最新記事

テクノロジー

資産運用大手ブラックロック、「スマートリング」で運用担当者の健康管理へ

2019年7月2日(火)16時00分

6月21日、資産運用世界最大手の米ブラックロック(運用資産65億ドル)は、ビッグデータを活用してライバルに差を付けようと、これまでにインターネットや衛星、アルゴリズムなどの活用を図ってきたが、今度は資金運用担当者の健康状態の常時把握に乗り出した。写真はニューヨークで2018年7月撮影(2019年 ロイター/Lucas Jackson)

資産運用世界最大手の米ブラックロック(運用資産65億ドル)は、ビッグデータを活用してライバルに差を付けようと、これまでにインターネットや衛星、アルゴリズムなどの活用を図ってきたが、今度は資金運用担当者の健康状態の常時把握に乗り出した。体が健康で精神的に落ち着いた運用担当者はより良い投資判断を下すとの考えに基づくプロジェクトだ。

試験的に導入されたのはフィンランドのオーラ社製指輪型ウェアラブル機器「スマートリング」。事情に詳しい関係者3人によると、睡眠パターンや心拍数などのデータを収集するもので、欧州株チームの運用担当者の一部が装着している。装着するかどうかは本人の判断に任され、いつでも外すことができるという。

関係者の1人によると、スマートリングは睡眠時間や、投資判断をした場合のストレスの高まり具合を示す心拍数を測ることができる。

関係者によると、プロジェクトを率いているのはブラックロックの行動ファイナンス計画の責任者を務める心理学者で、ストレスや睡眠パターンなどの管理で運用担当者を支援するのが狙い。

運用担当者はプロジェクトへの参加に当たり、行動ファイナンスチームへのデータ提出に同意しているが、データは蓄積および匿名化された形でより広く共有される可能性がある。

関係筋は「個々人が自分のデータを管理して保有し、だれが閲覧したかが分かる。問題は単なる運用成績やリスク管理ではなく、自分の健康だ」と述べた。

関係筋によると、スマートリングが導入されたのは1月で、現在は最大10人の運用担当者が装着している。試験運用が成功すれば本格的に導入されるという。

運用担当者は規制強化や手数料引き下げにより競争面で厳しい圧力にさらされ、資産運用業界はかつてない変化に見舞われている。

今回のプロジェクトは、売買を最小限に抑える指数連動型パッシブ運用の人気が高まっても、最大手のブラックロックが人材能力を最大限に引き上げるために投資を続けていることを示している。

ブラックロックは、プロジェクトは健康促進が最大の理由と説明しているが、従業員の個人データが収集されることを歓迎しない向きもありそうだ。既に成績がことごとく監視されている資産運用業界ではなおさらだろう。

スマートリングの導入で運用担当者の投資判断が改善するかどうかは今後見極める必要があり、関係者によると結果はまだ出ていないという。

Virginia Furness

[ロンドン 21日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月