最新記事

企業

ヤフーとAOLの統合はあり得ない?

バーツCEOを解雇したヤフーに、AOLとの統合話が再び浮上。しかし実現の見込みは薄そうだ

2011年9月12日(月)16時18分

崖っぷち 広告収入を回復できず、キャロル・バーツCEOを解雇したヤフーだが(カリフォルニア州サニーベールのヤフー本社) Kimberly White-Reuters

 米インターネット大手AOLのティム・アームストロング会長兼CEOが、米ヤフーとの統合に向けて再び動き始めたようだ。

 ヤフーといえば、9月6日にCEOのキャロル・バーツが解任されたばかり。その直後に今回の統合話が浮上した。

 現在アームストロングは統合を視野にヤフー側と接触しているという。ブルームバーグによると、アームストロングは昨年からヤフーとの統合に意欲を見せていたが、当時はバーツがAOL側の提案を拒否したという。しかしバーツがいなくなった今、統合に向けて両社の機運は高まるのではないかと期待する声もある。

 ヤフーとAOLは近年、グーグルやフェースブックなどの競合企業に広告費を奪われ、収益減を余儀なくされてきた。ヤフーは08年に米マイクロソフトから475億ドルの買収提案を持ちかけられたが、これを断った。経営再建のため、09年にバーツをCEOに起用したものの、その後も広告収入は振るわず、先週ついにバーツを解任した。

バーツ解任後にヤフー株は急上昇

 ヤフーとAOLは現在、双方にメリットをもたらす統合の形を模索中だとされる。可能性の一つとして、ヤフーがAOLを買収し、アームストロングが統合後の新会社のトップに就任するという形も検討されているという。

 しかしブルームバーグによれば、実のところヤフーがAOLとの統合話に興味を示しているとは考えがたいという。AOLも、巨額の損失と売上高の減少に悩まされているからだ。

 現在、ヤフーの時価総額は182億ドル。AOLの時価総額16億ドルのおよそ11倍だ。AOLはAOLタイム・ワーナーから分離した09年以降、8億ドル近い損失を出している。

 IT系ニュースサイトのテクノロジー・ライブによれば、ヤフーの株価はバーツ解任直後に12ドル台から10%以上アップ。その後も上昇し、9日の終値は14ドル48セントとなった。しかし07年には30ドル以上に達した時期もあったのを考えると、依然として振るわない数字だ。やっぱり統合は慎重に考えたほうがいいのかも?

GlobalPost.com特約

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏、演説で民主党あざける 暗殺未遂後には習

ワールド

イスラエル軍、イエメンのフーシ派拠点空爆 テルアビ

ビジネス

決算本格化へ、23日はテスラとアルファベット=今週

ワールド

アングル:気候変動と農地拡大、アマゾン地域に迫る「
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開
  • 3
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 8
    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…
  • 9
    世界で最も美しいAIが決定...初代「ミスAI」はモロッ…
  • 10
    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中