最新記事

日本を置き去りにする 作らない製造業

日本の製造業がインダストリー4.0に期待するのは「危険な発想」

A Diagnosis for Japan

2017年12月13日(水)18時04分
高口康太(ジャーナリスト、翻訳家)

magSR171213-2.jpg

欧州系コンサルティング会社ローランド・ベルガーの日本法人会長、遠藤 功 Newsweek Japan

――ドイツ製「インダストリー4.0」などに期待する声もある。

危険な発想だ。ドイツと日本では製造業の強みは全く異なる。ドイツは品質というより商品開発、ブランドの強さが売りだ。清掃機器メーカーのケルヒャーがその典型だろう。さほど高度な技術を使っているわけではないが、独創的な製品が人気を博し、今では圧倒的なブランド力を備えている。

強みは商品のコンセプトとブランドにあるのだから、製造現場にこだわりはない。デジタル化により最終的に無人工場を目指しているのもそのためだ。

日本は逆にブランド構築は苦手で、ものづくりのプロセスの中でイノベーションを生み出してきた。カップ麺、温水洗浄便座、ハイブリッド車、炭素繊維などいずれもそうだ。現場を全て人工知能(AI)やロボットに置き換えれば、日本の強みは失われてしまう。

新たな技術を導入するのは当然だが、どこかにアナログ的な要素を残しておくことが必要だ。

「日本人にはディズニーランドは作れない。だがアメリカ人に旭山動物園は作れない」と私は常々言っている。天才経営者の発想を具現化する力ではアメリカが上だ。一方、旭山動物園は個々の動物をいかに生き生きと見せるかという現場の実践知の積み重ねで成功した。これこそ日本の強みだ。

日本の製造業に変化は必要だが、それは他国の事例をむやみに模倣するものではなく、日本型ものづくりのアップグレードでなければならない。さもなくば失敗あるのみだろう。

※「日本を置き去りにする 作らない製造業」特集号はこちらからお買い求めいただけます。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ビジネス

日産とDeNAが実証実験、「技術革新の先」の移動サ

ビジネス

増発圧力続く米国債市場、利回り押し上げか

ビジネス

金融庁、マネロン対策強化で官民連絡会 3月に初会合

ビジネス

バフェット氏の株主宛て手紙、今年は米経済楽観論見直

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

  • 3

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユニフォームの秘密

  • 4

    仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

  • 5

    オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

  • 6

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷な…

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 9

    仮想通貨クライシス、それでも成長は止まらない

  • 10

    銃乱射の被害者を訪問したトランプ、ご機嫌で大顰蹙…

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

  • 4

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

  • 5

    仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

  • 6

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 7

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

  • 8

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 9

    オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

  • 10

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 7

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 10

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月