最新記事

テクノロジー

絶好調アップルを支える中国の搾取工場

過去最高の利益が労働者の犠牲に上に成り立っていることを忘れるな

2012年3月7日(水)14時18分
ダニエル・ライオンズ(テクノロジー担当)

広東省深センにある富士康の工場。過酷な労働条件が問題になっている Bobby Yip-Reuters

 夜中に従業員をたたき起こし、お茶とビスケット1枚の軽食を与えて、12時間ぶっ通しで働かせる──アップル社製品がなぜアメリカで作られないかについて書かれたニューヨーク・タイムズ紙の記事で、一番衝撃を受けたのはこのくだりだ。

 07年、初代iPhoneの発売直前にアップルは画面デザインを変更。むちゃな納期にもかかわらず中国の工場が何とか間に合わせた、とアップル元幹部が匿名で同紙に語っている。

 記事によれば、新しい画面が工場に届いたのは夜中近く。寮にいた8000人の労働者が起こされ軽食を与えられると、30分もたたないうちに作業がスタート。工場は4日以内に、1日1万台の生産体制に入った。「そのスピードと柔軟性は驚異的だ。アメリカの工場ではこうはいかない」と、元幹部は言う。

「こうはいかない」のは悪いことだろうか。従業員を寮に押し込め、夜中に起こしてビスケット1枚で長時間働かせる。そんな労働条件はアメリカでは認められない。野蛮だからだ。

 なのに私たちは、こうした実態を見て見ぬふりをしている。目新しい機器が欲しい、それも手頃な価格で買いたいからだ。

 ニューヨーク・タイムズは、アメリカでiPhoneを生産すれば、1台につき65ドルのコスト増になると見積もっている。アップルは利益率が非常に高いから、その程度のコスト増なら耐えられる。だが本当に重要なのは人件費の安さではなく、「スピードと柔軟性」だ。

 アップルは最近、世界中の工場の労働条件改善を目指す非営利組織「公正労働協会」(FLA)に加盟した。今年に入ってティム・クックCEOは社員向けのメッセージで、下請け工場の労働条件は改善されていると報告。納入業者には「アップルの厳しい行動規範を守るよう求めている」と強調した。「この業界で、アップルほど強力に労働者のための環境改善を推進している企業はない」

消費者にも責任はある

 中国でiPhoneを受託製造しているのは台湾系メーカーの富士康(フォックスコン)。同社は従業員と労働条件を明記した契約を結び、労働者の権利を保障した中国の法律も遵守している、とニューヨーク・タイムズに声明を寄せた。

 しかし彼らに一体どんな権利が認められているというのか。アップルの下請け工場の実態を告発している喜劇俳優マイク・デイジーによると、悪いのは工場よりも中国政府だ。政府は、欧米ならあり得ないような搾取的環境を欧米企業にお膳立てしている。多数の労働者を狭い寮に押し込め、長時間の過酷な労働──トイレ休憩なし、雑談禁止、立ちっ放しの作業──を強いる。こうした工場は、欧米企業にすれば「夢の工場」だ。

 強権的な中国政府は、欧米企業が労働組合や労働争議に煩わされないよう目を光らせている。組合を結成しようとする労働者は、刑務所行きになりかねない。

 中国の搾取工場と取引があるのはアップルだけではない。あらゆる企業が同罪だ。私たちが使う製品も私たちの生活も、中国の労働者の犠牲の上に成り立っている。これはアップルや電子機器業界ではなく、消費者の責任だ。私たちが声を上げなければ、状況は変わらない。

 アップルは昨年10〜12月期の業績を発表したばかり。売上高、純利益共に過去最高を記録した。利益率はハードウエアの製造企業としては驚異的な数字だ。ウォール街は歓喜し、株価はますます上がるだろう。

 だが、この利益がどうやってひねり出されたのか、頭に入れておいたほうがいい。

[2012年2月 8日号掲載]

ニュース速報

ワールド

米最高裁判事の増員検討へ、バイデン氏が大統領令で委

ワールド

中国、アリババに27.5億ドルの罰金 独禁法違反で

ワールド

アングル:女性の経済政策リーダー続々、コロナ禍克服

ビジネス

アングル:メキシコ対ブラジル、投資家振り回した大統

MAGAZINE

特集:岐路のビットコイン

2021年4月13日号(4/ 6発売)

大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

人気ランキング

  • 1

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 2

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 3

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:シドニー

  • 4

    「よい誤解」だから許される? 日本の「ハーフ観」…

  • 5

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 6

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 7

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 8

    「日本のお金で人殺しをさせないで!」ミャンマー国…

  • 9

    今年のアカデミー賞候補はハズレなし! 一方で過去…

  • 10

    障がいを持ち、産みの親に捨てられた少女を偉大なア…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 3

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 4

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 5

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 6

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス…

  • 7

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    親指の爪ほどの貝がインフラを破壊する 侵略的外来…

  • 8

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 9

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 10

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月