最新記事

SNS

フェイスブックの身勝手な「心理実験」

無断でユーザーの心理実験をしたことについて「よくある製品テスト」と言ってのける神経は大丈夫か

2014年7月15日(火)15時07分
ウィル・オリマス

罪の意識なし 謝罪にならない謝罪をするサンドバーグCOO Adnan Abidi-Reuters

 明るい投稿を増やすとユーザーの投稿も明るく、暗い投稿を増やすと暗くなる──フェイスブックが米コーネル大学らと12年にユーザーに無断で行っていた心理実験が最近になって報じられ、物議を醸している。COO(最高執行責任者)のシェリル・サンドバーグは先週、ユーザーに対して謝罪した。

「実験」では、フェイスブック上のニュースフィードに表示される友人の投稿を勝手に削除するなどの操作がなされていた。暗い内容の投稿を減らせば本人の投稿は明るい話題になるかなどの心理状況を調べるためだ。

「この調査は企業がよく行う製品テストの一部であり、それ以上でもそれ以下でもない。問題は説明が不十分だったことだ。その点については謝罪する。ユーザーを動揺させるつもりはなかった」と、サンドバーグは語った。

 これは実験に対する謝罪ではない。調査の何が「説明不十分」だったというのか。調査の前提や方法、結果については、学術誌に詳細に発表されている。

 そして「ユーザーを動揺させるつもりはなかった」とは、どういう意味か。この実験の目的はまさに、フェイスブックが一部のユーザーを動揺させることではなかったか。

 人間を対象とした学術研究の基準で考えれば、この実験を非倫理的とみる人がいてもおかしくはない。企業の技術開発の基準で考えれば問題ないという見方もできる。どちらにしろ、意図的でなかったものなど何一つない。

 サンドバーグの謝罪の言葉には誠実さが感じられず、筋も通らない。そこから彼女の意図をくみ取るには、行間を読まなければならない。
サンドバーグの本音は、フェイスブックはそもそもこの調査の結果を発表しなければよかった、ということではないか。

 サンドバーグの声明のもう1つの解釈は、本当は申し訳ないとはまったく思っていないということだ。多くの人が憤慨しているので、何かを言わなくちゃ、と思っただけかもしれない。

© 2014, Slate

[2014年7月15日号掲載]

MAGAZINE

特集:中国発グローバルアプリ TikTokの衝撃

2018-12・25号(12/18発売)

世界に広がる中国発の動画アプリTikTok 10代・20代が夢中になるその秘密とは

人気ランキング

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    気管支の形状に固まったリアルな血の塊が吐き出される

  • 3

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 4

    邦人4人に禁固刑判決のインドネシア 金採掘場を視察…

  • 5

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 6

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 7

    フィリピンはゴミ捨て場か!と反韓の声 韓国業者が…

  • 8

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 9

    韓国カフェ:ゴミ対策で使い捨てカップ禁止にしたら…

  • 10

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    気管支の形状に固まったリアルな血の塊が吐き出される

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 8

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 9

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 10

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 4

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月