最新記事

アメリカ経済

不況の今こそ起業せよ!

運とアイデアと決死の努力があれば「第2のビル・ゲイツ」になるのも夢じゃない

2009年8月18日(火)17時16分
ナンシー・クック

先見の明 ビル・ゲイツは「一家に一台コンピュータを」という夢を実現して巨額の富を手に入れた(写真は1993年) Sue Ogrocki-Reuters

 アメリカの失業率は10%近くに達し、金融市場は冷え込む一方。こんなときこそ、ビジネスを立ち上げる絶好のチャンスだ。

 信じられないかもしれないが、私は本気だ。

 考えてみてほしい。多くの労働者が職を失っている今なら、有能な人材を多数、安いコストで雇える。企業が労働時間や給与を削減し、雇用の安定性が揺らいでいるからこそ、人々は思い切って新規ビジネスで働こうと考えやすい。

 融資を受けたりベンチャーキャピタルの支援を受けるのが以前より難しいのは事実だが、越えられないハードルではない。

 手もちの資金で起業するのが最善の方法であることが多いと、ノースウェスタン大学J・L・ケロッグ経営学大学院のジェームズ・シャイン教授も言う。「不況で資金集めが非常に難しいため、計画を綿密に練り上げる必要がある」

マイクロソフトは石油危機の最中に誕生

 実際、景気の低迷期に創業され、成功を収めた企業はたくさんある。いい例が、マイクロソフトやサウスウエスト航空だ。

 ビジネス史の専門家に言わせれば、あらゆる成功例に共通する起業マニュアルなど存在しない。代わりに必要なのは、運とアイデアと死ぬ気で働く意欲だ。

 マイクロソフトとCNNの場合は、ビル・ゲイツとテッド・ターナーというカリスマ指導者の存在も大きかった。「本当にいい企業には大抵、自社製品を心から信じ、仕事を成し遂げるために人生を賭ける覚悟がある人たちがいる」と、シャインは言う。

 例えばマイクロソフトがニューメキシコ州で産声を上げたのは1975年、不況と石油危機の最中だった。ビル・ゲイツと友人のポール・アレンは個人用コンピュータ向けのコンピュータ言語を開発したが、他のプログラマーたちにあっという間にコピーされた。そこでゲイツはプログラマーに向けた公開書簡で無断コピーの禁止を呼びかけ、著作権料の必要性を主張した。

 81年までにゲイツは事業を拡大し、IBMと契約。マイクロソフトのソフトウエアと基本ソフト(OS)がIBMの新型パソコンに搭載されるようになった。

「不況下で創業されたにも関わらず、マイクロソフトは成長著しい製品にサービスを提供していた」と、ダートマス大学エイモス・タック・ビジネススクールのリチャード・ダベニ教授は言う。

 もっとも、マイクロソフトが成功したのは、ちょうどいい時期にちょうどいい場所にいたためだけではない。IBMとの契約において、マイクロソフトは著作権をIBM側に渡さなかった。いずれ他社がIBMのパソコンと似た製品を発売するようになったときに他社にもソフトのライセンスを供与できれば、さらに儲かると踏んでいたからだ。

次の有望株はエコ関連ビジネスだ

 一方、サウスウエスト航空はすき間市場を見つけることで成功した。71年にダラスとヒューストン、サンアントニオという限られた路線で就航した同社は、座席指定を止め、機内での飲食や娯楽の提供を廃止。また、既存の航空会社との激しい競争が予想されるハブ空港には運行しないという戦略を取った。

「競争を避けると同時に、不況の時代に低価格のサービスを提供する作戦だ」と、ダベニは言う。「低価格と経営モデルによって、逆境になりかねない状況を生き延びることができた」

 運賃をライバル社の50~70%に抑えることで、サウスウエスト航空は空の旅を身近なものに変えた。

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    未婚女性が結婚相手の男性に求める年収とは......理想と現実の大きなギャップ

  • 2

    生涯未婚率は職業によってこんなに違う

  • 3

    フェイスブックのコンテンツ監視員の職場は「搾取工場」――元監視員が激白

  • 4

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 8

    米富裕層から大統領候補へ「私たちに課税して下さい」

  • 9

    韓国人の日本に対する好感度は上昇、いっぽう日本人…

  • 10

    子供13人を監禁虐待した親の家は、排泄物が壁にこび…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 10

    未婚女性が結婚相手の男性に求める年収とは......理…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 8

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月