最新記事

テクノロジー

「iPad3発売」の信ぴょう性

アップルが3月7日に新製品のお披露目会を開催。報道関係者に届いた招待状には、思わせぶりな文言が

2012年2月29日(水)15時36分
ルーク・ブラウ

高まる期待 来週にはiPad3の全貌が明らかになるかも Brendan McDermid-Reuters

 アップル社が3月7日にメディア向けのイベントを開催する。どうやらここで、人気のタブレット機iPadの最新モデルがお披露目されることになりそうだ。

 アップルからの招待状は2月28日、メールで報道関係者に届けられた。そこでは、iPadの発表については触れられていない。

 ただし招待文にはこう書かれている。「絶対に見逃せないものが皆さんを待っている。そしてタッチもしなくてはならないものが」。さらに新iPadを連想させるような画像も添えられていた。

 このニュースを受け、28日のアップル株は前日比9.65ドル高い535.41ドルの終値をつけた。

 招待客だけが入場できる7日のイベントが開かれるのは、サンフランシスコのイェルバ・ブエナ芸術センター。これまで発売された前世代の2つのiPadが発表されたのと同じ会場だ。

 2010年に初代iPadが発売されてから、このシリーズは累計5000万台を売り上げている。既に世に出ている2つのバージョンは、タブレット型コンピューター市場に革命をもたらした。iPadの登場を機に、タブレット市場はコンピューター業界で最も成長著しい分野の1つに変貌を遂げた。

 もちろん、その成長市場でトップを走るのはiPadだ。リサーチ・イン・モーションの「ブラックベリー・プレイブック」や、サムスン電子の「ギャラクシー・タブ」、モトローラの「ズーム」などが後を追うが、雲泥の差がある。

発売はお披露目の9日後?

 iPadのアメリカ国内での空前の大ヒットのおかげで、アップルの昨年10〜12月期の純利益は前年同期比118%増の130億ドルという最高益を記録した。

 iPad3がいつ発売されるかはまだ発表されていない。だが昨年iPad2が発売されたのは、同じく3月に行われたお披露目会の9日後だった。

 iPad3には、旧バージョンより解像度の高いスクリーンが搭載され、携帯電話会社が提供する第4世代の通信規格LTEネットワークに対応すると見られる。アメリカでは、AT&Tやベライゾン・ワイヤレスなどの携帯電話会社から発売される見込みだ。

GlobalPost.com特約

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米大統領選、無党派層の景況感が悪化 バイデン氏への

ワールド

中国首相、友好的な中日交流望むと岸田首相に伝達=外

ビジネス

アングル:米株、例年以上の「夏枯れ」か 物価と大統

ワールド

サウジへの攻撃用兵器の売却禁止、米が数週間以内に解
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 10

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中