最新記事

海外ノンフィクションの世界

パーソナル・コーチングの父が最も伝えたいことは「セルフィッシュになれ」

2020年4月13日(月)17時35分
糟野桃代 ※編集・企画:トランネット

Mediaphotos-iStock.

<市場規模150億ドルとも言われる米コーチング業界の礎を築いたトマス・J・レナードからの、自己実現のための意外なメッセージ>

「コーチング」という言葉は、馬車(coach)、つまり「大切な人を、その人が現在いる場所から、望む目的地まで送り届ける手段」というところに起源があると言われる。

クライアントが、コーチとの双方向のコミュニケーションを通して気づきを得て、主体的に行動を起こし、問題解決やスキルの獲得など、欲しい結果を達成していく。コーチはクライアントに答えを教えるのではなく、クライアントならではの正解を引き出すことで、可能性を開花させていく。

こうしたコーチングの手法は、スポーツ、教育の世界から、ビジネスにおける人材開発、個人の自己実現へと広がってきた。アメリカでは市場規模は150億ドル(1.61兆円)を超えるという調査結果もあり、今後も成長が見込まれているコーチング業界――その礎を築いたとされるのが「パーソナル・コーチングの父」、トマス・J・レナード(1995-2003年)である。

数多くのクライアントと接し、コーチの育成にも精力的に取り組んだレナードが考える、人生の成功のための戦略。曰く、成功とは、必死になって追い求めなくても、思うままに引き寄せられるものだという。

そして、引き寄せる際の引力となるのが、人としての「圧倒的な魅力」だ。このたび邦訳が発売されたレナードの『SELFISH(セルフィッシュ)――真の「自分本位」を知れば、人生のあらゆる成功が手に入る』(筆者訳、祥伝社)には、この魅力を磨くための法則がさまざまに語られている。

「魅力の法則」の筆頭としてレナードが挙げるのが、「セルフィッシュになる」ことである。セルフィッシュ、我がまま、あるいは自分本位という言葉には、自己中心的で無神経というイメージが付いて回りがちだが、言葉の定義を変えなくてはならない、とレナードは言う。

セルフィッシュとは、自分が抱える欠乏感に振り回されるのではなく、素直な気持ちに正直に、主体的な選択をしようという、確固たる態度のこと。自分が本当に望むものは何かを自覚し、才能を高めていくという過程において、セルフィッシュになることこそ健全なモチベーションの基本だと説いているのだ。

そして、自らの思いをはっきりと言える明快さ、自分を大切にすることで生まれる心の余裕と、他者への思いやり――これらが「圧倒的な魅力」となって、人も、欲しいものも引き寄せられてくるというわけである。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

トランプ米大統領、香港の優遇措置撤廃を指示 国家安

ワールド

トランプ氏服用の抗マラリア薬、全米で使用急減 リス

ワールド

仏ルーブル美術館、7月6日に再開へ マスク着用など

ビジネス

FRB議長、コロナ対応の継続強調 「種々の政策手段

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 2

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 3

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 6

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 7

    ブラジル、新型コロナ感染爆発 1日で過去最多2万641…

  • 8

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 9

    米、香港への優遇措置もはや継続できず 中国による…

  • 10

    中国がWHOに送り込んだプロパガンダ宣伝マン

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月