なければエネルギー市場崩

ワールド

スーチー氏、汚職罪で禁錮6年 ミャンマー裁判所が判

ビジネス

独ガス料金、1家計当たり年間約500ユーロ増に 賦

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

※次号は8/17(水)発売となります。

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 2

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局」は完全に逆転した

  • 3

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 4

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 5

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 6

    「暗号資産」も「仮想通貨」も間違った呼び方です(…

  • 7

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 8

    【写真】発見された希少種と見られる甲殻類と、発見…

  • 9

    【動画】ロシア軍も押し返すハイマースのすべて

  • 10

    【動画】抜群のプロポーションも健在! ハイディ・ク…

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 10

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月