最新記事

テクノロジー

絶好調アップルを支える中国の搾取工場

過去最高の利益が労働者の犠牲に上に成り立っていることを忘れるな

2012年3月7日(水)14時18分
ダニエル・ライオンズ(テクノロジー担当)

広東省深センにある富士康の工場。過酷な労働条件が問題になっている Bobby Yip-Reuters

 夜中に従業員をたたき起こし、お茶とビスケット1枚の軽食を与えて、12時間ぶっ通しで働かせる──アップル社製品がなぜアメリカで作られないかについて書かれたニューヨーク・タイムズ紙の記事で、一番衝撃を受けたのはこのくだりだ。

 07年、初代iPhoneの発売直前にアップルは画面デザインを変更。むちゃな納期にもかかわらず中国の工場が何とか間に合わせた、とアップル元幹部が匿名で同紙に語っている。

 記事によれば、新しい画面が工場に届いたのは夜中近く。寮にいた8000人の労働者が起こされ軽食を与えられると、30分もたたないうちに作業がスタート。工場は4日以内に、1日1万台の生産体制に入った。「そのスピードと柔軟性は驚異的だ。アメリカの工場ではこうはいかない」と、元幹部は言う。

「こうはいかない」のは悪いことだろうか。従業員を寮に押し込め、夜中に起こしてビスケット1枚で長時間働かせる。そんな労働条件はアメリカでは認められない。野蛮だからだ。

 なのに私たちは、こうした実態を見て見ぬふりをしている。目新しい機器が欲しい、それも手頃な価格で買いたいからだ。

 ニューヨーク・タイムズは、アメリカでiPhoneを生産すれば、1台につき65ドルのコスト増になると見積もっている。アップルは利益率が非常に高いから、その程度のコスト増なら耐えられる。だが本当に重要なのは人件費の安さではなく、「スピードと柔軟性」だ。

 アップルは最近、世界中の工場の労働条件改善を目指す非営利組織「公正労働協会」(FLA)に加盟した。今年に入ってティム・クックCEOは社員向けのメッセージで、下請け工場の労働条件は改善されていると報告。納入業者には「アップルの厳しい行動規範を守るよう求めている」と強調した。「この業界で、アップルほど強力に労働者のための環境改善を推進している企業はない」

消費者にも責任はある

 中国でiPhoneを受託製造しているのは台湾系メーカーの富士康(フォックスコン)。同社は従業員と労働条件を明記した契約を結び、労働者の権利を保障した中国の法律も遵守している、とニューヨーク・タイムズに声明を寄せた。

 しかし彼らに一体どんな権利が認められているというのか。アップルの下請け工場の実態を告発している喜劇俳優マイク・デイジーによると、悪いのは工場よりも中国政府だ。政府は、欧米ならあり得ないような搾取的環境を欧米企業にお膳立てしている。多数の労働者を狭い寮に押し込め、長時間の過酷な労働──トイレ休憩なし、雑談禁止、立ちっ放しの作業──を強いる。こうした工場は、欧米企業にすれば「夢の工場」だ。

 強権的な中国政府は、欧米企業が労働組合や労働争議に煩わされないよう目を光らせている。組合を結成しようとする労働者は、刑務所行きになりかねない。

 中国の搾取工場と取引があるのはアップルだけではない。あらゆる企業が同罪だ。私たちが使う製品も私たちの生活も、中国の労働者の犠牲の上に成り立っている。これはアップルや電子機器業界ではなく、消費者の責任だ。私たちが声を上げなければ、状況は変わらない。

 アップルは昨年10〜12月期の業績を発表したばかり。売上高、純利益共に過去最高を記録した。利益率はハードウエアの製造企業としては驚異的な数字だ。ウォール街は歓喜し、株価はますます上がるだろう。

 だが、この利益がどうやってひねり出されたのか、頭に入れておいたほうがいい。

[2012年2月 8日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

英労働党、史上最多の議席獲得か スナク首相落選の可

ワールド

イスラエルに安全な場所ない、本格戦争勃発なら=ヒズ

ワールド

英世界遺産「ストーンヘンジ」にオレンジ色のペンキ、

ワールド

ウクライナGDP、1─5月は前年比4.3%増 5月
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が苦言...相変わらず「しつけが悪い」?

  • 4

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 5

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 6

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 9

    なぜガザの停戦案はまとまらないのか?「イスラエル…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中