最新記事

田中淳子(フォトグラファー)

世界が尊敬する日本人

国境と文化の壁を越えて輝く
天才・鬼才・異才

2009.04.08

ニューストピックス

田中淳子(フォトグラファー)

ヒップホップの魂をつかむカメラ

2009年4月8日(水)18時19分
ラミン・セトゥデ(ニューヨーク)

 風景を撮る写真家もいれば、スーパーモデルを撮る写真家もいる。マンハッタン在住の田中淳子(33)は、ヒップホップ・スターを撮る。エミネムにアシャンティ、ディアンジェロ、ブラック・アイド・ピーズ......。

 「写真を始めたのは18か19のころだった」と、田中はマンハッタンのミートパッキング・ディストリクトで遅い昼食をとりながら言う。「どういう写真を撮りたいかなんて、わからなかった。でもずっとヒップホップが好きだったから、大好きなアーティストを撮ろうと思った」

 怖いもの知らずな夢だ。写真で食べていくどころか、作品が日の目を見ることすらない写真家志望は、ごまんといるのだから。

 だが、田中の写真はバイブやトレース、ダイムなどアメリカ有数の人気雑誌に採用されてきた。「こんなにたくさんの写真を使ってもらえる写真家は珍しい」と、本人も言う。「誰かに作品を見せると、『スターはあらかた撮ったね』と言われる」

 田中は歌詞の意味もわからずにヒップホップを聞きながら、東京で育った。18歳でファッションの道を志し、カリフォルニアの大学に進学。だが、授業で写真を学んだのをきっかけに、進路を変えた。

セレブの気取りをはぐ

 日本の雑誌に売り込みをかけたところ、若者向け雑誌Fineが初仕事をくれた。その後は数年間、ブラック・ミュージック・リヴューやBLASTといった日本の音楽誌で活躍。程なくアメリカの雑誌からも声がかかるようになり、売れっ子写真家の仲間入りを果たした。

 田中のウェブサイト(http://www.atsukotanaka.com)を見れば、引く手あまたの理由はよくわかる。田中のポートレートは被写体の気取りをはぎ取り、生の喜怒哀楽、ときには孤独な魂をもえぐり出す。

 たとえば、マッチョで派手なイメージのラッパー、50セントは黒い野球帽をかぶり、白い壁をバックに憂い顔だ。

 「見る人に、写真の背景の空気まで感じてもらえたらうれしい」と、田中は言う。

 アパレルなどを手がけるジェフ・ステープルは、ファッション・フォトの撮影に田中を起用した。「セレブの写真は、被写体の心が伝わってこないものが多い」と、ステープル。「だが、アツコの作品には奥行きがある。彼女には、被写体の魂をつかむ才能がある」

 最近は、大手レコード会社のアルバムジャケットの写真撮影を依頼されるようになった。音楽専門チャンネルVH-1の番組でも、田中が撮ったネリーやJAY-Zのポートレートが使われる。

 業界での田中の存在感は大きくなる一方だ。

[2006年10月18日号掲載]

ニュース速報

ワールド

重篤なアレルギー反応例が減少、ファイザー製コロナワ

ワールド

ブティジェッジ米運輸長官指名、週内に上院本会議で承

ワールド

英、3月初旬まで封鎖継続も 変異種拡大阻止へ入国規

ビジネス

金融市場に「慢心感」、急調整リスク警戒=IMF金融

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 7

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 8

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 9

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 10

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月