最新記事

健康

若返りも、働き方改革も「脳のフィットネス」でうまくいく

2018年2月15日(木)18時24分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

脳は「シリアル・プロセッサー」

もちろん本書では、著者の本業分野である「脳の知見を活かして、仕事の効率を高める」方法についても具体的に紹介されている。日本で働き方改革が叫ばれるなか、「生産性を上げる=より多くの仕事をこなす」と捉えられがちだが、脳の機能を考えると、実は逆効果だ。

私たちの脳というのは、そもそも「シリアル・プロセッサー」なのだという。つまり、認知に関わる作業をひとつずつ順にこなしていくことしかできないのだ。それゆえ、マルチタスクをすることによって生産性は40%低下し、最大で50%もミスが増えると推計されている。

さらに面白いことに、「自分はマルチタスクが得意」だと思っている人ほど、実際にはその反対で、マルチタスクが苦手であることが多い、という研究結果があるという。要するに、自分ではどんどんタスクを片付けている気になっているが、実はどれも十分にこなせていない......ということだ。

というのも、マルチタスクによってIQ(知能指数)は最大15ポイントも下がってしまうらしく、これは徹夜明けの頭がボーッとした状態に近いという。もしくは、8歳児の平均IQと同等の水準だというのだ。

こうした事実だけでも、マルチタスクはもうやめよう、という気にさせられるのではないだろうか。

脳に働き掛ければ身体が若返る?

生産性を高めるには、脳への無用な負荷を減らし、賢く効率よく働くようにすることがポイントになるが、一方、創造力や記憶力を高めるためには、脳の持つポテンシャルを広げることが必要だ。本書では、そのための「エクササイズ(いわば『頭の体操』)」も数多く紹介されている。

よく「人は脳の10%しか使っていない」という言い方をされる。じゃあ、残り90%は無駄になっているのかというと、そうではないと著者は言う。もし本当に使っていない部分があるのなら、それは進化の過程で形を変えているはずだからだ。

「人は脳の10%しか使っていない」というのは、脳が持つポテンシャルの10%ほどしか引き出せていないということ。つまり、私たちの脳にはまだまだ秘めた能力があるのだ。そのひとつの例として本書で紹介されているのが「若返り」だ。

70〜80代の男性に1週間、若い頃に戻ったような生活をしてもらったところ、身体が強く柔らかくなり、視力や記憶力が高まった人もいたという。また、「活発なライフスタイル」をするよう指示されただけで、女性のスタイルが良くなり、血圧が10%も低くなった、という実験結果もある。

今、脳の健康が人々の関心を惹きつける理由のひとつは、人の寿命がどんどん伸びていることだろう。誰もがこう願っている――「健康に長生きしたい」。脳について知り、その健康を保つことは、認知症のリスクを減らすことにも大いにつながるのだ。

著者も言うように、「脳は、私たちがすることのすべてに関わっている」。だが、私たちには脳に関する知識が不足しており、誰も使い方を教えてもらっていない。脳の機能の全てが解明されているわけではないだろうが、本書は、今日から始められる身近なヒントが詰まったマニュアルだ。


『脳のフィットネス完全マニュアル』
 フィル・ドブソン 著
 斉藤裕一 訳
 CCCメディアハウス

【お知らせ】
ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮情勢から英国ロイヤルファミリーの話題まで
世界の動きをウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ビジネス

東芝に第三者委の設置を要求、株主総会巡りエフィッシ

ワールド

コロナ関連の解雇・雇い止め、23日現在で6万043

ビジネス

三井住友信託、株主総会議決権の未集計票は975社 

ビジネス

ANAとJAL、中国・広州線など一部再開 ビジネス

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮想「東シナ海戦争」の結末

  • 4

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 5

    シンガポール、新型コロナ死亡率が0.05%と世界最少…

  • 6

    中国人に同化されゆく内モンゴルの問題は内政問題に…

  • 7

    日本人はたぶん知らない、日本の定期券がちょっと残…

  • 8

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 9

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 10

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 6

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 7

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 8

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 9

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 10

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 4

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月