最新記事

投資の基礎知識

5G関連銘柄:2020年に向けて気になる本命銘柄は?

2019年6月17日(月)19時00分
岡田禎子 ※株の窓口より転載

Chesky_W-iStock.

<暮らしやビジネスを根底から変えるとされる5Gだが、株式市場でも注目は高い。関連銘柄にはどんなものがあり、買う際にはどんな注意が必要なのか>

話題の「5G」とは?

2020年に本格的なサービスが始まる新たな通信システム「5G」は、私たちの暮らしやビジネスを大きく変える可能性があり、株式市場でも強力な投資テーマとして注目を集めています。5G時代の本格的な到来に先立って、そもそも5Gとは何なのか、そして、気になる関連銘柄について解説します。

■そもそも「5G」とは? 3つの特徴で解説

5Gとは、第5世代(5th Generation)移動通信システムの略称です。現在、スマートフォンなどで利用している「4G」の次世代通信システムである5Gは、サクサクと動くといったネットが超高速化を実現するだけのものではありません。

5Gは「超高速」「多数同時接続」「超低遅延」という3つの特徴によって、あらゆるモノと人などがインターネットでつながるIoT時代の実現を可能にすると言われています。

【5Gで実現するこんなこと・あんなこと】

・超高速......現在の100倍の超高速通信が実現される。2時間の映画を3秒でダウンロード、スポーツ観戦なら3D映像やあらゆる角度からの映像を一気に伝送することが可能。

・多数同時接続......基地局1台から同時に接続できる端末を、従来に比べて飛躍的に増やせる。スマホやPCだけでなく、家電やセンサーなど身の回りのあらゆる機器がネットに接続可能。工場の設備や倉庫に保管された多数の物品の管理といった様々な用途への活用が見込まれている。

・超低遅延......通信ネットワークにおけるタイムラグを極めて小さく抑えられる。車の自動運転などでは、わずかなデータの遅延が命取りとなるため、5Gでのリアルタイムでの通信が不可欠。

■2019年は5G元年。そして、2020年へ

このように、5Gはモノと人などがつながる「IoT」新時代の基盤といえる技術です。この技術の発展により、新たなビジネスの領域の広がりが期待されています。

そして、2019年は5G元年。5Gの本格導入に向けて、国内・海外ともに関連企業の動きが活性化しています。アメリカや韓国の一部では4月からサービスを開始。日本でも、携帯電話4社が総務省から5Gの割り当てを受けて、サービス開始に本格的に動き出しています。

NTTドコモ<9437>は、2019年9月にアジアで初めて開催される「ラグビーワールドカップ2019」から、5Gを利用した動画配信の試験サービスを開始します。これまで観たことのない映像でスポーツ観戦ができるかもしれません。

そして、2020年8月の東京オリンピック・パラリンピックまでには、各社ともに本格的な導入を行う予定です。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    日本の重要性を見失った韓国

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 10

    「韓国の反論は誤解だらけ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月