最新記事

ビジネス

仕事術

なぜ「経営理念」だけでは稼げないのか?...仕事は「中間システム」の具体化がカギだった

2023.11.11
仕事術

多くの管理職は「部下との面談」に悩んでいる...「話が続かない」「本音を言ってくれない」はこれで解決を

2023.11.10
仕事術

部下がなぜか自発的に動きはじめてしまう、「具体化」の魔法とは?

2023.11.10
知性

肉体を鍛えるアスリートのように「脳」も鍛えられる...AI時代に重要となるブレイン・ワークアウトとは?

2023.11.09
SDGsパートナー

1つ買えば途上国・被災地に同じ数のランタンが届く ランドポート社が展開する消費者が「実感」できる社会貢献活動

2023.11.09
仕事術

「具体化と抽象化だけで、仕事の10割はうまくいく」...なぜリーダーは「抽象的」でなくてはならないのか?

2023.11.09
経済ニュース超解説 加谷珪一

迷走の末、「無意味な減税」に行きついた岸田政権の経済対策...「全額給付」の方がマシとすら言える理由

<議論はいつの間にか、「期限付きの所得減税」と「給付」の組み合わせというありきたりな形に落ち着いてしまった> 岸田政権の経済政策が迷走に迷走

2023.11.08
日本経済

人手不足が叫ばれるエッセンシャルワーカーの、深刻な「悪」待遇

2023.11.08
SDGsパートナー

万博を見据え、大伸社ディライトが取り組む「アート」を通じた大阪・築港エリアの地域活性化

2023.11.07
中国経済事情 丸川知雄

新参の都市住民が暮らす中国「城中村」というスラム

<中国経済は「日本化」するか(2)> 第1回の最後で、中国の都市には住宅を所有できる階層と所有できない階層がいると書いた。住宅を所有できる階

2023.11.06
SDGsパートナー

「全てのクリニックで利用可能」ジェイメックの文書管理アプリ「Digitab x Sign」が医療現場を救う

2023.11.06
SDGsパートナー

自給自足の自然エネルギーでホテルを運営。星野リゾート 軽井沢ホテルの環境経営とは

2023.11.06
イベント

アメックスが「プラチナ・カード」リニューアル...記念イベントで表現されたプレミアムな世界観

2023.11.06PR
外交官の万華鏡 河東哲夫

GDPでドイツに抜かれても、そんな数字で騒いでいる場合じゃない

<現在のドイツは連立政権が仕切る政治面でも、市場重視と乖離した経済面でも行き詰まりが見えている> IMFによれば、今年日本はドイツに抜かれて

2023.11.03
経済ニュース超解説 加谷珪一

なぜ70年代の中東戦争は、あれほど世界経済を「崩壊」させた? 今回も同じ道をたどるのか?

<今回のイスラエルとハマスの衝突を受け、オイルショックのきっかけとなった73年の中東戦争との類似性を指摘する声は多いが...> パレスチナを

2023.11.03
SDGsパートナー

社会と共に脱プラを...OSGコーポレーションの「ステハジ」プロジェクトとは

2023.11.02
ガジェット

折りたたみ式スマホはここまでできる...!起業家けんすう流、Samsung最新モデル「Galaxy Z Fold5」の使い方

2023.11.01PR
仕事術

嫌われる人の「会話」には、明らかな共通点があった...いい人間関係を作るため絶対に避けるべきこととは?

2023.11.01
キャリア

日本の文系大学院卒の就職率が学部卒より低いのはなぜか?

2023.11.01
SDGsパートナー

業界初、全製品のカーボンフットプリントを公表 CO2排出量の足跡がわかるちふれの化粧品

2023.11.01
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃の反応が...「触らないで!」動画に注目集まる

  • 3

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の華麗な「王室プロトコル」にファンがうっとりため息

  • 4

    トイレ内に「隠し部屋」への秘密通路を発見...ドアの…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    「豊胸手術をしなければよかった」...ヴィクトリア・…

  • 9

    ウクライナで兵力動員が難航...著名部隊「ダビンチ・…

  • 10

    飛行機内で乗客がテイラー・スウィフトの曲を「大合…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story