最新記事

テクノロジー

ヤフー再建を任された天才女子の実力

グーグル副社長からヤフーCEOに転じたマリッサ・メイヤーの華麗な経歴

2012年9月4日(火)15時10分
ファハド・マンジュー(スレート誌テクノロジー担当)

IT女子力 天才エンジニアで買い物魔というユーザー目線が武器 ヤフーの経営は誰にとっても重荷だが、メイヤーはそういうときほど実力を発揮してきた

 1999年春、マリッサ・メイヤーは小さなネット検索会社から電子メールを受け取った。仕事のオファーだった。「あのとき私は遠距離恋愛中で、金曜の夜だというのに寮の自室でボウルいっぱいのパスタを貪るように食べていた」と、彼女はかつて私に語った。

 メイヤーはスタンフォード大学大学院でコンピューターサイエンスを学んでおり、世界中のIT大企業から就職の誘いを受けていた。「自分にこう言い聞かせていたのを覚えている。『リクルーターからのメールは即、削除する』って」 

 だが、メイヤーはそのグーグルという小さな会社には興味を抱いた。教授から噂は聞いていたし、修士過程でユーザーに合ったウェブページを推薦するソフトウエアを作っていた彼女の関心と、グーグルの技術的な目標はぴったりかみ合っていた。

 メイヤーがグーグルで面接を受けた日、社員は7人しかいなかった。大半がソフトウエアの技術者で全員が男。グーグル共同創業者のラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンは、メイヤーならこういうオタクのグループにもすぐ溶け込めると確信した(面接では、皆で「K平均クラスタリング法」の話題で盛り上がった)。グーグルは即座に採用を決めたが、メイヤーはすぐには入社を決めなかった。

「多くの仕事のオファーのうちどれを選ぶか、真剣に考えなければならなかった」と、彼女は言う。メイヤーは春休みの間に、彼女の人生で最も成功した選択の共通点を探った。


成功のための2つの条件

「いろいろな選択を対象にした。学校の選択、専攻の選択から、夏の過ごし方まで。そして、選択がうまくいくときには2つの共通の条件があることが分かった」と彼女は言う。「1つは、できる限り頭のいい人たちと交われること。もう1つは、私にはちょっと荷が重いと思えるぐらいの選択であること。成功した選択のときには、いつも少し圧倒されるような感じだった」

 考えた末、メイヤーはグーグルを選んだ。Gメールなど主要プロダクトのエンジニアとして13年間文句なしの大成功を収めてきたが、彼女は先へ進む決断をした。メイヤーは先週、経営再建中のヤフーのCEOに就任すると発表したのだ(妊娠中だということも)。

 ヤフーを率いるという決断は間違いなく、メイヤーの「成功する選択の条件」の2つ目には合致している。彼女は、インターネット業界で最も重い慢性病に侵された企業の再建に取り組むという重荷を背負ったのだ。

 だが、第1の条件とは合わない。かつては多くの優秀な頭脳がいたし今もいるだろうが、ヤフーがIT業界で最も賢い会社だったことはない。

 近年のヤフーの問題は、どの分野でも1番になれなかったことだ。自らの使命を定義付ける代わりに、1つの流行から次の流行へと手を出していった。
最初はオンライン案内板としてスタートし、次は検索エンジンになり、それからポータルサイト、それからメディア企業になり、一時はソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を目指した。

 この2年間のヤフーは、これらすべてを合わせた企業だ。業績は広告市場の好不況と毎年のように代わるCEOの好みに左右され、企業が最初に答えるべき問題には答えられないままだ。何のために存在する企業なのか。どんな問題を解決しようとしているのか。メイヤーがIT業界で最も優秀な頭脳を引っ張ってこようとするなら、その答えを見いださなければならない。

 メイヤーにそれができると言い切る自信が私にはない。メイヤーの能力を疑っているからではなく、ヤフーが抱える問題に解決策はないように見えるからだ。斜陽のIT企業が復活することはまれだ。最近の唯一の例外はアップルだが、アップルの再生の軌跡は簡単にまねできるものではない。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ステランティス、世界でPHVミニバン2.4万台リコ

ワールド

台湾と海難捜索で実務協力、中国など念頭でない=海保

ワールド

中国のEU産豚肉調査、スペインなど3社対象 EV関

ワールド

ロシアの輸入減、制裁による決済や物流の停滞に起因=
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親切だった」「世界最大の蚊かと思ったら弾丸」
  • 3
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 4
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 5
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 6
    米副大統領候補バンス氏「ウクライナをプーチンに引…
  • 7
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 8
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 9
    トランプ暗殺未遂後の包帯姿を嘲笑したスターウォー…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 4
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 8
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 9
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に…
  • 10
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 7
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 8
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 9
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 10
    ウクライナ戦闘機、ロシア防空システムを「無効化」.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中