最新記事

ユーロ危機

危険水域? 経済版「スペイン風邪」

自力で債務危機を回避する努力もむなしくデフォルトの確率は高まるばかり

2012年5月31日(木)14時46分
ポール・エイムズ

伝染するか スペイン経済の行方を悲観して4月半ばにマドリード株式市場も動揺 Andrea Comas-Reuters

 欧州債務危機がいわば経済版「スペイン風邪」としてさらに拡大する危険性を帯びてきた。1918〜19年に世界中で大流行したあのインフルエンザが制御不能と判明したのは、欧州域内でスペインにまで広がった時点だった。

 EUの救済対象となったギリシャ、ポルトガル、アイルランドの経済回復が待たれるなか、スペインは緊縮財政というショック療法で自力回復を目指してきた。だがこのまま不調が続けば、債務危機はイタリアやフランス、その他の国々へと、どんどん伝染するかもしれない。

「EUはがっちりとスペインを守り、伝染を食い止めることができるか。それが最大の課題だ」と、オランダの金融・保険グループINGのエコノミスト、カルステン・ブジェスキは言う。

 昨年、ユーロ圏の債務危機という嵐の中心にいたスペインは、12月に就任したラホイ首相が経済再建を約束した。加えて欧州中央銀行(ECB)が金融機関と各国政府のために1兆ユーロ規模の資金供給を決めたことにより、市場から「執行猶予」を得ることができた。

 しかしラホイは今年3月、270億ユーロの歳出削減や増税策のかいもなく、EUの設定した財政赤字目標であるGDP比4・4%を達成できそうにないと表明。「スペインは再び信頼を失った」とエコノミストのルイス・ガリカノは指摘する。「債権者はスペインが改革派の新政権の下で回復するものと見込んだが、赤字問題でまた信用できなくなった」

 スペイン政府は先週、国債の入札で目標の資金を調達できた。ただし入札前には長期金利の指標となる10年債の利回りが6%を突破し、EUとIMF(国際通貨基金)に救済を求めざるを得なくなるのではないかと懸念されていた。さらに調査会社CMAによると、スペインのデフォルト(債務不履行)確率は37%にまで上昇していた。

要は失業対策と住宅市場

 とはいえ、ユーロ圏を見回すとスペインの現状はそれほど悪くはない。公的債務のGDP比68・5%という数字は優等生のドイツをも下回る。ギリシャは150%、イタリアは119%という高さだ。

 スペインが抱える深刻な問題はほかにある。00年代の住宅ブームが破綻し、一般世帯と金融機関が苦境に陥った。所得に対する家計債務残高は07年までの10年間には平均80%だったが、今や126%に達している。

 失業率はユーロ圏で最悪で、就労可能人口の4分の1近く、25歳以下ではその倍になる。ラホイ政権の緊縮策に地方政府が抵抗しているという問題もある。

「憂慮すべきだ」とブジェスキは言う。「崖から転げ落ちるとか即時救済が必要だというわけではない。だが経済基盤が弱く、不動産価格が下げ止まらず、巨額の財政赤字があることを思えば、いつか欧州機関の支援を必要とする可能性が非常に高い」

 スペイン経済を救済するなら3年で約3000億ユーロが必要だろう。夏までに構築される欧州救済基金の8000億ユーロで賄えるとしても、それではイタリア経済が破綻した場合への備えが不足する。

 より安価に、そして経済運営をEUとIMFに託す屈辱を回避するためには、救済基金から融資を受けて国内金融機関の資本再構成をする道がある。

 しかし、いずれの道もスペインの根本的な問題への解決策にはならない。いかにして経済成長を回復させ、失業者を減らし、住宅価格を上げるか──こうした病巣への処方箋がない限り、「スペイン経済風邪」が大流行する危険は去らない。


From GlobalPost.com

[2012年5月 2日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン大統領、米大統領選から撤退表明 「ハリス氏

ワールド

トランプ氏、「ハリス氏のほう負かしやすい」 バイデ

ワールド

トランプ氏、演説で民主党あざける 暗殺未遂後には習

ワールド

イスラエル軍、イエメンのフーシ派拠点空爆 テルアビ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 2
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デップの姿が話題に...33歳年下「新恋人」との写真も
  • 3
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 4
    見落とされがちな「女の子のADHD」15の徴候とは?
  • 5
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 8
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 9
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 10
    酔った勢いで彫った「顔のタトゥーは似合わない」...…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 4
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 7
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 8
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 9
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 10
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中